MAAGZ オンラインストアはこちらから
GEAR

モンベル バロウバッグ[BurrowBag]#1 レビュー。買いやすい良品寝袋。

モンベル バロウバッグ[BurrowBag]#1 レビュー

お父さんの財布に優しい、モンベル バロウバッグ[BurrowBag]#1のレビューです。スタンダードなシュラフです。

monbellからは様々なシュラフがリリースされており、収納サイズ・価格・性能を考慮した結果、BurrowBag#1をチョイスした…

と言いたいところですが、キャンプ超初心者の頃に右も左もわからない頃、購入した製品です。

 

もちろん、今でもキャンプ初心者には変わらないのですが、それなりにいろんな他社製品なども触ってみました。

結果、BurrowBag#1の良さが際立つように思います。

 

というわけで、モンベル BurrowBag#1の良さをご紹介していきたいと思います。

メリット

  • お値段以上の暖かさで、優れたコストパフォーマンス。
  • ダウンシュラフと比較しても、さほど大きくない。
  • 触り心地(寝心地)が良い。

SPEC

品名 BurrowBag#1
サイズ 収納時 ∅21.8×43cm(13L)
総重量 1,680g(1,781g) ※( )内はスタッフバッグを含む総重量です。
生地 表地 40デニール・スーパーマルチ・ナイロン・タフタ
構造 スーパースパイラルストレッチ™ システム
使用温度 コンフォート -3℃
リミット -9℃
エクストリーム -27℃

#1の表記について

製品名の末尾についた「#1」の表記についてですが、シュラフの「対応温度」を表す表記になります。

この「#1」の数値が大きくなるほど、対応温度も上がります。

#0 → 冬用
#5 → 夏用

今回ご紹介するバロウバッグ#1は、#0の次に暖かいモデル、ということですね。

 

使用温度がコンフォート-3℃、リミット-9℃、エクストリーム-27℃。

【コンフォート温度】
一般的に代謝が低く寒さに弱い人が、リラックスして寒さを感じることがなく睡眠が出来る。

【リミット温度】
一般的に代謝が高く寒さに強い人が、寝袋の中で丸まった状態で寒さを感じることなく睡眠が出来る。

【エクストリーム温度】
一般的に代謝が低く寒さに弱い人が震えを伴いながら6時間持ちこたえられる。モンベルではこの温度域は非推奨。

 

寝袋のレビューで難しいのは、暖かさについては、個人的な感覚にまみれてしまうということです。

しかし、一応お伝えしておくと、気温0度程度で就寝しても寒さを感じることはありませんでした。

 

人によっては#2のモデルで平気で冬キャンプに出かける猛者もいるんだとか..

とはいえ流石に0度以下の気温になる場合には、#1以上のモデルをお勧めします。

 

というのも、この「対応温度」についてはやや余裕を見ておいた方が良い、という意見が多数を占めるからです。

具体的には、「記載温度+5℃程度」を目安に考えると良いと言われています。

出典:CAPTAINSTAG

個人的にも賛同できる意見でして、「バリバリ代謝が良くて寒さに強い人」なんてそんなに多くないと思いますし、単純に寒いのはイヤだからです(笑)

ディティール

フード&肩が絞れる

フード&肩が紐で絞れる仕様。2本ドローコードが出ています。外側がフード、内側が肩ですね。

だいたい、多くのシュラフがこういった「2重で絞れる仕様」となっていますが、BurrowBag#1も例に漏れずその仕様となっています。

また、フードと肩それぞれに大判のマジックテープが付属し、しっかりと冷気をシャットアウトします。

YKK製ジップ

YKK製のジップは、両端に大きめのコードが付属し、引っ張りやすいですね。

足下側にもジッパーが付いており、ちょっと暑いなあ、なんて時に重宝します。

そして、R/ZIP(右ジッパー)、L/ZIP(左ジッパー)仕様がリリースされています。良く利き手側が良い、なんてお話も聞いたりもしますが、「お好みでドウゾ。」と言ったところ。

しかし、このBurrowBag#1唯一の泣き所と言えるのが、ジップ開閉時に、やや噛みやすいということです。

 

関連記事

ナンガ オーロラライト600dx レビュー   https://www.instagram.com/p/BhGiK8vgu-k/?utm_source=ig_web_copy_link   [[…]

ちなみに、ハイエンドモデルであるNANGAのシュラフは「噛み込み防止ジップ」仕様でした。

噛み込み防止ジップ、めちゃくちゃいい感じなのです…モンベルさんも何とか頑張って搭載してくれないでしょうか…

触り心地良好な生地感

生地は、特別に高級な仕立て…というわけではないのですが、ところがコレがナカナカにシルキーな触り心地でして。

もちろん個人の感覚の違いもありますので、難しいところではあるのですが、結構触り心地(寝心地)は良いです。

お値段以上の感覚と言っていいモノで、コスパに優れたmont-bellらしさに溢れています。

スーパースパイラルストレッチ™ システム

「スーパースパイラルストレッチ™ システム」と呼ばれる、斜め方向の裁断&縫製。

出典:mont-bell

もっとも生地のストレッチが効く方向(斜め)にすることで、135%もの伸び率を実現している、とのこと。

実際に、体の自由が非常に良く効く印象で、窮屈さを感じにくい感覚を得られます。

そして、斜め基調がデザイン上のアクセントにもなっており、非常にかっこいいですよね。

底冷え解消方法

どんなシュラフでも起こり得ますが、シュラフ単体で寝た場合は体重によりダウンが潰されて十分な空気が確保出来ずに、底冷えが起こります。

 

関連記事

サーマレスト Z-LITEソル(レギュラー) レビュー [itemlink post_id="997"] スリーピングマット界のデファクトスタンダードとも言える、サーマレストZ-LITEソル(レギュラー)のレビューです。 […]

そこで寝袋を潰さないよう凹凸の付いたサーマレスマットを下に敷いて寝ると、その性能を最大限に発揮することが出来ます。

 

関連記事

ヘリノックスのコットワン コンバーチブル+コットレッグのレビューです。 お高いですが、マルチなスリーピングマットでした。 ヘリノックス コットワン コンバーチブル レビュー [itemlink post_id="905"][…]

また、マットに下にはコットを設置し、地面から体を離すスタイルがもっとも効果的です。

意外と大きくない

非ダウン素材、化繊系のシュラフ…ということで、気になるのはその仕舞寸法ですよね。

ナンガのオーロラライト600dxと比較してみたのですが、確かに一回り大きいのは事実です。

 

しかし、それほど劇的な差があるかと言えば、そこは正直疑問が残るところです。

BurrowBag#1でも、十分にコンパクトな仕舞寸法であると感じます。

さらに、BurrowBag#1のメリットとして、収納袋に入れる際に非常に入れやすいことが挙げられます。

なぜなら、収納袋がギッチギチではなく、少し余裕を持ったサイズ感となっているためです。

袋の外側にこのように逆転防止のバックルが6箇所ついており、これを引っ張ることでどんどん圧縮する仕様です。

公式では、コンプレッション可能な外袋、と呼んでいますね。

 

これが非常に簡単でとても効率よく収納することができます。

 

逆にいうと、純正の収納袋はやや大きめの作りで、シュラフの本来のコンパクトさを損なっている感じもあります。

デメリット:防水機能は特に無し

デメリットとしましては、防水仕様は謳われていないということでしょうか。

 

しかし、テント幕内に発生した結露が付いてしまったことがあったのですが、少なくとも沁みてくるようなことは無かったですし、汗を書いた時にもめっちゃ不快というわけでもありませんでした。

なので、それなりの防水透湿性能はあるような感覚があります。

 

とは言え、過信は出来ないので、必要であれば別途シュラフカバーを用意すると安心ですね。

まとめ

以上、monbellのバロウバッグ#1のレビューについてでした。

もちろん、もっと安価なシュラフも市場には溢れています。

とは言え、やはり「寒いキャンプ」というのは本当に辛いものがありますので、少し奮発してこのクラスのシュラフを購入することを強くお勧めします。

maagzを最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

ナンガ オーロラライト600dx レビュー   https://www.instagram.com/p/BhGiK8vgu-k/?utm_source=ig_web_copy_link   [[…]

LATEST新着記事