CAR

Jeepラングラー(JK)のタイヤをTOYO TIRE OPEN COUNTRY R/T 285/70R17に交換。レビュー。

Jeepラングラー(JK) + TOYO TIRE OPEN COUNTRY R/T 285/70R17

JKラングラータイヤ交換

Jeepラングラー(JK) + TOYO TIRE OPEN COUNTRY R/T 285/70R17

JKラングラーのタイヤを交換しました。ラングラーは2014年に新車購入し7年目に突入しています。

good year wrangler

最初から履いていたタイヤ(good year wrangler)をツルツルになるまで履き潰しました。

本来であればもっと早い交換が望まれると思います…長くても5年ぐらいのサイクルで交換するのが良いでしょう。

車のタイヤは騙し騙し履けてしまうので、7年も履かせてしまいました。

さすがに7年目ともなるとだいぶ山が減ってきて、見た目もボロくなってきた。そこで3回目の車検を目前に控えた今、履き替えることに。

 TOYO TIRE OPEN COUNTRY(トーヨータイヤ オープンカントリー) R/T 285/70R17

 TOYO TIRE OPEN COUNTRY(トーヨータイヤ オープンカントリー) R/T 285/70R17





タイヤサイズ タイヤ
外径
(mm)
タイヤ
総幅
(mm)
標準
リム幅
(インチ)
適用
リム幅
(インチ)
17 70 LT285/70R17 116/113Q 832 292 8 1/2 7 1/2~9 1/2

チョイスしたのは、TOYO TIRE OPEN COUNTRY(トーヨータイヤ オープンカントリー) R/T。ホワイトレターが素敵なタイヤです。

楽天ポイントを投下したかったので楽天で購入し、ディーラーさんへ直送。(事前に許可を得るのを忘れずに)

一本2万2500円(税込)、背面タイヤ同時交換なので5本購入。

 

R/Tは「ラギッドテレーン」の略で、TOYOさんが作った言葉です。A/T(オールテレーン)とM/T(マッドテレーン)の良いとこどり、みたいなイメージですね。

「マッドテレーンみたいにゴツゴツしたカッコいいタイヤを履きたいけど、オンロードでの快適性を失いたくない。」というユーザーに向けたタイヤだと思います。

 

このタイヤを選んだ理由や、JKラングラーに組み合わせた際のルックスなどをお伝えしていきます。

サイズ

 TOYO TIRE OPEN COUNTRY(トーヨータイヤ オープンカントリー) R/T 285/70R17 サイズ

ちょっとだけ純正より大きい、285/70R17をチョイス。(純正は245/75R17)

幅が245mm→285mmで40mmUP、タイヤ外径(高さ)が800mm→832mmで32mmUPとなります。

 

ラングラーはホイールハウスの隙間が大きいので、ちょっと大きめのタイヤがリフトアップなしで履けちゃうんですね。

太くてデカイタイヤが似合いますので、出来るだけ大きくしたいですよね。でも、燃費や操安性も犠牲にしたくない。

 

これ以上太いタイヤですと、ほんの少しフェンダーからはみ出しちゃう。ディーラーさんで合法的に?タイヤ交換できるのはこのサイズ(285/70/17)までだそう。

 

その辺のバランスが取れたサイズが285/70R17ってわけです。

33インチタイヤ

純正であるgood year wranglerは、245/75R17サイズ = 31インチ。

今回装着した285/70R17サイズは、アメリカでのタイヤサイズの呼び方では「33インチタイヤ」と呼ばれます。

ノーマル車高のラングラーで、干渉などせずに履けるのが33インチまでです。

 

この上に35インチ、37インチとありますが、35インチからはリフトアップが必須となります。

純正 GOOD YEAR WRANGLER 245/75R17

JKラングラー スポーツ 純正 GOOD YEAR WRANGLER 245/75R17

純正タイヤはGOOD YEAR WRANGLERの245/75R17ですね。

JKラングラー スポーツ 純正 GOOD YEAR WRANGLER 245/75R17

こちらも純正タイヤらしく良いタイヤでした。ほとんどネガはないかな。1回右後輪がパンクしたのみで耐久性も高いと思います。なにより7年持ってくれたしね。今までありがとう。

ただしサイズもあってか、やや貧相に見えてしまうのが弱点です。

TOYO TIRE OPEN COUNTRY R/T レビュー

走行性能

TOYO TIRE OPEN COUNTRY R/T 走行性能

変な癖が一切なく、良いタイヤですね。純正と比べてロードノイズも増えません。走り出してタイヤが数回転する間だけほんのわずかにゴロゴロした感じがあるかも?といった程度。

それでいてタイヤパターンはマッドテレーンっぽい深い溝があってラングラーに良く似合います。

ただしタイヤサイズを大きくしたので、少しだけ加速はもっさりしたかも。でもこれはサイズの問題です。

見た目の迫力

TOYO TIRE OPEN COUNTRY R/T 見た目の迫力

見た目の迫力はそこまで無いかな。というのが第一印象。

タイヤサイズUPしたので、少し迫力UPするかな?と思ってたのですが意外とそうでもなかったですね。

サイドウォールもおとなしいデザインですしね。

JKラングラー + BFグッドリッチ KO2(オールテレーン)

出典:タイガーオート

ただ、人気タイヤであるBFグッドリッチのKO2(オールテレーン)と比べても見た目の迫力は遜色ないと思いますね。

他の候補

OPEN COUNTRYを選んだ理由

OPEN COUNTRYを選んだ理由

今回、OPEN COUNTRYを選んだ理由です。候補はいろいろありました。

  • BFグッドリッチKM3(マッドテレーン)
  • BFグッドリッチKO2(オールテレーン)
  • モンスタタイヤ テレイングリッパー
  • ジオランダー(yokohama) M/T

などなど。

BFグッドリッチKM3(マッドテレーン)

BFグッドリッチKM3(マッドテレーン)

見た目の迫力が欲しければ、やっぱりM/T(マッドテレーン)タイヤがカッコいいです。写真はJLラングラー ルビコン純正のBFグッドリッチKM3(マッドテレーン)ですが、サイドウォール部分までブロックが入っていてカッコいいですね。

ですが人気のタイヤなのでバックオーダーを抱えているらしく、ネットで買おうとしたら3ヶ月待ちだったので辞めました…

BFグッドリッチKO2(オールテレーン)

BFグッドリッチKO2(オールテレーン)

出典:craft

BFグッドリッチKO2(オールテレーン)は履いている車両が多かったのでなんとなく辞めました。良いタイヤなのは間違いないのですが。

また、グッドリッチはちょっとお高いんですよね。

本当はBFグッドリッチが欲しいけど、予算的にちょっとな..という場合にもオープンカントリー、大変おすすめですね。

せっかく換えるならちょっと高くてもBFグッドリッチが良いかも?という思いもありましたが、オプカンにして割と正解だったかな。と思っています。

グッドリッチに比べて見劣りすることは無いですし、同等レベルのかっこよさがあると感じました。

モンスタタイヤ テレイングリッパー

モンスタタイヤ テレイングリッパー

出典:craft

新進気鋭のタイヤブランド、モンスタタイヤ(オーストラリア)のテレイングリッパーなんかも気になりましたが…

ホワイトレターだし、めちゃくちゃ安い!でもホワイトレターの感じがTOYOの方が好みでした。

ジオランダー(yokohama) X-MT

ジオランダー(yokohama) X-MT

出典:autoc-one

あとはジオランダー(yokohama)のX-MTも迫力がありますね。

 

とはいえ、やっぱり乗り心地やオンロードでの操安性はA/T(オールテレーン)やR/T(ラギッドテレーン)の方が優れているはずです。

というわけで今回は価格、操安性、ブランドなど総合的に考慮し、OPEN COUNTRY R/Tにしました。

フォトギャラリー

純正

JKラングラー 純正タイヤ

純正は、やはり245幅ということもあり、やや貧相に見えます。タイヤがホイールハウスの内側に引っ込んでますね。

OPEN COUNTRY

Jeepラングラー(JK) + TOYO TIRE OPEN COUNTRY R/T 285/70R17

この角度から見ると、純正より少し迫力UPしていますね。ツライチ感が出てカッコ良いです。

純正

JKラングラー 純正タイヤ

OPEN COUNTRY

Jeepラングラー(JK) + TOYO TIRE OPEN COUNTRY R/T 285/70R17

タイヤのブロックパターンが純正よりだいぶゴツゴツしています。

純正

JKラングラー 純正タイヤ

OPEN COUNTRY

Jeepラングラー(JK) + TOYO TIRE OPEN COUNTRY R/T 285/70R17

タイヤ外径もUPしているはずなのですが、あまり分からないですね。

ですが実物は、写真よりも大きく見えます。純正と比べると、少しだけ迫力がUPするイメージですね。

まとめ

国産ブランドということで安心感もありますし、マッドテレインのようなネガもなく、おすすめのタイヤですね。

以上、TOYO TIRE OPEN COUNTRY R/T 285/70R17のレビューでした。

関連記事

LATEST新着記事

マツダ CX-60 プレミアムスポーツの見積もりは600万円超。ただしオプション全部乗せ。

CONTENTS 1 マツダ CX-60 プレミアムスポーツの見積もり2 CX-60のグレード構成3 オプションはフル装備4 試乗したのはPremium Modern5 直6ディーゼルのフィーリングは最高6 マツダ CX-60 プレミアムスポーツの納期は? マツダ CX-60 プレミアムスポーツの見積もり マツダディーラーにて、CX-60 XD-HV プレミアムスポーツの見積もりを頂きました。総支…

2023モデル Jeepラングラーサハラ2.0 見積もりは900万越え。

CONTENTS 1 2023モデル Jeepラングラーサハラ2.0 見積もり1.1 ポイント2 JLラングラーの値上がりについて3 予算オーバーだけどJLラングラーに乗りたい場合の対処方法4 総額900万円で買えるライバル車種5 関連記事 2023モデル Jeepラングラーサハラ2.0 見積もり 2023モデル Jeepラングラーサハラ2.0(JL型)の見積もりです。 筆者は現在、2014年式の…

200系ハイエースワゴン DIY車中泊ベッド仕様の詳細。

CONTENTS 1 200系ハイエースワゴン DIY車中泊ベッド仕様2 2018年式 トヨタ 200系 ハイエースワゴン3 DIY 車中泊ベッドキットの詳細4 ラゲッジルーム4.1 イレクターパイプでDIYした釣り具ラック4.2 ロッドホルダー5 運転席6 200系ハイエース DIY車中泊仕様についてでした 200系ハイエースワゴン DIY車中泊ベッド仕様 車両取材シリーズです。kadooさんの…

ボルボ240で行くキャンプ。唯一無二のカクカクボディ。頑丈で旧車入門にもおすすめ[オーナーインタビュー]

CONTENTS 1 ボルボ240 エステートとは2 インテリア3 ラゲッジルーム4 ドアモール5 ボルボ240の走りは?5.1 ボルボ240でキャンプ ボルボ240 エステートとは ボルボ240 エステートとは、ボルボ(スウェーデン)が1974年から1993年まで製造し、285万台以上が販売されたベストセラーモデルです。ボクシーな姿はフライング・ブリック(空飛ぶレンガ)と呼ばれています。 モデ…

【比較&レビュー】プラド乗りがRAV4を運転させてもらったのでその感想をお伝えします

CONTENTS 1 150系プラドとRAV4を比較2 動画はこちら3 TOYOTA RAV44 150系プラドとRAV4の細部4.1 車体の大きさ比較4.2 ラゲッジの開き方4.3 タイヤ&ホイール4.4 乗降性5 RAV4試乗!5.1 RAV4ファーストインプレッション5.2 意外とキビキビ走るRAV45.3 内装の質感は高い5.4 ダイナミックトルクベクタリングについて5.5 燃費5.6 R…

【盗難対策】150系後期ディーゼルプラドに最高級セキュリティのクリフォードを取り付けたのでご紹介

CONTENTS 1 盗難率の高い150系後期ディーゼルプラド2 動画はこちら3 信頼性が高いクリフォードG6 880Jを装着3.1 その他880Jだけの仕様3.2 全米で一台も乗り逃げされたことがない3.3 信頼性も高いが値段も高い4 クリフォードG6 880Jに装着したオプション4.1 イルミネーションプレート4.2 クリフォード専用バッテリー5 クリフォードセキュリティを取り付けるとどうなる…