MAAGZ オンラインストアはこちらから
DIY

[DIYシリーズ]バックソーの作り方。「キャンプで薪作り」に最適。折りたたみ式ノコギリより圧倒的に早く切れるすごいヤツ!

海外のブッシュクラフトで定番のノコギリ「バックソー」。
YoutuberのBertramに影響されて使うようになったのですが、折りたたみ式のノコギリを使うのがバカバカしくなるくらい早く切れるので薪作りや工作が楽になりました。

簡易的に作るのであれば図面は不要で、その辺の山やホームセンターで適当な木を手に入れれば簡単に作れてしまいます。
扱うには少し慣れが必要ですが、良く切れて見た目も自分好みにアレンジできるオススメのノコギリなので、特徴と作り方を簡単にまとめてみました。

バックソーとは?

出典:Wikipedia

欧米で古くから使われている伝統的なノコギリです。主に木材の切断、薪作り、開拓などに使われていた物ですが、携帯製の良さからキャンプでも使われることが増えたようです。

 

自作バックソー

よくキャンプで使われている小型の折りたたみ式のノコギリだと、5~8cm程が限界ですが、バックソーなら直径15~20cmの木でも切断することができます。

構造

自作バックソー

H型のフレーム上部に付けた紐に棒を通し、何度も巻きつけて内側に引っ張ることで、横に通っている棒が支点となり、ブレードが外側に引っ張られてがっちり固定されます。

 

自作バックソー

長さは少しありますが、分解して収納できます。

ブレードの形状

自作バックソー

日本のノコギリとは違い、押しても引いても切れるような形状になっています。
目は通常目(DRY WOOD:乾燥木用)特殊目(GREEN WOOD:生木用)の2種類。
通常目は比較的乾燥した硬い木に向いており、特殊目は生木のような比較的軟らかい木に向いているそうです。
実際に乾燥した木材で切断テストをしてみたところ、特殊目は引っかかりが強くスムーズに鋸を引けませんでした。切る対象によって良し悪しはあると思いますが、個人的な感想としては通常目の方が汎用性が高い気がします。
通常目でも目が荒すぎると引っかかりが強く刃を入れにくいので、小さい木も切りたい方は少し細かい目のものを選ぶといいと思います。

必要な道具・材料

自作バックソー

  • バックソーブレード
  • ナイフ
  • ノコギリ
  • 彫刻刀 or ノミ
  • 木材

ブレード

自作バックソー

日本で取り扱っているところが少なく、ブレードの入手難易度は少し高めです。
切れ味が良いと言われているBACHO社のブレードがオススメです。通常は3000円程ですが、かなり値上がりする時もあります。
購入の際は通常目(DRY WOOD)と特殊目(GREEN WOOD)を間違えないようにしましょう
長さは21インチ(全長約600mm、刃渡り約530mm)と18インチ(全長約530mm、刃渡り約450mm)の2種類をよく見かけます。
長さが短い方が取り回しが良いですが、材に対して刃渡りが2~3倍の長さが最適と言われているので、大きな木を切る場合は長い方が有利です。

created by Rinker
Bahco
¥10,003 (2020/09/23 12:54:48時点 Amazon調べ-詳細)

ナイフ

自作バックソー

今回はモーラナイフ コンパニオン ヘビーデューティを使用。
特に指定はありませんが、背を叩いて使うので厚めの刃のものをオススメします。

created by Rinker
モーラナイフ(Morakniv)
¥2,640 (2020/09/23 04:44:34時点 Amazon調べ-詳細)

ノコギリ

自作バックソー

精度は求めないので切れれば何でもOKです。
バックソーブレードを使って作ることもできるようです。

彫刻刀 or ノミ

自作バックソー

フレームの接合部を作るのに使います。ノミのように叩いて使えるタイプのものが理想です。
ナイフでも代用可能。

自作バックソー

拾ってきた広葉樹の枝を使いました。
余裕を持って1.5mくらいの棒を2本くらい用意しました。
太さは直径30〜40mmくらいあれば強度的には十分だと思います。

自作バックソー

ROTHCO(ロスコ)4mmのパラコードを使いました。
かなり強く引っ張られるので、強度が高い紐を選びましょう。

制作手順

棒をカット

自作バックソー

棒をノコギリでカット。左右の棒2本、中央の棒1本の計3本を用意します。
左右の棒の長さはブレードの半分以上にします。
短すぎると中央の棒とブレードの間が狭くなり、太い木を切りにくくなってしまいます。
中央の棒は、ブレード + 5~10cmくらいの長さにしておいて後で調整します。
ブレードを置いて直角になるように棒を並べて寸法の確認をします。

紐を掛けるための溝を作る

バックソーDIY

左右の棒上部の外側に、紐を掛けるための溝を作ります。

 

自作バックソー

ナイフを叩いて切り込み作り、斜めにナイフを入れてラッチノッチを作ります。
使用する紐の直径よりノッチが深くなるまで繰り返します。
切込みを入れる場所は自由ですが、組み立て時に張力が均一になるように、左右で切り込みの位置がずれないようにしてください

ブレードを固定するための溝を作る

バックソーDIY

左右の棒下部の外側に鋸刃を固定するための溝を、先端から2cm弱くらい離れた位置に作ります。

 

自作バックソー

直径1cm弱の棒がハマるくらいの溝であれば形状はなんでも構いません。

接合部を作る

自作バックソー

彫刻刀使って左右の棒と中央の棒を接合部を作っていきます。
左右の棒がメス、中央の棒がオスです。
接合部を丸くすると使っている時にずれたり回ったりするので四角にします。
1.5cm程深さがあればしっかり固定できます。

 

自作バックソー

片側ができたら一度はめてみて中央の棒の長さを確認してみます。
長すぎるようなら切って調整します。
長さの調節ができたら反対側も同様に削ります。

ブレードを通す溝を作る

自作バックソー

左右の棒の下端に鋸を入れて、3cm程の深さの溝を作ります。

 

自作バックソー

ブレードをはめて、ナイフで掘った溝とフレームの穴が同じ位置に来るくらいの深さになるように調整します。

鋸刃を固定するため棒を作る

自作バックソー

鋸刃に空いている穴に通る細さの棒を2つ作ります。
細すぎると折れてしまうので、少しキツイくらいのサイズで作りましょう。

紐を巻きつける棒を作る

自作バックソー

このような棒を作ります。紐が引っかかる溝を作って置くとズレ防止になります。

 

自作バックソー

棒の長さは紐と中央の棒の間 + 6〜8cmくらい。
短すぎるとちょっとしたことで外れてしまいます。
また、長すぎると中央の棒の下側にはみ出て、使っている途中で木材に当たってズレてしまうことがあります。
短い場合は修正が効かないので、少し長めに取って調整しながら試してみてください。

組み立て

自作バックソー

フレームを組みます。

 

自作バックソー

ブレードを通して固定用の棒を差し込みます。

 

自作バックソー

紐を通し、ブレードにテンションが十分にかかるまで巻きつけます。

 

自作バックソー

これで完成です。

まとめ

InstagramやYoutubeでも素敵なバックソーを自作している人がたくさんいるので、色々試してみて自分なりの形を見つてみるのも面白いと思います。
また、自作が面倒ならフレームとセットになっている商品もありますが、金属製のフレームが多く格好良くないので、個人的にはあまりオススメできません。

ノコギリは大半のキャンパーにとって必要ではない道具だとは思いますが、持っていると薪作りや工作などやれることの幅が広がります。
バックソーに限らず、ノコギリがあれば普段のキャンプとは違った楽しみ方を発見できるかもしれないので、是非試してみてください。

MAAGZブログを最後までお読みいただきありがとうございました。

created by Rinker
Bahco
¥10,003 (2020/09/23 12:54:48時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
モーラナイフ(Morakniv)
¥2,640 (2020/09/23 04:44:34時点 Amazon調べ-詳細)

LATEST新着記事