MAAGZ オンラインストアはこちらから
GEAR

ベアボーンズリビング ビーコンライトLED&エジソン ペンダントライトLED レビュー。なんだ、ハイテクなランタンか。

ベアボーンズリビング ビーコンライトLED レビュー

ベアボーンズリビング Barebones Living ビーコンライトLED 2.0 ブロンズ 20230005007000

クラシカルでおしゃれなデザインと、明るいLEDを組み合わせたベアボーンズリビング社のLEDライト。

同社の代表的製品、ビーコンライトLEDのレビューです。

リチウムイオンバッテリーを搭載し、無給電でも3時間〜200時間の稼働時間となります。

ベアボーンズリビング社とは

出典:barebonesliving

ベアボーンズリビング社は、2012年にアメリカ・ソルトレイクシティで誕生した新鋭ブランドです。

クラシックなデザインながら、リチウムイオンバッテリー内蔵で充電式の最新スペックを備えるLEDランタンが有名ですね。

他にも、カバンっぽいルックスのクーラーBOX、鋳鉄製のダッチオーブン&スキレット、なども販売しており、総合アウトドアメーカーとして人気急上昇中のブランドです。

SPEC

カラー 290g
素材 スチール、プラスチック、ゴム
サイズ 約高さ15.2 × 幅7.6cm
防水性 IPX4(防沫形)
付属品 2200mAHリチウムイオン電池(内蔵)、充電用USBケーブル(内蔵)
重量 290g
明るさ 最小30ルーメン〜最大220ルーメン
バッテリー容量 2200mAh
連続点灯時間 3~200時間

ディティール

カラビナ

上部にはカラビナが付属。小型で軽量なため、割と設置の自由度は高めです。

タープポールの先端、タープやテントのロープ、ランタンハンガー等に設置することが出来ます。

笠(かさ)部分

笠部分は、金属(スチール)製。

金属部分にはアンティーク調のユーズド加工が施されており、わざとキズがつけてあります。新品なのに使い古したような風合いですね。

男子はこういったディティールにとことん弱いのです(笑)やりおる、ベアボーンズ社。

充電コード

充電コードは、笠の裏部分に上手に格納されています。これはナイスアイディア。見た目を損なうことなく、機能性をUPさせる意匠ですね。

また、延長コード(92cm)が付属しているため、利便性が高いです。給電しながら使用することも出来るので、もし電池持ちが気になる場合でも安心です。

ブランドロゴ

ブランドロゴ部分。金属製のプレートに立体感のあるロゴで、高級感があります。

電池残量表示

ロゴ下部には電池残量表示の青いLEDライトが設置されています。

明るくて確認しやすいのは良いのですが、雰囲気重視のライトなのに、目立つ青い光が側部に常に表示される、と言う事でもあります。

個人的にはそこまで気になりませんが、欲を言えば黄色でもよかったような気もします!

ライト部分

ライト部分は透明のプラスティック製で、落としても割れません。お子さんに扱わせても安心ですね。

LEDは6発が内蔵されています。

置いて使える

底部は支えが4つありまして、地面に置いて使うことが出来ます。これは嬉しい配慮ですね。

ちなみにやや安定感には欠けますが、逆さまに置いても自立します。光の感じが大分変わるので微調整できますね。

ダイヤル

電源のON・OFFは上部のダイヤルを回します。時計回りに目一杯回すとMAXの明るさ、そこから左に戻していくと無段階で明るさの調整が可能。

直感的で分かりやすいですね。

温かみのある光

いわゆるケルビン数はおそらく低めで、黄色い光となります。ちなみに、ケルビン数が高い青白い光の方が、人間の目には明るく見えます。

ですので、圧倒的な明るさを求めるというよりは、雰囲気のある明かりを求める場合におすすめですね。

ランタンライクなクラシックデザインも含めて、おしゃれなキャンプに最適です。

 

関連記事

ルーメナー2レビュー [itemlink post_id="813"] 絶大な人気を誇るLEDライト(ランタン)、ルーメナー2のレビューです。 爆光仕様のLEDライトはキャンプサイトを明るく、快適なモノにしてくれます。[…]

余談ですが、圧倒的な明るさを求めるのであれば、ルーメナー社のLEDランタンがおすすめです。

電池持ち

電池持ちについてですが、公式スペックですと、まず電池容量については2200mAhとなっています。

そして稼働時間は、最大220ルーメンの時は3時間、最小30ルーメンの時は200時間とかなり幅があります。

 

実際に使用してみると、確かにMAXの光で使用すると3時間ちょいしか持たず、ややバッテリーが弱い、という印象がありました。

ただし、少し弱めただけで5時間以上平気で使えるようになりましたので、MAX値での電力消費が特に多いという感覚です。

 

さすがに3時間ですと一晩持たないという事になりますので、ギリギリ実用的な明るさを保てる程度に暗くしてから使う事をおすすめします。

IPX4とは

ちなみに防水性能の表記、IPX4とは「水の飛まつに対して保護。」と言う意味になります。

完全防水ではありませんので、雨の日の屋外などは避けたほうが無難ですね。

とは言っても、基本的にはテント内などの屋内で使用することがほとんどだと思いますので、問題ありません。

ベアボーンズリビング エジソンペンダントライト LED レビュー

こちらはビーコンライトよりもやや小さめの、エジソンペンダントライトLEDのレビューです。

バッテリーは非搭載ですが、USBで給電することでライトを着けることが出来ます。

また、長いケーブル(3m)とUSBのオスメス端子が付属されており、5つまで連結して使うことが可能な仕様となっています。

明るさは、ハイ100ルーメンと、ロー35ルーメンの2タイプ。

SPEC

サイズ シェード部:(約)直径10.5×高さ8.5cm  電源ケーブル:約3m
重さ 約185g
素材 鋼鉄
電球 エジソンスタイルLED電球 1.6w
防水性 IPX4
明るさ LOW:35ルーメン/0.4W  HIGH:100ルーメン/1.6W 
色温度 2700k
付属品 吊り下げ用カラビナ×1 
備考 USB電源は付属しません  5灯まで連結可能

ディティール

シェード(笠)部分

シェード笠部分は、雰囲気のあるスチール製で、カラーはブラック。

ロゴマーク

ロゴマークはビーコンライトLEDと同様、金属製で高級感があるもの。ブランドロゴが立体感のある意匠でカッコいいですね。

ヒートガード

ランタン調のディティールを際立たせる、金属製のヒートガード付き。とは言っても、LEDライトですので熱は発生せず、あくまでもデザイン上のアクセントです。

こちらも金属製で、鈍い光を放つ銅のカラーリングがめっちゃおしゃれなやつ…

ライト部分

また、ライト部分を覆うのは透明のプラスチックですので、ビーコンライトLEDと同様に、破損の心配が極めて少ないと言えるでしょう。

エジソンスタイルLED電球

LED電球は、「エジソンスタイル」と言うことで白熱灯のフィラメント調のごとく、U字型が2発搭載。

電球のスタイルまで拘るなんて、ベアボーンズ社のこだわりがひしひしと感じられます。

ON・OFFスイッチ

ON・OFFスイッチは、別体式でUSB給電コードの途中についています。

もっともバッテリーに近い側についていますので、ライト本体だけ長いUSBケーブルで上部の方に設置し、電源は手元でON・OFFを切り替えるという使い方が出来ますね。

これはよく考えられています。

明るさは2種類切り替え可能で、電源スイッチはOFFが真ん中、左右にそれぞれLOW:35ルーメン/0.4W、HIGH:100ルーメン/1.6Wと言う配置です。

温かみのある光

ケルビン数は2700kと言う事で、かなり黄色い光となります。

クラシックなデザインとよくマッチする、温かみのある光源として重宝しますね。

まとめ

 

以上、ベアボーンズリビング社のビーコンライトLED&エジソンペンダントライトLEDのレビューでした。

雰囲気あるルックス&暖かみのある光が、おしゃれキャンプに必須のヤツですね。

個人的に、キャンプの時にLEDライトは何個持っててもイイ!と思いますので、一つ持っていても損はしない、そんなアイテムです。

maagzを最後までお読みいただきありがとうございました。

ベアボーンズリビング Barebones Living ビーコンライトLED 2.0 ブロンズ 20230005007000

LATEST新着記事