MAAGZ オンラインストアはこちらから
NEWS

横浜 FREEDOM GARAGE [フリーダム ガレージ]。希少な焚き火台の相談ができるプロショップ。

FREEDOM GARAGE [フリーダム ガレージ]

■FREEDOM GARAGE
〒224-0064 横浜市都筑区平台1-28 ドミール平台1階
電話:045-479-1158
営業時間:土日祝13:00~18:00/平日 13:00~19:00
定休日:月(祝日の場合は翌日)
https://www.facebook.com/cgf.freedom/
https://www.instagram.com/freedom_garage_official/
横浜市都筑区にて、国内ガレージブランドを中心に取り扱うセレクトショップ「FREEDOM GARAGE(フリーダム ガレージ)」が2021年11月にオープンしました。

フロアマネージャーの西出氏に、同社ならではの強みを伺ってきました。

ガレージブランドの焚き火台を多数展示

店内に入ってまず目につくのは、国内ガレージブランドの焚き火台たち。量販店ではなかなか見かけることのできない希少な焚き火台を多数取り揃えています。

一例ですが、こちらは人気のアイアンギア専門ガレージブランドIRON CRAFT(アイアンクラフト)の煌 (きらめき)。レーザー加工で施された和柄がカッコいい焚き火台です。

こちらはDAMAGE MARK(ダメージマーク)のHEXIBON (ヘキボン)。無骨な黒皮鉄とオルテガ柄が印象的な焚き火台です。

無骨なだけでなく、折りたたみ式とすることで可搬性にも考慮した作りです。

こちらは相模原市発のガレージブランド MITARIWORKS(ミタリワークス)のTakibi Stand(タキビスタンド)。プレート同士をパズルのように組み合わせて使う斬新な焚き火台です。

国内ブランドだけでなく、海外ブランドもバランスよくセレクト。

こちらはカナダのアウトドアブランドSPORTES Outdoor Tools(スポルテス アウトドアツールズ)の直火用焚き火台、ハイドロボンファイア。

薪5本を焚き火台に丸くなるように置くとスウェーデントーチとして使用することができます。

 

ガレージブランドからリリースされている個性豊かな焚き火台を、複数台比較したり、実際に使い勝手を試しながら検討することができますね。

西出氏の経歴

サビ風塗装を施したシェルコンリッド

店内には、サビ風塗装が目立つカッコいいシェルコン&シェルコンリッドが展示されていました。実はこれ、以前西出氏が開発したモノ。

ご自身でDIY塗装して少量販売していたそうですが、クオリティの高さが評判となり、たくさんのバックオーダーを抱えるほどに。

実は、このシェルコンリッドの事業を売却し「FREEDOM GARAGE」を立ち上げられました。

店内にはシェルコンのほか、ドラム缶や製品ラックなどがサビ塗装されており、遊び心が感じられる店内になっています。訪れた際はぜひ探してみてください。

こだわりのセレクト

マニアックすぎず、普通すぎず

「マニアックすぎず、普通すぎず。」専門性を持ちつつも、入りにくいプロショップにはなりたくない。そんな思いからセレクトした製品の数々。

製品の種類ではなく、ブランドごとに整列してあるのもこだわりの一つ。ブランドそれぞれの雰囲気や世界観がとても掴みやすいのが印象的でした。

メジャーブランドもあります

スタンレーのタンブラー、オレゴニアンキャンパーの収納ケース、SOTOのトーチ、イーグルプロダクツのケトルなどなどメジャーブランドも仕入れているので、網羅的なキャンプ用品のショッピングを楽しむことができます。

売れ筋ベスト3

山のU アサオブライフテーブル

ガレージブランド、山のUからリリースされている人気の三脚サイドテーブル、アサオブライフテーブル(写真中央)。

こちらがかなりの売れ筋製品で、人気の秘密は「カワイイ系のルックス」。

男性キャンパーが、一緒にお買い物にきた奥様を説得しやすいのがポイントなんだとか。なるほど…。

ワットノット ワンタッチバケット

関東圏では取り扱い店舗の少ないワットノットのアイテムもずらり。中でも、ほぼワンタッチで組み立て可能な収納バケット「ワンタッチバケット」は飛ぶように売れています。

2000円を切るプチプライスで、作りもしっかりとしたワンタッチバケットは、何も買う予定が無かった。というお客さんもつい触手が伸びてしまいます。

ZULU GEAR ST-310用ゴトク

名古屋発のガレージブランド ZULU GEARのゴトクサポーター、Wheel-G。タイヤホイールをモチーフにしたユニークなルックスと、黒皮鉄の無骨さが魅力的です。

こちらもプチプラなのに利便性やデザイン性が高く売れ筋製品となっています。

MAAGZ RAPCAを展示中

FREEDOM GARAGEで、弊社製焚き火台RAPCAを展示していただいています。他社さんの焚き火台と比較することもできますので、自分にマッチした焚き火台と出会うことができますね。

ネットで実物を見ないで買う場合より、良い買い物が出来る確率はぐっと高まるはずです。特に焚き火台は高額アイテムなので尚更ですよね。

訪れた際はぜひご覧ください。

もちろん、焚き火台だけでなく焼き網、鉄板、TAKIBIツールバッグ、焚き火陣幕NOMADなど弊社製品を幅広く取り扱いいただいています。

その他気になったもの

こちらは台湾のガレージブランド、日月鉄工所のランタン&インディアンハンガー「鉄男」。鉄製の無骨なインディアンハンガーで、耐荷重は40キロとめちゃくちゃ頼もしいスペックです。

かなりレア度の高いアイテムですね。

こちらはrainbow adventure designのバッグたち。本気仕様のミルスペックがウリのカバンメーカーで、ログキャリーバッグを中心とした各種収納ケースをリリースしています。

いずれも細部までこだわった超本格派で、店頭でディティールをチェックすることが可能です。

ロゴマークについて

FREEDOM GARAGEのロゴマークは、宮城県・福島県を拠点に活動しているアウトドアデザインユニット「Lock」によるもの。

「Lock」はOUTDOOR MONSTERと呼ばれるキャラクターのイラストを手がけています。写真は、茨城にある創業100年のほうじ茶にこだわりをもつ茶舗 「大島園」さんとコラボしたTEABOYです。

ガレージブランドの知見が集まった稀有なプロショップ

以上、FREEDOM GARAGE訪問レポートでした。

様々なガレージブランド製品に精通した西出氏が、ニーズにマッチした製品を親身になって提案してくれる頼れるプロショップです。

MAAGZを最後までお読みいただきありがとうございました。

■FREEDOM GARAGE
〒224-0064 横浜市都筑区平台1-28 ドミール平台1階
電話:045-479-1158
営業時間:土日祝13:00~18:00/平日 13:00~19:00
定休日:月(祝日の場合は翌日)
https://www.facebook.com/cgf.freedom/
https://www.instagram.com/freedom_garage_official/

LATEST新着記事

MAAGZ 2022 NEW PRODUCTS