MAAGZ オンラインストアはこちらから
GEAR

BUNDOK(バンドック)ソロティピー1 TC【BDK-75TC】 レビュー。軍幕ライクな傑作ソロティピー。

バンドック ソロティピー1 TC レビュー

バンドック ソロティピー1 TCとは

バンドック ソロティピー1 TC

今回ご紹介するテントはバンドックのソロティピー1 TC。※メーカー様から提供していただきました。

主にソロキャンプ向けのティピー(ワンポール)テント。フライシートにTC素材(ポリエステルとコットンの混紡生地)を採用。通気性に優れ、焚き火の火の粉にも強い仕様です。

 

タープ代わりに使えるフラップ付き、さらに渋いカーキのカラーリングが「映える」軍幕風のルックスで2万5千円弱というロープライス。

(カラーリング違いの「BUNDOK ソロティピー 1 TCサンドベージュ」も有ります。)

Amazonで売れに売れまくっている名作テントで、その人気の秘密を探ってみたいと思います。

※Amazonのテント売れ筋ランキング1位(2020年12月)

バンドックは、新潟県三条市に本社を置く株式会社カワセが手掛けるアウトドアギアブランド。ツーリングやソロキャンパー向けのキャンプ道具を多数リリースしています。

(三条市はスノーピークやユニフレームの本拠地でもあり、「モノづくりの街」として知られています。)

優れたコストパフォーマンスを誇るテントが特に人気で、今回ご紹介する「ソロティピー1 TC」の他、パップテントの「ソロベース」など名作揃いです。

バンドックのソロテント ラインナップ

BUNDOK(バンドック) ソロ ティピー 1 BDK-75

ソロ ティピー 1 BDK-75
ソロ ティピー 1 BDK-75
created by Rinker
BUNDOK(バンドック)
¥12,800 (2021/03/03 10:16:21時点 Amazon調べ-詳細)

フライシートにポリエステル製素材を採用したソロ ティピー 1 BDK-75。今回ご紹介する「ソロティピー1 TC」に比べるとより軽量、かつ安価なテントです。

バンドック ソロベース

バンドック ソロベース
バンドック ソロベース

パップテントの「ソロベース」というモデルもあります。こちらも大ベストセラーのソロテント。

パップテントとは、いわゆる「軍幕」の一種で、軍人が使用するために開発された軍用テントです。別名「ハーフシェルター」、「シェルターハーフ」などとも。

本来2人用として使われるのですが、ソロキャンプ用として使う場合がほとんど。設営が簡単で、片方の幕を跳ね上げてシェルターにもなる汎用性の高さも魅力。

バンドック公式ページ

ソロティピー1 TCのスペック

製品名 ソロティピー1 TC
素材 ●フライ/コットン混紡生地(ポリエステル65%・コットン35%)
●インナー/ポリエステルメッシュ
●ポール/アルミ合金
収納サイズ 約440×240×240mm
組立サイズ 約2400×2400×1500mm
インナーテントサイズ インナーサイズ/約2200×1000×1350mm
重量 約4.8kg
付属品 フライシート×1・インナーシート×1・メインポール×1・サブポール×1 ペグ×14本・ロープ×5本 ・収納ケース×1

※ソロティピー1TCの仕様諸元です。

ソロティピー1 TCを青野原キャンプ場で試し張り

ソロティピー1 TC 青野原キャンプ場 試し張り

関連記事

相模原市の青野原オートキャンプ場の訪問レポートブログです。 清流道志川の恩恵を気軽に受けれる、初心者向けのオートキャンプ場になります。 青野原オートキャンプ場訪問レポート 相模原市、道志みち沿いに位置する青野原オートキャンプ場[…]

気温0度の青野原オートキャンプ場で、キャンプツーリングに最適なテントを求めて試し張りしてきました。

積載量に限りのあるバイクですので、キャンプに行くなら荷物は軽くコンパクトにしたいもの。そんな時、軽量なソロティピー1 TCが適しています。

先に使用感をまとめると以下。

  • 軍幕ライクな渋いデザイン
  • 相当にしっかりとしたマテリアル
  • キャンプツーリングに適したサイズ感と重量
  • 設営、撤収が簡単
  • TC素材と長めのスカートで真冬でもOK

ディティール

付属品

バンドック ソロティピー1 TC 付属品一覧

早速付属品を見ていきます。

左から収納袋、フライシート、インナーテント(フルメッシュ)、ポール(2本)、アルミVペグ(14本)。(張り綱はフライに取り付け済み)

シンプルなティピータイプのテントなので構成はシンプルです。ただし、フロントフラップを跳ね上げるためのポールが1本多いのが特徴です。

バンドック ソロティピー1 TC 取り扱い説明書

説明書が収納袋に縫い付けられています。これは無くさずに済むので嬉しい配慮。

純正ペグ

ソロティピー1 TC 純正ペグ

純正ペグはアルミのVペグ。

ソロティピー1 TC 純正ペグ

グリーンのアルマイトが美しい仕上がりです。「屈強」と呼べるほどの強度は持ち合わせていないのですが、必要にして十分な強さ。

ただ少し短めという印象はありますので、宿泊する土地の地質によっては少し長めのペグが必要になる可能性もあります。

バイクへの積載

ソロティピー1 TC バイク 積載

バイク(BMW G310GS)への積載方法です。今回はGIVI製パニアケース(TREKKER DOLOMITI)の上部に括り付けて運搬しました。タンデムシートに載せても良いですね。

ソロティピー1 TC 仕舞寸法

仕舞寸法が小さいので運搬に困るようなことはありません。

全体図

ソロティピー1 TC 全体図

張った姿を斜め後ろから見た図です。ドアは前後にあります。後述しますが前側は大きめなフロントフラップで、後ろ側はシンプルなセンターファスナー仕様です。

ソロティピー1 TC ロゴマーク

前にはロゴマークが記載されているのでテントの向きは簡単に分かります。

マテリアル

ソロティピー1 TC マテリアル

フライマテリアルはTC素材(ポリエステル65%・コットン35%)。個人的には焚き火の火の粉に強いところが好みで、TC素材のテントを選ぶことが多いです。

ポリエステル素材と比べて少し重さはありますが、小さなソロテントであればそこまで重量が増えないのも良いですね。

ソロティピー1 TC マテリアル

非常にしっかりとしたマテリアル、という印象で質感が高いですね。

ソロティピー1 TC 遮光性

就寝したときに遮光性が高いのが印象的でした。内部が暗いテントがお好みの場合にマッチするかと思います。

ドアパネル

ソロティピー1 TC ドアパネル

フロントのドア(フラップ)を開けた図です。ソロティピー1 TCの特徴のひとつである大きめなフロントフラップ

他社製のソロ向けティピーテントと大きさ自体は変わらないのですが、フロントフラップをポールで跳ね上げた分、広々と空間を使うことが可能です。

日陰を作ることが出来て、場合によってはタープを使わなくても済む点が嬉しいですね。

ただし、フラップ仕様について一点だけ気になる点がありました。フルクローズ時にテント内側で余ったフラップを留めるための機構がありません

そのため長いフロントフラップがテント内に垂れてしまいます。

現行のモデルは対策済みで内側でロールして格納できるように改良されているそうです。(メーカー確認済み)

 

張り網は前後4箇所 + フロントドアのフラップに1箇所。

ソロティピー1 TC ポール 2本付属

安価なテントなのにポールが2本付属するのも嬉しいですね。(別売りというテントも多いです)

「ポールが細くて不安。」というレビューを見かけたのですが、個人的にはそれほど気になりませんでした。

必要にして十分の剛性があるように感じます。

※仮にもしポールの細さが原因でテントが倒れてしまったとしても、テントサイズ的にそれほど危険な目にあうようなこともないと思います。

ソロティピー1 TC フロントフラップ

フラップのジップ部分はシングルジップ仕様。欲を言えばダブルジップが欲しいところです。ジップの上に比翼(前立て)がついているので防風、防水性も考慮されています。

ソロティピー1 TC フロントフラップ

フロントドア(フラップ)は必ずしもポールで立てる必要はなく、写真のように巻きつけてもOK。

くるくるとロールして格納する仕組みです。

ベンチレーター

ソロティピー1 TC ベンチレーター

大きめのベンチレーターが装備されており、非常に通気性が高いです。マジックテープで立てる仕様。

ソロティピー1 TC ベンチレーター

ベンチレーターは左右2箇所に装備されています。

インナーテント

ソロティピー1 TC インナーテント

インナーテントはハーフタイプのフルメッシュ仕様。吊り下げ式で、下部はバックルでフライシートと固定する仕組みになっています。

基本的にインナーテントの向きは、正面から見て横向きのみの設定となります。フロントドアが斜め開きになっているため、インナーテントを縦向きで固定することが出来ないためです。

 

使用したのは1月の道志、青野原キャンプ場で、フルメッシュだと寒いかな?という懸念がありましたが、がっしりとしたTC素材フライシートのおかげで寒さは感じにくかったですね。

ソロティピー1 TC インナーテント

インナーテントでの就寝イメージ(身長163cmの男性)です。

前室

ソロティピー1 TC 前室

前室です。特別広いわけではないのですが、必要にして十分なスペースが確保されています。

関連記事

ヘリノックス Helinox タクティカルテーブル ブラック M レビュー ヘリノックス Helinox タクティカルテーブル ブラック Mとは [itemlink post_id="2020"] ヘリノックスのタクティカ[…]

参考までに、左に置いたテーブルはタクティカルテーブル ブラックM(幅57×奥行40×高さ38cm)となります。

オレゴニアンキャンパー 防水グランドシート

created by Rinker
Oregonian Outfitters(オレゴニアン アウトフィッターズ)
¥4,950 (2021/03/03 11:37:54時点 Amazon調べ-詳細)

オレゴニアンキャンパーの防水グランドシート Mサイズを敷くとピッタリです。

天井

ソロティピー1 TC 天井

ポールを立てるセンター部分には特に当て布などは施されていません。しかしTC素材が厚手なのでよほど回数を重ねない限りは大丈夫だと思います。

さらにポール先端が丸みを帯びているので心配ないでしょう。

メリット

拡張性の高いフロントフラップ

ソロティピー1 TC フロントフラップ

長めのフロントフラップは設営の自由度を上げてくれます。同じサイズのティピーテントの中では有効スペースが広いですね。

比較的軽量

ソロティピー1 TC 重量

フライ、インナー、ポール、収納袋で約5.1kg。TC素材なのでポリエステル製のテントなどと比較すれば多少重たいものの、キャンプツーリングでも許容範囲内の重量に収まっています。

設営と撤収は簡単&スピーディー

ソロティピー1 TC 設営

設営方法は他のティピーテントと同様にシンプルかつスピーディです。まず、四隅をペグダウン。

ソロティピー1 TC ポール

その後、ポールを中から立てるだけ。

長めのスカート

ソロティピー1 TC 長めのスカート

長めのスカートが標準装備されているため、寒さに強いテントです。

スカートもフライマテリアル同様のTC素材。ある程度重さがあるため、風が強い日もばたつきにくくさらにペグ固定用のループも付いていて、下から冷気が入りにくい。

最低気温が0度になったこの日はとてもありがたかったですね。

スカートを巻きつけるための紐が用意されているので、夏場などはスカートを巻き上げて通気性を重視することが可能です。

この日持っていった寝具は下記の通り。

シュラフ:ナンガ オーロラライト600DX

関連記事

ナンガ オーロラライト600dx レビュー ナンガ オーロラライト600dxとは https://www.instagram.com/p/BhGiK8vgu-k/?utm_source=ig_web_copy_link [[…]

焚き火に強いTC素材

ソロティピー1 TC 焚き火に強いTC素材

そしてなにより、TC素材の恩恵によって近くで焚き火をしたときに気を使いすぎないで済むこと。これは本当に助かりますね。

まとめ

  • 軍幕ライクな渋いデザイン
  • 相当にしっかりとしたマテリアル
  • キャンプツーリングに適したサイズ感と重量
  • 設営、撤収が簡単
  • TC素材と長めのスカートで真冬でもOK

以上、バンドックのソロティピー1 TCのレビューでした。

ミリタリーテイストなデザインが気分を盛り上げてくれますし、使い勝手についても隙のないものでした。この価格でこの仕上がりは驚きしかなく、販売No.1というのも納得のテントです。

MAAGZを最後までお読みいただきありがとうございました。

LATEST新着記事

MAAGZ ONLINE STORE