MAAGZ オンラインストアはこちらから
BIKE

BMW G310GSで行くキャンプツーリング 。

BMW G310GSで行くキャンプツーリング

BMW G310GS キャンプツーリング

MAAGZブログでは、これまでファミリーキャンプネタを中心に執筆してきました。

しかし、ソロキャンプネタもやっていきたい。というわけで本格始動!主にバイクでのキャンプツーリングを中心としてソロキャンプを楽しんでいきます。

BMW G310GS

BMW G310GS

MAAGZキャンプツーリング部の車両は5台!1台目はBMW G310GS(2020年式)です。

G310GSは、310ccの単気筒エンジンを搭載し「チューメンで乗れるBMW」として2017年にリリースされたオートバイです。

 

大排気量の水平対向エンジンを搭載した大型バイクメインで高級イメージのあるBMWですが、インド生産で価格を抑えたチャレンジングな一台。

とはいえ設計や生産技術は本国(ドイツ ミュンヘン)と同等とのことで、品質感は全く見劣りしないですね。

各部の質感も高く、車格も大型バイクにも引けを取らない立派なモノ。

 

主に新興国のマーケットを取りに行くために開発された車両ですが、ここ日本でもBMWのオートバイに対する敷居をグッと下げてくれる存在です。

購入時には複数社のバイクディーラーに足を運びましたが、G310GSに一目惚れしてしまったのです。

GIVIのフルパニア仕様

BMW G310GS GIVI パニアケース

GIVIのアルミ製パニアケース、TREKKER DOLOMITIを装備し、キャンプツーリングで大切な積載性能を高めました。

実はG310GSには純正パニアケースの設定がありません。ですので社外品から選ぶことになります。

容量 36 リットル
許容重量:10 kg

モノキーシステムを搭載しており、1本のキーで左右のパニアケースを施錠出来ます。

お値段は張りましたがアルミの光沢が高級感が出まくりでめちゃくちゃかっこいいパニアケースですね。

トップケースも購入したのですが、ステーが納車に間に合わず。

BMW G310GS GIVI パニアケース

というわけでトップケースの代わりに、GOLDWINのウォータープルーフダッフルバッグ(50L)で積載しました。

BMW G310GS 積載量

トップケースなしの状態ではありますが、これだけの荷物を積載可能でした。ざっくりと27kg程度の重量となりました。(道路交通法で定められてる軽二輪の最大積載重量は60kgまで。原付は30kg。)

とはいえここから取捨選択していき、洗練させていく予定です。

不便ですが、いろいろと制限がある中で工夫して楽しむことができる。それこそがバイクキャンプの醍醐味です。

BMW G310GS カスタムポイント

その他のカスタムは以下。

  • BMW純正グリップヒーター
  • ヘプコ&ベッカー製エンジンガード
  • BMW純正ナックルガード
  • パワーブロンズ製アドベンチャースクリーン(ロングスクリーン)

などを装備し、快適にキャンプツーリングがこなせるようにカスタムしました。カスタムパーツ詳細はG310GSのレビュー記事にてご紹介したいと思います。

BMW G310GS キャンプツーリング デビュー戦

道志 青野原オートキャンプ場

関連記事

相模原市の青野原オートキャンプ場の訪問レポートブログです。 清流道志川の恩恵を気軽に受けれる、初心者向けのオートキャンプ場になります。 青野原オートキャンプ場訪問レポート 相模原市、道志みち沿いに位置する青野原オートキャンプ場[…]

G310GSのキャンプツーリングデビュー戦として、道志みち沿いの「青野原オートキャンプ場」に行ってきました。

バイク3台でのキャンプツーリングです。

道志みち 道志の森キャンプ場 凍結

関連記事

山梨県道志村 道志の森キャンプ場 訪問レポートブログ  山梨県南都留郡道志村、「道志みちの駅」すぐ裏手に位置する道志の森キャンプ場の訪問レポートブログです。 訪問日は2020年11月10日〜12日。MAAGZ1周年記[…]

本当は道志の森キャンプ場をデビュー戦としたかったのですが、キャンプ場に到るまでの道路が凍結しており、断念せざるを得ない状況。

より標高が低くて気温の高い青野原オートキャンプ場に急遽変更しました。

キャンプツーリングスタイルと道具

道志みち 青野原オートキャンプ場 G310GS

ソロキャンプのスタイルや愛用している道具などをご紹介いたします。

関連記事

ヘリノックス Helinox タクティカルテーブル ブラック M レビュー ヘリノックス Helinox タクティカルテーブル ブラック Mとは [itemlink post_id="2020"] ヘリノックスのタクティカ[…]

焚き火サイドテーブルはヘリノックスのタクティカルテーブル ブラックM。お一人様分のクッカー、ランタン、その他ギア類を置くのに丁度よい大きさです。また、仕舞寸法が小さいためバイクに相性が良いですね。

関連記事

Helinox[ヘリノックス]タクティカル スウィベルチェアー レビュー [itemlink post_id="2393"] ヘリノックスの[タクティカル]シリーズからリリースされている、スウィベルチェアーのレビューです。カ[…]

チェアもヘリノックスでタクティカル スウィベルチェアーを使っています。一見変わり種?な「回転する椅子」なのですが、焚き火の際に座ったまま体の向きを変えられるとツール類が取りやすく非常に便利で、病みつきになっています。

関連記事

MURACO[ムラコ] AFRICAN EAGLE TRIPOD[アフリカンイーグル トライポッド]  レビュー [itemlink post_id="3895"] (ムラコ)MURACO AFRICAN EAGLE TRI[…]

created by Rinker
MURACO(ムラコ)
¥18,150 (2021/03/03 08:49:05時点 Amazon調べ-詳細)

(ムラコ)MURACO AFRICAN EAGLE TRIPOD muraco-014を焚き火のツールラックとして使用しています。精悍なブラックアルマイトがカッコいいトライポッドですね。

ソロキャンプ用テント:BUNDOK(バンドック) ソロ ティピー 1 TC

ソロキャンプ用テント BUNDOK(バンドック) ソロ ティピー 1 TC

関連記事

バンドック ソロティピー1 TC レビュー バンドック ソロティピー1 TCとは [itemlink post_id="11158"] 今回ご紹介するテントはバンドックのソロティピー1 TC。※メーカー様から提供していただ[…]

ソロキャンプ用のテントはBUNDOK(バンドック) ソロ ティピー 1 TCコスパ、見た目、使い勝手の3拍子が揃った傑作ソロテントですね。

関連記事

MSR エリクサー2 レビュー [itemlink post_id="3241"] MSRのテント、エリクサー2のレビューです。欧州限定カラーのグリーンが素敵なやつ。 標準カラーはフライシートがホワイトですが、欧州では[…]

関連記事

LocusGear Khufu HB / ローカスギア クフ HB レビュー [itemlink post_id="3256"] LocusGear Khufu HB / ローカスギア クフ HB のレビューです。設営が楽な[…]

その他、MSR エリクサー2LocusGear Khufu HB / ローカスギア クフ HB などを所持しています。バイクキャンプを始める前から車や徒歩でのソロキャンプはしており、その頃の遺産です。

さまざまなソロテントの使用感を共有していきたいと思います。

道志みち 青野原オートキャンプ場 G310GS

青野原オートキャンプ場は厳冬期でも寒すぎず、過ごしやすいですね。

道志みち 青野原オートキャンプ場 G310GS

ソロキャンプ用テントが並ぶ姿は、ファミリー用の大型テントとはまた違った趣があります。

道志みち 青野原オートキャンプ場 焚き火台RAPCA

夜が更けてからは、焚き火台RAPCAを囲んで語らいました。

MAAGZキャンプツーリング部 車両紹介

左からkawasaki Ninja400、BMW  G310GS(2020年式)、kawasaki W650(2004年式)

MAAGZキャンプツーリング部のバイクたち。左からkawasaki Ninja400、BMW  G310GS(2020年式)、kawasaki W650(2004年式)。

BMW R1200GS(2015年式)

関連記事

BMW R1200GSで行くキャンプツーリング こんにちは、MAAGZブログ管理者のikahimeです。 キャンプツーリングに行ってきましたので、愛車のBMW R1200GSやソロキャンプ用の道具をご紹介していきたいと思いま[…]

他にもBMW R1200GS(2015年式)や…

BMW R100RS(1989年式)

BMW R100RS(1989年式)もいます。そのうちご紹介いたします。

G310GSでキャンプに行こう

青野原キャンプ場

以上、MAAGZキャンプツーリング部発足、そしてBMW G310GSについてでした。

G310GSをキャンプツーリングで使い倒し、その気づきやメモを記事として残していく予定です。

その他、

  • キャンプツーリングに適したキャンプ道具
  • キャンプツーリングの訪問レポート
  • バイクへの道具積載方法
  • キャンプツーリングに適したバイク選び
  • キャンプツーリング目線でのバイクレビュー

などのコンテンツをお届けする予定です。

MAAGZを最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

BMW R1200GSで行くキャンプツーリング こんにちは、MAAGZブログ管理者のikahimeです。 キャンプツーリングに行ってきましたので、愛車のBMW R1200GSやソロキャンプ用の道具をご紹介していきたいと思いま[…]

関連記事

Kawasaki W650で行くキャンプツーリング こんにちは。MAAGZキャンプツーリング部、営業部の橋本です。 MAAGZキャンプツーリング部発足ということで、私の愛車であるKawasaki W650(2004年式)につ[…]

関連記事

Kawasaki Ninja400Rで行くキャンプツーリング Kawasaki Ninja400R こんちわ!MAAGZキャンプツーリング部、Web事業部のレンジャーです。 今回は、私の愛車であるKawasaki Ninj[…]

LATEST新着記事

MAAGZ ONLINE STORE