MAAGZ オンラインストアはこちらから
GEAR

ワークマン ワークグローブ[WG-800](レザーグローブ)をキャンプで耐熱目的で使ったレビュー。価格以上の実力にオドロイタ。

ワークマン ワークグローブ[WG-800](レザーグローブ) キャンプレビュー

ワークマン ワークグローブ[WG-800](レザーグローブ) レビュー

どうも、ワークマンマニアです。

牛床革製のレザーグローブ、ワークグローブ[WG-800]を、現場で「焚き火グローブ」として使用してきました。

正式名称は、「牛床革オイル内縫い内綿付き手袋」になります。

795円とプチプラですが、その耐熱性はかなりのモノでした。

SPEC

製品名 ワークマン ワークグローブ[WG-800] 牛床革オイル内縫い内綿付き手袋
素材 牛 床革(とこがわ)
SIZE
カラー ブラウン
価格 795円(税込)

ディティール

立体裁断

ワークマン ワークグローブ[WG-800](レザーグローブ)立体裁断

指先は立体裁断となっており、指入れがスムーズですね。

内綿付き

ワークマン ワークグローブ[WG-800](レザーグローブ)内綿

超リーズナブルプライスなのに、しっかりとした内綿付き。もちろん指先までしっかりと付いています。

牛皮のみですと、指入れした際にゴワゴワしがちなので嬉しい配慮。

また、これのお陰で耐熱性も上がっているように思います。

内縫い

ワークマン ワークグローブ[WG-800](レザーグローブ)内縫い

指先は全て内縫い仕様。ほつれなど無縁で、タフユースに最適です。

いやあ、レベル高くないですか..??

牛 床革(とこがわ)

ワークマン ワークグローブ[WG-800](レザーグローブ)牛 床革

素材は、牛の床皮(とこがわ)製。質感としては「スエード」だと思って良いです。オイル加工も施されているということで、しっとりした感触。

親指部分

ワークマン ワークグローブ[WG-800](レザーグローブ)パッチ

もっとも負荷のかかる親指周辺は、パッチが当てられており、耐久性を考慮した作りが見て取れます。

肉を掴む

ワークマン ワークグローブ[WG-800](レザーグローブ)肉を掴む

正直かなり出来が良くて、普通に焚き火ツールとして愛用しています。

写真は、焚き火の直火で焼いているローストポークを掴んでいる図。ぜんぜん熱くないぜ。(本当です)

ワークマン ワークグローブ[WG-800](レザーグローブ)肉を掴む

焚き火台から下ろしたローストポークを、「開封の儀」しているところです。

レザーが分厚すぎないので、こうした細かい作業も難なくこなします

薪を掴む

ワークマン ワークグローブ[WG-800](レザーグローブ)薪を掴む

焚き火台に薪を投入する図。これまたぜんぜん熱くないですし、絵的にも普通にかっこいい。

もちろん特にメーカー側で「防炎」を謳っている訳ではないので、過信は禁物ですが…

ダッチオーブンを掴む

ワークマン ワークグローブ[WG-800](レザーグローブ)ダッチオーブンを掴む

ダッチオーブンのフタを掴んでみた。写真はラザニアを調理中。グツグツと煮えており、フタ部分は100度近い温度です。

10秒ぐらいでしたら全く問題ありませんでした。

バトニングにも使える

ワークマン ワークグローブ[WG-800](レザーグローブ)バトニング

ナイフを使用して薪を叩き割る手法である、「バトニング」にも使えます。

  • ナイフから手を守ってくれる
  • 薪のササクレが指に刺さらない
  • グリップ力も軍手より優れている
  • 適度にクッション性もある

ガンガン薪を叩き割るのでかなり手に負担がかかるのですが、すこぶる快適です。

洗濯出来る

ウォッシャブルというのも見逃せないですね。石鹸で丁寧に洗ってみたのですが、縮みや色落ちなどなく綺麗に復活させることが出来ました。

たったの795円ということもあり、もしボロボロになりすぎたら買い直すという手段もありますね。

いやマジですごいぞ。

デザインもGOOD

ワークマン ワークグローブ[WG-800](レザーグローブ)デザイン

明るすぎず、暗すぎずなブラウンのカラーリングはなかなか素敵で、なんならちょっとしたオシャレ感すら感じます。

サイズ感

MサイズとLサイズがありまして、Mサイズをチョイス。使用例は、小柄な男性(164cm)で手も小さいです。

手が大きい方はLサイズをチョイスすると良いと感じます。参考までに。

スノーピーク キャンパーズミトンと比べてどうか

ワークマン ワークグローブ[WG-800](レザーグローブ)スノーピーク キャンパーズミトンと比較

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥4,180 (2020/08/09 06:57:11時点 Amazon調べ-詳細)

スノーピークのキャンパーズミトンも愛用しているので、比較です。

 

キャンパーズミトンの方が肉厚で、より耐熱性は優れています。ただし薄手のワークグローブの方が細かい作業は得意。

 

また、キャンパーズミトンは各部の縫製が丁寧で「良いモノ感」を味わうことが出来ます。

ワークグローブの質感はそれなり。

 

ただしレザーの感じなどはそこまで大きな差があるとは思えず、ワークマンのコスパの良さが光ります。

デメリット

ワークマン ワークグローブ[WG-800](レザーグローブ) デメリット

デメリットとしては、素材特性上、仕方がない部分かもしれませんが、表面のレザーが舞い散るということです。

特に使い始めた頃は顕著で、気になると思います。

しかし使い込んでいくうちに落ちきりますので、最初だけです。(2〜3回ぐらい使用したらあまり気にならなくなりました。)

まとめ

以上、ワークマン ワークグローブ[WG-800]のレビューでした。

軍手を使い捨てするよりもコスパに優れていると感じますし、有名メーカーのレザーグローブにも全く引けを取らない使用感で驚きました。

耐熱グローブを安価に済ませたい場合は、ワークマンへGO!ですね。

maagzを最後までお読みいただきありがとうございました。

ワークマンオンラインストアはこちらから

LATEST新着記事