NEWS

MAAGZ KITCHEN イタリアンコース。えっ!?キャンプにフルコース…? 【2020年5月13日11:00 販売開始】

MAAGZ KITCHEN  とは

「MAAGZ KITCHEN」とは、手軽さとおいしさの両方を欲張って追及した、MAAGZが提供する料理商品のシリーズです。

  • キャンプで料理に時間をかけず別のことをしたい
  • たまには料理せずに焚き火でもしながらおいしい料理を食べてゆっくりしたい
  • キャンプは好きだけど料理は面倒
  • 調理器具を減らして軽量化したい

など、「キャンプ = 料理」ではない方や、気分や状況によっては料理を重視しない方への一つの選択肢としてご利用いただけるように企画しました。
キャンプ用に考えた商品ではありますが、ご自宅でもどこでも存分にお楽しみいただけます。

シリーズ第一弾は、出張料理人である加藤孝一シェフが作る「季節のイタリアンコース」 。販売開始は2020年5月13日のAM 11:00。数量限定で20%OFF、10%OFF、5%OFFの割引を用意しています。

本記事では、オンランストアの商品説明には書ききれなかった、加藤シェフの料理へのこだわりや、よりおいしく食べるためのワンポイントアドバイスを紹介していきたいと思います。

季節のイタリアンコース

商品名 MAAGZ KITCHEN 季節のイタリアンコース
セット内容 イタリアンコース(1人前)
・メカジキとカポナータのサラダ仕立て
・新じゃがいものボタージュ
・海の幸とカラスミのパスタ
・黒毛和牛A5ランク 大和牛のロースト 焼き野菜添え
・クラシックガトーショコラ

季節のイタリアンコース」は出張料理人、加藤孝一のイタリアンコース料理5品の詰め合わせです。

旬野菜などシェフこだわりの食材をふんだんに使い仕上げました。初夏の陽気に合わせて、冷製でも食べれるお料理もバランスよく取り入れています。
シーズンに合わせて食材も変わるため、コース料理は基本的に期間限定となっております。

作りたての料理をパックしました

保存料を一切使わず、作りたての料理をパックしています。加熱、殺菌処理はしていないので、レトルト食品とは全くの別物です。

レトルト食品は調理済みの食品を袋(パウチ)に入れて密封し、専用の窯で加熱・殺菌すること。
レトルトにかけてしまうとどうしても味が変わってしまうため、ある程度賞味期限は短くして、新鮮な状態でお届けして食べてもらう形にしました。

美味しさを追求した結果、こうした形でのお届けとなりました。そのため、消費期限は少し短めの5日です。

すぐに食べられない場合は冷凍保存もできます。流水で解凍していただくと、冷凍しなかった場合と同じように召し上がりいただけます。

メニュー紹介

季節のイタリアンコース」のメニューについて、加藤シェフおすすめの調理法と、こだわりポイントをご紹介したいと思います。

前菜:メカジキとカポナータのサラダ仕立て

  1. カポナータ、メカジキ、フレッシュ野菜の順に乗せて盛り付け。
  2. 仕上げにオリーブオイルを一回し。冷えたままお召し上がりください。

カポナータとは、なすやパプリカなどの夏野菜をトマトで煮込んだイタリア料理のこと。隣のフランスだとラタトゥイユと呼ばれています。

カポナータだけでも一つのお料理ですが、+αでたんぱく質プラスしたくて、ボイルしたお魚を冷たいソースで食べてもらうお料理にしました。

最後にオリーブオイルを仕上げに一回しすることで香りも楽しめてよりおいしくいただけます。

スープ:新じゃがいものポタージュ

温めても、冷たくしてもおいしく召し上がれます。

  1. 温かくして食べる場合は、湯煎で4分温めます。
  2. 袋から器に移してオリーブオイルを一回し。
  3. 冷たくして食べる場合は、塩を少々ふり味を調えてください。

今はちょうど暑かったり寒かったりするので、その時の気分に合わせられるようなスープに仕上げました。

素材は鹿児島産の新じゃがいもを使用。
南は鹿児島、北は北海道までおいしい新じゃがいもは北上するので、産地は時期によって変えています。

パスタ:海の幸とカラスミのパスタ

  1. パスタを1%の塩分濃度のお湯で茹でます。(2リットルのお湯に20g)
  2. ソースをフライパンで温め、少量のオリーブオイルを入れ乳化(よく混ぜ合わせる)させます。
  3. 茹で上がったパスタの水気をよく切り、フライパンに入れ、ソースと絡めます。
  4. 味をみて、最後にお好みで塩味を調整してください。

アサリのだしをベースにして、魚介とカラスミの風味を良く味わえるようニンニクは入れず、魚介の臭みを取るために日本ネギを入れました。
カラスミは旨味の強いイタリアのシチリア産。味付けは塩とオリーブオイルで仕上げました。

最後に塩味を調整してもらうとより美味しく召し上がれます。市販のものだといろんな調味料使って、少ししょっぱかったり、独特の味がしますよね。
でもこれは手作りなので、最初から塩を入れておけば味が決まる訳ではなく、最後に一振り入れてもらうと味がより整う事があります。

太麺のもちもち麺は、塩とイタリアのセモリナ粉を練りこんだパスタ。卵は使っていないのでアレルギーの方でも大丈夫です。

メインデッシュ:黒毛和牛A5ランク 大和牛のロースト 焼き野菜添え

  1. 野菜は湯煎で4分温めます。
  2. お肉は冷いままコールドビーフで。または火が通りきらないよう、軽く湯煎で温めてお召し上がりください。
  3. お肉は厚めにカット。4切れくらいの大きめがおすすめです。
  4. まずはそのまま味わっていただき、その後お好みで塩とレモンをかけてお召し上がりください。

「うし匠 俵本」さんから仕入れている奈良県の大和牛で、毎月1頭、月初めの週末3日間のみ営業・販売している貴重なお肉です。
食べるとわかりますが、脂が垂れないし肉のうまみもすごい。関西のほうでは、すでにマスコミに取り上げられ始めていますが、東京ではまだあまり知られていないようです。

焼き野菜は、素材を生かすために一つ一つ素焼きして味付けをしています。
まず熱を加えたのち、焦げない程度の油を補って焼きます。そうする事で完全に野菜のうま味を引き出せる。その後、塩とオリーブオイルで仕上げています。
例えば大量のバターで炒めてもおいしいですが、野菜の特徴が無くなってしまいます。

デザート:クラシックガトーショコラ

  1. 冷蔵庫から出し、開封して10分程待つだけ。
天然甘味料のステビアを使い、糖質を抑えたクラシックのガトーショコラです。

動画での解説

動画でも「シェフのおすすめ調理法」を解説していますので、あわせてご覧ください。
※ 映像内最後のメニュー「紅茶のプリン リンゴとレモンのコンフィ添え」は、「クラシックガトーショコラ」に変更になりました。

シェフ紹介

出張料理人  加藤孝一

– 加藤シェフの料理の特徴は何ですか?

最初はクラシックのフランス料理のお店で長くやっていました。その次はスペイン料理、そしてイタリア料理を勉強する機会があり、イタリア料理の道に入りました。

だから西洋料理全般が僕の守備範囲です。その中でも、イタリアの料理がベースになっていて、塩とオリーブオイルで素材を大事にして料理しているのが今の特徴かな。

– なぜ出張料理をやっているのですか?

出張料理人は、自分から攻めていけるところが魅力です。お客様と顔を合わせて挨拶をして、料理を作って、その手で提供する。接客から調理まですべて一人

いろんな会話をして、その時の季節や仕入れ状況に応じてお出しするお料理のこだわりも説明しながら食べてもらっています。

一組のお客様のために料理が作れるのが嬉しくて。率直な感想も直に伝わるし、僕としてはタイプがあっているのかな。

ユウマ
オーダーメイド感がありますし、距離感が近いですよね。
加藤氏
まあ、お店も同じですが、よりリアルに伝わるのが出張料理の魅力です。

今後の展開

今後は、季節に合わせた新しいコースを用意していきます。

また、今回はワンプライスでご提供となりましたが、いろんな価格帯の料理も用意する予定です。

ユウマ
予算に合わせた料理が選べるようになるんですね。期待しています!
加藤氏

様々なシチュエーションに合うように、頑張ります。

 

季節のイタリアンコース」には、加藤孝一シェフの食材や調理法へのこだわりはもちろん、一つ一つのメニューに対して「お客様に喜んでもらいたい」というこだわりを詰めこみました。

この美味しさを知ってしまった私は、まずは両親にプレゼントしようと思います。

より多くの人に加藤シェフのこだわりが届きますように!

NEWSカテゴリ新着記事

LATEST新着記事