MAAGZ オンラインストアはこちらから
GEAR

VOLVO 940クラシック エステートでキャンプ。

ボルボ940 クラシック エステートとは

今回取材した車両はボルボ940 エステート。

740(1985年デビュー)の後継車種で1990年から1998年にかけて生産された、ミディアムクラスのセダン/ステーションワゴン。試乗車はワゴン版(エステート)で年式は不明。
関連記事

ボルボ240 エステートとは ボルボ240 エステートとは、ボルボ(スウェーデン)が1974年から1993年まで製造し、285万台以上が販売されたベストセラーモデルです。ボクシーな姿はフライング・ブリック(空飛ぶレンガ)と呼ばれて[…]

前回ご紹介した’240’と比べるとやや「新しい」雰囲気のデザインです。とはいえ、令和の目線で見ればこれも十分にネオクラシックな風情です。

240と同様に年代が比較的新しいということもあり旧車の中では壊れにくく、パーツ供給も潤沢なため維持しやすいのも特徴の一つ。

「古いボルボ。」というと壊れるイメージがありますが、ミッションはアイシン製の4AT(トヨタ車と同じ)ですし、ボルボは最長走行距離のギネス記録もあるメーカー。

実は頑丈で故障しにくいのです。

乗用車の走行距離のギネス記録は、1966年に米国で購入された『Volvo P1800』(約450万キロメートル)

取材した車は「940GL TURBO」というグレード。

搭載しているエンジンは2.3ℓの直4SOHCターボ、165馬力を発生。エンジン縦置きのFR駆動で、4速ATとの組み合わせ。

240のエンジンがノンターボで115馬力ですので、940の方が高速道路などでのアドバンテージは明らか。

関連記事

[キャンパー取材] 達朗氏のキャンプスタイル 不定期連載のキャンパー取材です。今回は、Web/グラフィック/サウンドなど様々なデザイン、クリエイションを手掛けるアーティスト、達朗氏のキャンプサイトを取材させていただきました。 音[…]

240と940を良く知る240オーナーに話を伺いました。

達朗氏
走りは240より「現代の車感」があって、パワーも余裕があります。車に何を求めるかですね。のんびり行きたければ240でも十分です。

ボディサイズは全長4850mm、全幅1755mm。

240は4785mm、全幅1715mmでしたので、940の方が少しだけ大きいですね。

四角四面のサイドビュー。伸びやかなスタイリングが美しいですね。

インテリア

インテリアです。外観同様、カクカクとした四角を基調としたシンプルなモノ。

こちらのグレードはウレタンのハンドルノブで、木目パネルの加飾などもなく質素な雰囲気です。

無駄がなく「質実剛健」な印象。カセットデッキが泣かせます。現代の車のような豪華さはありませんが、シンプルで非常に潔いですね。

メーターパネルも実にシンプル。アナログクロックが大幅にスペースをとって鎮座しているのが時代を感じさせます。

シートはグレーのファブリック。ただし現車は運転席以外はレザーシート仕様でしたのでオリジナルはレザーの可能性が高いです。

運転席&助手席はパワーシート仕様。3名までのメモリー機能も付いています。この辺りは、実質上当時のフラッグシップモデルであったことに由来する装備ですね。

>>次ページではボルボ940の広大なラゲッジルームをご紹介!

LATEST新着記事

MAAGZ ONLINE STORE