MAAGZ オンラインストアはこちらから
BIKE

Kawasaki W650で行くキャンプツーリング。

Kawasaki W650で行くキャンプツーリング

kawasaki W650(2004年式) + キャンプツーリング

こんにちは。MAAGZキャンプツーリング部、営業部の橋本です。

MAAGZキャンプツーリング部発足ということで、私の愛車であるKawasaki W650(2004年式)についてや、ソロキャンプスタイルなどをご紹介していきたいと思います。

Kawasaki W650

kawasaki W650(2004年式) + キャンプツーリング

MAAGZキャンプツーリング部の車両は5台。そのうち2台目のKawasaki W650(2004年式)です。

往年の名車、W1(1966年)をモチーフとしたクラシックテイストな外観と、味わい深い650ccのバーチカルツイン(空冷並列2気筒)エンジンを搭載したオートバイです。

1999年に登場し2008年まで生産され、現在は後継型のW800シリーズにバトンタッチしています。

トライアンフ タイガー XRX800(2015年式)

W650の前はトライアンフのタイガーXRX800(2015年式)に乗っており、キャンプツーリングを楽しんでいました。

しかし、もともとスピードにあまり興味がないということ、さらに年をとって嗜好が変わり、よりまったり楽に乗れるオートバイを探していたところこのW650に出会い乗り換えました。

kawsaki W650 スクランブラー仕様

カスタムスタイルはスクランブラー仕様。アップタイプのマフラーや幅広タイプのバーハンドル、小型のベーツライトなどでドレスアップして楽しんでいます。

Kawasaki W650 キャンプツーリング仕様 カスタムパーツ

Sym’z Craft:シムズクラフト  クリエイティブサウンドマフラー フルエキゾースト

kawasaki W650 + Sym’z Craft:シムズクラフト  クリエイティブサウンドマフラー フルエキゾースト

  • Sym’z Craft:シムズクラフト  クリエイティブサウンドマフラー フルエキゾースト

マフラーを、シムズクラフト社製のアップタイプのフルエキゾーストに換装。W650の「スクランブラースタイル」を決定づけるキーアイテムですね。

その他カスタムパーツ詳細はKawasaki W650のレビュー記事にてご紹介したいと思います。

GIVI Ultima-T 65L WP リアバッグで積載量を強化

kawasaki W650 + GIVI Ultima-T 65L WP リアバッグ

 

UT806 - Givi Ultima-T Range防水トップバッグ65Lブラック

UT806 - Givi Ultima-T Range防水トップバッグ65Lブラック

41,910円(03/03 06:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

GIVIの防水バッグ、Ultima-T 65L WPをタンデムシートに積載し、キャンプツーリング時の積載性能を高めました。

あまり積載量の多くないオートバイではありますが、工夫して楽しんでいます。

GIVI Ultima-T 65L WP

  • 寸法:420 x 680 x 340 mm(H x W x D)
  • 容量:65リットル

ターポリン製の内張で完全防水なので、荷崩れのリスク以外はほぼトップケースと同等の使い勝手です。

バッグ底部、センターには凹みがあるため安定感も高いですね。

SW-MOTECH(エスダブリューモテック)  LS2サドルバッグ

SW-MOTECH(エスダブリューモテック)  LS2サドルバッグ

さらに、マフラーがない車体右側にもカバンタイプのパニアケースを装着しています。

こちらはSW-MOTECH(エスダブリューモテック) 製。レジェンドギアシリーズのLS2サドルバッグになります。

容量は13.5L。
MAAGZ橋本のキャンプツーリング装備
これら二つのストレージを装備すれば、ソロキャンプ用のギアはおおよそ入る状態です。

キャンプツーリング装備

ソロキャンプ用テント:テンマクデザイン パンダライト

テンマク デザイン パンダライト

関連記事

テンマクデザイン パンダライト レビュー 軽さと設営の速さに特化したパンダライト [itemlink post_id="11065"] 今回ご紹介するテントはテンマクデザインのパンダライト。※メーカー様からお借りしています[…]

ソロキャンプ用のテントはテンマクデザインのパンダ ライト2kgを切る軽量設計で積載量に制限のあるキャンプツーリングに向いたテントです。

モンベル クロノスドーム2

created by Rinker
モンベル(mont-bell)
¥29,795 (2021/03/03 12:20:05時点 Amazon調べ-詳細)

普段はモンベルのクロノスドーム2型を使っています。さまざまなソロテントの使用感を共有していきたいと思います。

ソロキャンプ用焚き火台

ベルモント社製 焚き火台 TABI(BM-263)

created by Rinker
Belmont(ベルモント)
¥11,000 (2021/03/04 01:22:10時点 Amazon調べ-詳細)

焚き火台はベルモント社製の焚き火台 TABI(BM-263)を愛用しています。

本体重量わずか423gという驚きの軽量設計。キャンプツーリングに最適な一品です。

ヘリノックス チェアワン(コヨーテタン)

created by Rinker
ヘリノックス(Helinox)
¥11,550 (2021/03/03 11:18:27時点 Amazon調べ-詳細)

チェアはヘリノックスのチェアワン(コヨーテタン)。名作ですね。

イワタニ ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

created by Rinker
Iwatani(イワタニ)
¥7,420 (2021/03/03 11:18:27時点 Amazon調べ-詳細)

シングルバーナーはイワタニのジュニアコンパクトバーナー CB-JCB。特別高火力というわけではないのですが、とにかくコストパフォーマンスに優れており、頑丈で長く愛用できる製品です。

SOTOのフィールドホッパー ST-630に乗せて調理することが多いですね。

ちなみに、写真で使用している陣幕は弊社で開発中のプロトタイプです。一見ほぼ完成しているようにも見えますが、細部をしっかりと煮詰めてからリリースする予定です。

Kawasaki W650で行く青野原オートキャンプ場

道志 青野原オートキャンプ場

道志 青野原オートキャンプ場

関連記事

相模原市の青野原オートキャンプ場の訪問レポートブログです。 清流道志川の恩恵を気軽に受けれる、初心者向けのオートキャンプ場になります。 青野原オートキャンプ場訪問レポート 相模原市、道志みち沿いに位置する青野原オートキャンプ場[…]

MAAGZキャンプツーリング初戦ということで、道志みち沿いの「青野原オートキャンプ場」に行ってきました。バイク3台でのキャンプツーリングです。

kawasaki W650 + GIVI Ultima-T 65L WP

キャンプ用品を積載したバイクはかっこいいですね。積載のコツなどもシェアしていければと思います。

Kawasaki W650でキャンプに行こう

kawasaki W650 キャンプツーリング

以上、MAAGZキャンプツーリング部、橋本の愛車Kawasaki W650についてでした。

キャンプツーリング用のギアレビューや、W650でのキャンプの様子などを記録していく予定です。

MAAGZを最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

BMW R1200GSで行くキャンプツーリング こんにちは、MAAGZブログ管理者のikahimeです。 キャンプツーリングに行ってきましたので、愛車のBMW R1200GSやソロキャンプ用の道具をご紹介していきたいと思いま[…]

関連記事

Kawasaki Ninja400Rで行くキャンプツーリング Kawasaki Ninja400R こんちわ!MAAGZキャンプツーリング部、Web事業部のレンジャーです。 今回は、私の愛車であるKawasaki Ninj[…]

LATEST新着記事

MAAGZ ONLINE STORE