GEAR

ソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480 レビュー。コスパ良し、燃焼良し。なガストーチ。

ソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480 レビュー

ソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480

created by Rinker
ソト(SOTO)
¥2,200 (2020/04/03 02:04:44時点 Amazon調べ-詳細)

ソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480のレビューです。焚き火の着火役として定番の製品ですよね。

ライターやチャッカマンと比べて、その優位性はどこにあるのかチェックしてみたいと思います。

SPEC

本体サイズ 幅3.5×奥行1.8×高さ11-18.5cm
重量 55g
原産国 日本
  • 火口がのびる小型耐風バーナー。
  • 使用時は伸ばして安全に、収納は縮めてコンパクトに。
  • 炎温度1,300℃の強力耐風バーナーが、アウトドアシーンをバックアップ。
  • さまざまなものに安全着火。
  • 燃料は充てん式。経済的なカセットガスの他、ライターガスも使用できる。

ディティール

CB缶から補填可能

ソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480 CB缶からガス補填

created by Rinker
Iwatani(イワタニ)
¥4,180 (2020/04/03 02:04:45時点 Amazon調べ-詳細)

コストパフォーマンスの良い、いわゆるCB缶からガスを充填して使用します。燃料をコンビニやドラッグストア、ホームセンターなどどこでも仕入れることが出来ますね。

その他、ライターガスからの補填も可能。

補填口

ソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480 補填口

右端に見えますのが、ガスの補填口です。漏れなく、しっかりと充填することが出来ます。

噴出量の調整ツマミ

ソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480 噴出量調整ツマミ

真ん中に見えますのが、噴出量の調整ツマミ。+と−の表記があり、ツマミをひねって調整します。

ストラップを付けれる

伝わりにくくて恐縮ですが、噴出量の調整ツマミの下に穴が空いており、ストラップを取り付け可能です。

伸縮式

ソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480 伸縮式

伸縮式であることが、一つセールスポイントですよね。

こちらは畳んだ状態。ポケットにスルッと入るコンパクトさがあります。使い捨てのチャッカマンには出来ない芸当です。

ソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480 伸縮後

伸縮部分を伸ばした図。

伸縮部の長さは約9cmほどになります。数値だけを見ると短く思えますが、ちゃんと着火しやすい長さです。(着火風景は、後述)

ヒートガード付き

ソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480 ヒートガード

伸縮部分には、樹脂製のヒートガードがついています。

ヘッド部分が熱くなっても伸ばせますね。安全に配慮されており、非常に好ましい仕様です。

ガス量確認窓

ソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480 ガス量確認窓

ガス量を確認するための窓が、本体のサイドに設けられています。

残量を明確に把握することが出来ますね。

セーフティスイッチ

ソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480 セーフティスイッチ

親指で押しているのが、セーフティスイッチになります。写真はONの状態。

右方向にカチッとずらすと、着火出来なくなります。いわゆるチャイルドロックとして有効です。

火力が強い

ソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480 火力

公式の説明では、「炎温度1,300℃の強力耐風バーナー」となっております。

 

これがどの程度かと言いますと、普通のライターの炎温度は約800〜1000℃で、ターボライターが約1200〜1400℃。出典:JT

つまり、普通のライターよりも火力に優位性があり、ターボライターと同等レベルと考えて間違いないです。(感覚的にはそれ以上な気もします)

 

日中の撮影ですのでいまいち火力が伝わらないのですが、ゴーッと音を立てて、勢いよく火がつきます。

風が強い日も消えにくいですよ。

重量

ソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480 重量

重量は、50gちょっと。カタログ値の55gより若干軽いですね。

ガスが空の状態で計測したからでしょうか。

着火しやすい長さ

ソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480 着火しやすい長さ

伸縮部分を伸ばした状態ですと、着火がしやすい長さです。指がアチっ!となることも無いですね。

写真のように上から着火しても、角度を付けれるので安全です。

ソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480 着火しやすい長さ

また、横方向からも着火しやすいですね。

関連記事

笑's コンパクト焚き火グリル B-6君 レビュー [itemlink post_id="649"] 超人気の笑'sコンパクト焚き火グリル、B-6君のレビューです。埼玉県の「有限会社昭和プレス」さんで製作されている、いわゆる[…]

今回のテストでは小型の焚き火台(笑’s B-6君)を使用していますが、通常サイズ(3〜4人向け)の焚き火台に点火する際も着火しやすい感覚です。

デメリット:ガス量確認窓が読みづらくなってくる

デメリットとしては、使用を重ねるうちに、ガス量確認窓が曇ってきて読みづらくなってくることです。

とはいえ、1年程度使い込んでやっとそのようになってくる、という感じでしたので、使い捨てのチャッカマンやライターを使用するよりも、すでにコスト的には十分ペイできる段階ではあります。

 

それから、個体差が激しいようです。

私のは正常に長期間使えておりますが、友人所有のモノは購入後すぐに着火がしにくくなりました。また、ガス補填口が詰まり、正常に使えなくなったそうです。

Amazonのレビューでも、良かったレビューと、不具合が発生したレビューが入り乱れております。

 

ちゃんと使えるとホントに良い製品だと感じましたので、品質向上を願います。

まとめ

  • 小型で火力の高いガストーチ
  • キャンプに一つあると重宝する
  • 使い切りで無いため、コストパフォーマンスに優れる

以上、ソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480のレビューでした。

実用製品ですが、バーナーなどで有名なSOTO製ということで、チャッカマンやライターよりも気分が上がるのも地味に嬉しいポイントです。

maagzを最後までお読みいただきありがとうございました。

created by Rinker
ソト(SOTO)
¥2,200 (2020/04/03 02:04:44時点 Amazon調べ-詳細)

LATEST新着記事