MAAGZ オンラインストアはこちらから
BIKE

BMW R1200GS 車両インプレ。キャンプツーリング適性度MAXな王道アドベンチャー。

BMW R1200GS 車両インプレ

R1200GSとは?

BMW R1200GS キャンプツーリング インプレ

R1200GSは、BMWからリリースされているアドベンチャーカテゴリーのオートバイです。

伝統のボクサーツインエンジンと足長な前後サスペンションを搭載。オフロードから高速道路、そしてワインディングどこでも快適かつ安全に走れるマルチな一台。

私のR1200GSは2015年モデルを中古で購入しました。主にキャンプツーリングに使用しており、そのインプレッションをまとめていきます。

※現行モデルは排気量UPしたR1250GSとなっています。

R1200GSを選んだ理由

BMW R1200GS キャンプツーリング

キャンプツーリングが主目的だったのでアドベンチャー系のバイクを探していました。

中でもやっぱり王道のGSかな、と。流行りのカテゴリーなので、各社気合が入ったカテゴリーでもあります。でも不思議と他社のバイクは気にならず、GS指名買いでした。

ただし中古です。新車は高すぎて普通のサラリーマンにはかなり厳しい…というわけで2015年式、走行距離3万2440kmとちょい過走行気味な個体を安めにGETしました。

YAMAHA トレーサー900
YAMAHA トレーサー900

ちょっとだけ迷ったのはYAMAHA トレーサー900の新車を買える予算であったこと。でも本当に欲しい車種を変更するのは良くない、という思考が勝りました。

それから、F850GSの高年式な中古車も悩みましたね。でもやっぱりBMWはR(水平対向)でしょ、という考えからR1200GSにしました。

コクボモータース

私共は設立以来守り続けていることは「きめ細かいアフターサービスの提供」です。 私共の考えるアフターサービスとはオートバイ…

あとはBMWディーラーが事務所から歩いて行ける距離だということもちょっとだけ関係アリ。納車も楽ですしね(笑)

BMW Rシリーズの特徴

水平対向エンジン

BMW R1200GS 水平対向エンジン

1,169ccの水冷水平対向DOHCエンジンを搭載。

  • 最高出力125ps/7750rpm
  • 最大トルク125N•m/6500rpm

水冷DOHCということで、ビュンビュン元気よく回ります。2気筒らしい鼓動感みたいなものは希薄で、結構4発に近いフィーリング。

しかしめちゃくちゃ洗練されているか、と言われると案外そうでもなくガサツなところもあったりする。特に6000回転以上回すとそれなりに振動は多いです。でもそれが良く言えば味わいに繋がっているような感覚ですね。

BMW R1200GS サウンド(マフラー)

サウンドはジェントルな重低音。ドスの効いたビートを奏でてくれて、高音は出ないけどコレはコレで気持ちいい。よく軽飛行機みたい、と形容されることがあるけどまさにそんな感じ。(軽飛行機乗ったことないけど..)

クランクシャフト縦置きなので、停車時に空ぶかしするとジャイロ効果で左にちょっとだけ持ってかれるのが楽しいです(笑)走っているときはホイールのジャイロ効果で相殺されるのか、全く気にならないのが不思議なのですが。

テレレバー

BMW R1200GS テレレバー

フロントサスは独特の構造でテレレバーと呼ばれています。専門家ではないので詳しい解説はできませんが、ごくごく簡単に説明するとフロントフォークが3本あります。

ブレーキング時のノーズダイブを抑え、姿勢変化を減らして疲れを軽減する機構です。実際に、強めにフロントブレーキをかけても沈み込みが本当に少なく非常に快適です。

この挙動に慣れてしまうと、通常のテレスコピックサス(2本サス)のバイクに乗った時にフロントのノーズダイブがやけに気になってしまいます。

シャフトドライブ

BMW R1200GS シャフトドライブ

シャフトドライブでチェーンメンテから解放されます。雨の日やダート走行後も、シャフトケースの外側に付いた泥汚れを拭き取る程度でOK。美観が気にならなければそれすらもやる必要ないですね。

コレは本当に楽で次もシャフトドライブのバイクにしたいぐらい気に入ってます。

一方で、パラレバー機構(スイングアーム上部のアーム)によってシャフトドライブ特有の加速時にリアが持ち上がる「テールリフト現象」を抑制。変なクセが一切ないのがすごいところ。

ユーティリティ

足つき

BMW R1200GS 足つき (身長166cm)

中古で購入したので正確ではないのですが、おそらく私の個体はローダウン仕様のプレミアムスタンダードローシートとローダウンサスで車高を下げたモデルです。

プレミアムライン = 850/870mm (本国標準)

プレミアムスタンダード = 840/860mm

シート高は2段階調整式で840/860mm、840mmのロー仕様で乗車しています。

足つきは意外と良く、私は身長166cm短足ですが普通に乗れてます。さすがに両足を着地すると母指球は着かずつま先立ちです。

BMW R1200GS 足つき 身長166cm

しかしお尻をずらして片足を着地すればほぼかかとまで着地。体格や足つきで諦めるオートバイではない、ということはお伝えしておきたい事実です。

シート(2段階調整機能)

BMW R1200GS シート

シート高さは2段階調整式。キーシリンダーがシート下に設けられており、回すとシートが外れます。シート取り付け部の金具を裏返すと高さが変わります。

取り回し

BMW R1200GS 取り回し

取り回しは、低重心なおかげで思っていたよりも軽い…と良く言われますが正直言ってビッグバイクらしい重さは確実にあります。少なくとも気軽に乗れる感じではなく、コンビニに行くだけだったら絶対乗らないです。

でもムキムキに筋力がないとダメというほどではなく、最初はちょっとおっかなびっくりでしたが慣れれば割といけちゃう感じ。

前向きに傾斜している駐車場に頭から突っ込んだら結構厳しいモノがありそう。それから、足つきはどちらかと言えば悪い方なので、またがった状態での取り回しも結構しんどい。

ただ、これは良く言われていることですが走り出しちゃえば軽快そのものですね。

キーシリンダー

BMW R1200GS キーシリンダー

2017年以降のモデルはプッシュ式のキーレススタートになっていますが、私の2015年式はイグニッションにキーを差し込んで回すオーソドックスな形式です。

ガソリンタンク

BMW R1200GS ガソリンタンク

ガソリンタンク容量は20L。燃費は普通に走って20km/Lぐらいがアベレージ、航続距離は400km近いのでロングツーリング時の給油の負担は少ないです。

ETC2.0標準装備

BMW R1200GS ETC2.0

ETC2.0が標準装備。タンデムシート下に車載器が格納されています。

灯火類

BMW R1200GS 灯火類

灯火類はフルLED。ヘッドライトの造形がとてもカッコよく「GSらしさ」がもっとも出てるポイント。ウィンカーは薄型でスマートです。

BMW R1200GS テールランプ

テールランプ。消灯時は白色ですが、もちろん赤く光ります。

マッドガードエクステンション

フロントフェンダーはツアラテックのマッドガードエクステンションを装備しています。クチバシ、と呼ばれているパーツですね。

水・泥ハネの低減はもちろんのこと、よりアドベンチャーバイクらしさを強調するカスタムパーツです。

計器類

BMW R1200GS 計器類

計器類。大型の2眼アナログメーター+液晶のインフォメーションパネルです。

BMW R1250GS TFT液晶

出典:ヤングマシン

2018年モデル以降はフルTFT液晶のメーターパネルにチェンジしていますので、少し古さを感じる部分。

とはいえ見やすさに関してはアナログメーターも悪くないです。

ハンドルスイッチ類(左)

BMW R1200GS ハンドルスイッチ類(左)

左側のハンドルスイッチ類。グリップとスイッチボックスに挟まれているのは純正ナビ操作用のジョグダイヤル。

  • 上段上からクルーズコントロール、ハザードスイッチ
  • 中段左からインフォメーション/TRIP切り替え、電子制御サスの設定
  • 下段ウインカー、ホーン
  • さらに奥にハイビーム/ロービーム切り替え、パッシング

左側はボタンが多く慣れるまで少し戸惑います。

ジョグダイヤルは純正ナビを持っていないので用がありません。ジョグダイヤルのせいでウィンカースイッチが少し遠い感じがします

 

そして、珍しいクルーズコントロールが付いています。

果たしてバイクに必要な装備なのか?と思っていましたが、長距離ツーリングの際に手の疲れが圧倒的に少なく一度使うと癖になります。ブレーキやクラッチを操作すると解除されます。

ハンドルスイッチ類(右)

BMW R1200GS ハンドルスイッチ類(右)

右側のハンドルスイッチ類。上から

  • グリップヒーター
  • 走行モード切り替え
  • キルスイッチ&セルモーター

グリップヒーターは2段階調整式で良く効きます。ウィンターグローブをしていても明確に暖かく一度使うと手放せません。

それから余談ですがハンドルスイッチ周りのデザインが秀逸だと感じています。特に高級感があるわけでもないですが、安っぽくない。

 

created by Rinker
キジマ(Kijima)
¥1,254 (2021/03/03 23:54:05時点 Amazon調べ-詳細)

ハンドルグリップにはキジマ(Kijima)のグリップシュリンクチューブを被せてあります。

純正グリップが摩耗してしまうと、グリップヒーターASSYで交換が必要となります。(非常に高くつく。)そのため、カバーを被せて純正グリップを保護するのが定番のカスタムとなっています。

電源ソケット(ヘラソケット)

BMW R1200GS 電源ソケット (ヘラソケット)

ヘラソケットといういかにもドイツっぽい規格?の電源ソケットがメーター右側に備えられています。

そのままだと使えないので、ヘラソケットから電源をとってUSB電源(5A×2)に変換するプラグを装着しています。

スマホやアクションカムなどの充電が可能です。

純正パニアケース

BMW R1200GS 純正パニアケース

純正パニアケースです。キャンプツーリングに必要な積載量はたっぷり。純正キーで開閉可能な上、取り外しもワンタッチなので使い勝手に優れます。

ケース内部のレバーを動かすことで、ワンタッチで容量の拡張が可能な優れもの。

容量:左側が約30~39L、右側が約20~29L
価格:12万6,576円

目ん玉飛び出るぐらい高価ですので、中古で付いているのはお得感ありました。

フロントスクリーン

BMW R1200GS フロントスクリーン

フロントスクリーンは2段階調整式。

BMW R1200GS フロントスクリーン 調整ダイヤル

スクリーン内側のツマミを手動で回転させて切り替えます。電動調整機構が欲しかった、というレビューを見かけますがクリクリと操作しやすいので手動でも悪くないです。

割と大きめなフロントスクリーンが標準装備されているのですが思っていたよりも風防効果は少なめな印象。ハイポジションでもヘルメット頭頂部や肩にはそこそこ風が当たります。

それからスクリーンのセンター部分に折り目が付いたデザインなのですがこれが微妙に見にくいので、フラットなタイプのスクリーンに交換しても良いかもしれないですね。

走りについて

加速

前車が2002年式YAMAHA YZF-R1(5PW)でしたので、あんまり遅いバイクはヤダな..という思考があったのですが杞憂に終わりました。さすがに排気量1200ccなのでまあまあ速く、時速100kmまでの加速はほぼワープ感覚。さすがに高回転の頭打ち感は4発よりありますが、スーパースポーツから乗り換えてもなんら不満ない走りをしてくれます。

脳みそが処理しきれないほど強烈な加速、ではないですがギリギリ使い切れる感じでちょうど良い。オートバイってだいたい100psぐらいあれば相当マッチョですよね、そういう感じです。

さらに当たり前ですがツインなので4発より低速トルクは強い。シフトサボっても低回転から猛然とダッシュしてくれますね。1速で不用意に開けるとぽんぽんフロント上がります。しかしトラクションコントロールで点火カットされて姿勢制御が入るので、ウィリーしたかったらOFFにすればOKです。

ブレーキング

BMW R1200GS ブレーキング

フロントブレーキはフローティングダブルディスク、ブレンボ製4ピストンモノブロックブレーキキャリバーということで制動力に不満はありません。レバーの感触もかっちりしたフィールで操作性が高いですね。

ABSも搭載されており安心して握り込めます。なかなかにヘビー級なバイクですがそれに見合ったブレーキ性能です

さらにABSは「パーシャリーインテグラル」と呼ばれる機能を搭載しており、フロントブレーキを掛けると微弱にリアブレーキを自動で掛けてくれるというハイテクぶり。

コーナーリング

コーナーリングは巨体から想像がつかないほど軽快です。峠道でスーパースポーツについていける、という噂を聞いていたのですがあながち外れではないかな、といった印象。

フロント19インチでどっしりとした安定志向のハンドリング。変な切れ込みやアンダーは一切無く、狙ったバンク角でピタッと吸い付くように安定してくれます。

このあたりは縦置きクランクシャフトによるジャイロ効果(バイクが起きようとする力)低減が効いているのかもしれません。

ボクサーエンジンはバンク角が気になるところですが、R1200GSの場合シリンダーヘッドが割と高い位置にありますので全く問題ありません。

高速巡航

高速巡航はゆとりあるエンジンパワーと高い直進安定性によって非常に楽ですね。エンジン回転数は6速、100kmで3750rpmぐらい。

ただし先述したように風防効果については意外と高くない印象。

エンジンの熱

BMW R1200GS エンジンの排熱

ボクサーエンジンは熱が足に伝わりにくいのが美点の一つです。車体横に飛び出したシリンダーヘッドが効率よく冷却されるのか、驚くほど熱が来ないですね。

4発に乗っているときは内ももが低温やけどしそうになるぐらい熱くなっていましたがそれが全くない。夏はとても快適に乗れると思います。一方で冬場はエンジンの熱で暖を取ることはできません。

シフトアシストPro (オートシフター)

BMW R1200GS シフトアシストPro

シフトアシストProと呼ばれる、オートシフター機能がめちゃくちゃ気持ちいいですね。クラッチを握らないでもシフトアップ/ダウンができる機構です。シフトペダルを操作するだけで自動で点火カットしてくれてスコスコギアが入ります。

ギアチェンジした瞬間、マフラーから「ボッ!」と小気味好いサウンドが出るのもスポーツマインドをくすぐってくれます。手動でクラッチ握ってギアチェンジするよりも明らかに変速スピードも速いですね。シフトダウン時はオートブリッピングで回転合わせをしてくれます。

シフトアシストProの弱点

ただし完璧ではなく、アクセル開度が少なかったり回転数が低かったりすると結構な確率でギクシャクします。なのでゆっくり街中をアクセル開度少なめで走っているときは普通にクラッチを握ってギアチェンジしています。その方がスムーズに走れるからです。

その辺りはもともとオートシフターはレース車両からフィードバックされた技術と言うことも関係しているのかもしれません。ガンガンに気持ちよく飛ばしているときほど使いやすい、という癖があります。

それから1速から2速へのシフトアップ時も高確率でギクシャクします。さらに、クイックシフターでのギアチェンジ時のシフトペダルは割と硬めな操作感です。

ニュートラルに入りにくい

各ギア間の繋がりはスムーズですが、唯一ニュートラルに入りにくいですね。これは結構多くのGSオーナーさんが言われていることなので個体差ではないはず。数少ないウィークポイントの一つと言ってもよいですね。とはいえまるで入らないかと言うとそんなことはないです。

オフロード

一応オフも走れるバイクではありますがやはり重さがあるので無理は禁物。調子にのると怖い目に合います。(笑)

これをガンガンオフで乗りこなすにはドイツ人並みの体躯が必要です。

ディティール

純正オプション アクラポビッチサイレンサー

純正オプション アクラポビッチサイレンサー

純正オプションのアクラポビッチ製スリップオンサイレンサー。低音の効いた良い音です。車検対応。

ダイナミックESA

BMW R1200GS ダイナミックESA

ダイナミックESA(イーサ)と呼ばれる電子制御サスペンション。

  • ソフト
  • ノーマル
  • ハード

の3段階で硬さ調整が可能。

さらにプリロード(初期荷重)を設定することができます。

  • 1人乗り
  • 1人乗り + 荷物
  • 2人乗り

の3種類。設定すると、車高がウィーン!と上がってハイテク感を味わうことが出来ます。

ハンドルバー

BMW R1200GS ハンドルバー

ハンドルバーは幅広でシートからの距離も少し遠目。完全にドイツ人の体格に合わせて設計された感がすごいです。ローシート仕様なのでなおさら遠くなっていると思われます。

ハンドル幅がかなりあるのですり抜けも苦手ですね。

私のように小柄な日本人が乗車すると、やや「ハンドルを取りに行く」ような姿勢になりますね。

created by Rinker
ワンダーリッヒ(Wunderlich)
¥18,157 (2021/03/03 23:54:06時点 Amazon調べ-詳細)

ハンドルライザーキット(ハンドル位置を上&手前に補正するブラケット)や、小柄なライダー向けのハンドルバーそのものが社外品で販売されているのでそれらを活用するのも手かもしれません。

でも我慢できないほどの違和感か?と言われるとそうでもなく、私は体を慣らすことで解決することにしました。

クラッチレバー

BMW R1200GS クラッチレバー

クラッチレバーの操作感がめちゃくちゃ軽いのも特徴の一つ。クイックシフターと合わせて、左手がほとんど疲れないので助かります。

フロントホイール(19インチ)

BMW R1200GS フロントホイール

オフロード走破性を視野に入れた19インチフロントホイール。タイヤサイズは120/70R19。オンロードでのハンドリングが犠牲になっていないのが美点です。

リアホイール(17インチ)

BMW R1200GS リアホイール

リアホイールは17インチ。サイズは170/60R17です。

タイヤ ミシュラン ROAD 5 TRAIL

ミシュラン ROAD 5 TRAIL

タイヤはミシュランのROAD 5 TRAILを納車時に新調。温度依存が少なく冬場のツーリングでも安心感がありますね。接地感をしっかり感じられてスポーツ走行時も楽しくバンク出来ます。

9割以上オンロードなので、オフロードのことは考えないでセレクトしました。

ミシュラン アナキーアドベンチャー
ミシュラン アナキーアドベンチャー

出典:BikeBros.

純正はミシュランのアナキーアドベンチャーという、少しばかりオフのことも考えたタイヤです。

フロントブレーキキャリパー

BMW R1200GS フロントブレーキキャリパー

フローティングダブルディスク、ブレンボ製4ピストンモノブロックブレーキキャリバー。コントローラブルで秀逸なブレーキです。

重たい車体をピタッと止めてくれますね。ABSによる安心感も絶大です。

リヤブレーキキャリパー

BMW R1200GS リアブレーキキャリパー

リアもブレンボ製キャリパー。ブレーキホースともう一本黒いコードが見えていますが、前後ブレーキ連動の電子制御用配線だと思われます。

ラバーステップ

BMW R1200GS ラバーステップ

大きめでオフ車的なステップは可倒式。オフブーツを履いたときのマッチングも良いはずで、ラバーは外すことが可能です。

タンデムステップ

BMW R1200GS タンデムステップ

タンデムステップも肉厚のラバーとなっています。

サイドスタンド

BMW R1200GS サイドスタンド

created by Rinker
アールズギア(R's Gear)
¥14,549 (2021/03/03 23:54:07時点 Amazon調べ-詳細)

サイドスタンドはいわゆる「ゲタ」を履かせてあります。アールズギア製のアクティブコンフォート スタンドハイトブラケットですね。

本国仕様のサイドスタンドをそのまま使うと車両が傾き過ぎてしまうのを補正するパーツ。

左側通行の日本では、通常停車する場合左端に止めることが多い。逆に、右側通行のドイツでは道路右端に停車します。

道路の両サイドって少し低くなっていますよね?だから本国仕様のサイドスタンドは短め。

 

右側通行のドイツ、左側通行の日本で最適な長さが変わるんですね。左側通行用に補正する、というイメージです。

BMW R1200GSでキャンプツーリングに行こう!

以上、BMW R1200GSのインプレについてでした。

長くなりましたが、手短にこのバイクの良さをまとめると以下になります。

  • どんな路面状況でも安心して走れる万能アドベンチャー
  • キャンプツーリングへの適性が極めて高い「旅バイク」
  • 成熟したボクサーツイン&電子制御で味わえる抜群の走り

キャンプツーリングが主目的で購入を悩まれている場合、間違いなく最高の1台。BMWの新車は高額ですが中古ですとグッと買いやすくなるので狙い目です。

ぜひキングオブアドベンチャーの走りを楽しんでみませんか。

BMW R1200GS キャンプツーリング レビュー

BMW R1200GS キャンプツーリング

関連記事

BMW R1200GSで行くキャンプツーリング こんにちは、MAAGZブログ管理者のikahimeです。 キャンプツーリングに行ってきましたので、愛車のBMW R1200GSやソロキャンプ用の道具をご紹介していきたいと思いま[…]

長くなってしまったので、R1200GSでのキャンプツーリングの様子は別記事にまとめています。

関連記事

BMW G310GSで行くキャンプツーリング MAAGZブログでは、これまでファミリーキャンプネタを中心に執筆してきました。 しかし、ソロキャンプネタもやっていきたい。というわけで本格始動!主にバイクでのキャンプツーリングを[…]

関連記事

Kawasaki W650で行くキャンプツーリング こんにちは。MAAGZキャンプツーリング部、営業部の橋本です。 MAAGZキャンプツーリング部発足ということで、私の愛車であるKawasaki W650(2004年式)につ[…]

関連記事

Kawasaki Ninja400Rで行くキャンプツーリング Kawasaki Ninja400R こんちわ!MAAGZキャンプツーリング部、Web事業部のレンジャーです。 今回は、私の愛車であるKawasaki Ninj[…]

LATEST新着記事

MAAGZ ONLINE STORE