MAAGZ オンラインストアはこちらから
GEAR

ナンガ オーロラライト600dx レビュー。朝、シュラフから出たく無いやつ。

ナンガ オーロラライト600dx レビュー

ナンガ オーロラライト600dxとは

Nanga(ナンガ)オーロラライト600DX

ダウンシュラフのトップブランド、ナンガ ・オーロラライト600DXのレビューです。スパニッシュダックダウン(羽毛)を使用したシュラフで、フィルパワー760FP。

バックオーダーを抱えることも珍しく無い人気のシュラフです。

ナンガからは様々なモデルがリリースされておりますが、収納サイズ・価格・性能のバランスを考えてオーロラライト600DXをチョイスしました。

ナンガ オーロラライト600DX

冬キャンプで使い込んできたので、その性能をレビューしてみたいと思います。

先に使用感をまとめると以下。

  • 関東周辺のキャンプ場(標高1000m程度まで)であれば厳冬期もOKな保温性
  • 永久保証付き(修繕。ただし程度により有償)
  • MADE IN JAPAN。自社工場による生産で高品質
  • 頭・首元・ファスナー周りなど寒いところに工夫アリ

ナンガ オーロラライト600dxのSPEC

品名 オーロラライト600DX
サイズ 使用時 210cm×80cm
収納時 Φ17×31cm
総重量 1,050g
生地 表地 20dnオーロラテックス
裏地 20dnナイロンタフタ
フィルパワー 760FP
ダウン量 600g
内部構造 台形ボックスキルト構造
使用温度 コンフォート -4℃
リミット -11℃
エクストリーム -30℃

ディティール

フードが絞れる

ナンガ オーロラライト600DX フード

フードは紐で絞れる仕様。

肩が絞れる

ナンガ オーロラライト600DX 肩

肩も状況に応じて絞ることが出来ます。

また、フードと肩には特に多くダウンが配置されています。冷えることの多い部位が強化されているのは嬉しい配慮ですね。

フード&肩のジップにより顔がほとんど露出せずに就寝可能です。

YKK製の蓄光素材&噛み込みしにくいジップ

ナンガ オーロラライト600DX 噛み込み防止ジップ

出典:NANGA

YKK製の蓄光素材を採用したジップは、就寝前の暗い状態でもファスナーの位置を容易に見つけることが出来ます。

また、ジップ開閉時に、非常に噛みずらいのが快適です。

この手のダウン系シュラフは、モノによってはジップに噛んでしまうことが多発することが多いのですが、その点オーロラライトシリーズは非常に快適な操作感覚となっています。

夜就寝前にジップを噛んでしまうあの煩わしさと言ったらもう…という訳でこう言った細やかな配慮は非常に嬉しいところですね。

NANGAブランドがかっこいい

ナンガ オーロラライト600DX ロゴ

このNANGAのシュラフ、そのメリットは様々ですが、個人的にはとにかく「モノとしてカッコいい」というところがお気に入りです。

数珠のアイテム達で武装したキャンプサイトを一層強化してくれる事は間違いありません。

就寝前に、主張しすぎないNANGAのロゴマークがチラッと見える時、至福のひと時が味わえるのです。(謎)

防寒性テスト

西湖(最低気温0度)

ナンガ オーロラライト600DX 西湖にて

西湖のキャンプ場で使用してきました。(気温は0度ほど)

外は非常に寒いため、いくら760フィルパワーのシュラフといえど暖かさについて少し懐疑的でしたので、ユニクロインナーダウンにパタゴニアのレトロXを着用しながら寝てみました。

 

結果、むしろ気温0度程度でしたら、逆にあまりにも暖かくなってしまうので、もっと薄着で寝ることをお勧めします。

暑すぎて朝、無意識に上半身をシュラフから露出して寒くて起きたのは内緒です(笑)

 

もちろん、シュラフに入っている時には一度も目を覚ますことなく快眠できました。

(実際に就寝している写真がなくてすいません。寝るとき=シュラフを使用するとき。なので撮り忘れてしまうやつです笑)

西湖(最低気温-4℃)

関連記事

PICA富士西湖 訪問レポートブログ 山梨県南都留郡富士河口湖町、西湖の湖畔に位置するPICA富士西湖の訪問レポートブログです。 訪問日は2020年12月25日〜27日。 設備の整った高規格キャンプ場 […]

LATEST新着記事

MAAGZ ONLINE STORE