MAAGZ オンラインストアはこちらから
GEAR

モルジュ テントサウナ&INTENT STOVEレビュー。どこでもモバイルサウナは最高に「ととのう」

テントサウナ購入のキッカケ

MAAGZの事務所に、モルジュのテントサウナ(モバイルサウナ)がやってきました。どうしてテントサウナを購入したの?と言いますと、キッカケがありました。

少し前に長野県蓼科高原にあるキャンプ場HYTTER LAKESIDE LODGEに訪れた際に、キャンパーに向けた屋外サウナサービスがあり、そちらに入浴したのです。

そこで、キャンプ+サウナの素晴らしさに目覚めてしまいました。この素晴らしさをまた味わいたい。そう考えたとき、モバイルサウナの購入は自然な流れでした。

モルジュ テントサウナとは

出典:サウナキャンプ

モルジュは、ロシアのモバイルサウナメーカーです。

テント内で薪ストーブを炊くことで室内温度を高め、サウナとして使用する仕組み。国内では唯一サウナキャンプさんが代理店となっています。

本国ではド派手なカラーリングしかないモルジュを、日本のキャンパー達の嗜好に合わせ幕体をブラックで別注したようです。

今回は、そんなモルジュのサウナ入浴についてレビューをお伝えしたいと思います。

モルジュ テントサウナのディティール

幕体

テント幕体は保温性の高い中綿入りのキルティング仕様。真冬でも幕内に十分な熱気を保つことが可能な断熱仕様となっています。

大型の窓付き

サイドの2箇所にビニール製の大きな窓が装備されています。開放感のあるテントサウナを楽しむことができます。

薪ストーブ INTENT  STOVE

薪ストーブは、INTENT  STOVE製。あまり聞き馴染みのないブランドですが、ロシアのメーカーです。

「INTENT STOVE」はサイドパネルを開くことによって、対流を生みます。下から冷たい空気が取り込まれ、暖めながら上部へ流れていきます。対流が作られるため、ロウリュした蒸気が自然と降り注ぎます。ストーブ自体の燃焼効率も高く、薪の消費量が少ないのもポイント。また、排煙と炉のスペースが区切られているため、
雨が直接炉に入り込まない構造になっています。

一見するとただの箱型に見えますが、サイド部分に空気の通り道が設けられています。それにより、水をかけて「ロウリュ」をした際に蒸気が立ち上る仕掛けです。

ロウリュは、フィンランドに伝わるサウナ風呂の入浴法の一つである。熱したサウナストーンに水をかけて水蒸気を発生させることにより、体感温度を上げて発汗作用を促進する効果がある。サウナストーンに掛ける水には、アロマオイルなどが加えられる

ストーンガード

オプションのストーンガードとサウナストーン(20kg)も購入しました。

ストーンガード…ストーン設置用のホルダーパーツ。熱効率の一番良い煙突近くにストーンを設置することができるようになります。ストーブ天板の保護にも役立ちます。

サウナストーンは河原の石などを使うと爆(は)ぜてしまうことがあるため、専用品が好ましいとのこと。

これらを導入することで、サウナストーンの上に水をかけて「ロウリュ」をすることが出来ます。

ガラスドア

こちらもオプション品で、INTENTストーブ用のガラスドアも購入しました。ストーブ内の燃焼具合を目視することができて、火力調整が容易になります。

本格的なサウナ入浴が可能

モルジュのサウナ機能は本物です。火入れしてからものの30分程度で、室内温度は90度〜100度程度まで一気に上昇。ほぼ公衆浴場と同等レベルのサウナ入浴をすることが可能です。

「テントが張れるところならどこでもサウナが味わえる。」という素晴らしさを誰でも簡単に味わえます。

テントサウナのメリット

会話ができる

気の置けない仲間と、自由に会話が楽しめます。

プライベート空間

公衆浴場でのサウナ入浴と違って、知らない人の汗がしみたタオルを気にする必要がありません。

自由に入浴可能

自由なタイミングでサウナを楽しむことができます。オフィスに常設したので、仕事の合間にリラックスするために入浴しています。サウナ好きにとって理想的な環境ですよね。

モルジュ使用上の注意点

テントサウナ可かどうか

キャンプ場によってテントサウナの可否は分かれます。事前に必ず確認するようにしましょう。

上半身裸での入浴に注意

男性はつい上半身裸で入浴したくなります。しかし半裸の男がウロウロしている姿は、人によっては不快感を覚えることもあります。

キャンプ場など公共の場では見られることも意識して、露出しすぎない服装で入浴するのがマナーだと感じます。

具体的には、ラッシュガード + スイミングパンツなど遊泳出来るような姿が望ましいですね。

一酸化炭素中毒に注意

一酸化炭素中毒の危険性がありますので、一酸化炭素チェッカーは必須です。

>>次ページでモルジュの弱点をご紹介

LATEST新着記事

RAPCA STOVE(ラプカストーブ)クラウドファンディング Makuake 実施中