GEAR

Anker社「Anker PowerHouse」ポータブル電源レビュー。車中泊・キャンプ必須バッテリー。

Anker社「Anker PowerHouse」ポータブル電源 レビュー

高品質なモバイルバッテリーを多数リリースするAnker社。

同社の大型ポータブル電源、「Anker PowerHouse」のレビューです。軽量なリチウムイオン電池を使用した超大容量のバッテリーになります。

 

サイズは20.0 x 16.5 x 15.0 cm。ポータブル電源としては小型な部類で、重量は約4.2kg。

軽量なリチウムイオン電池を使用しているため、バッテリー容量を考えるとコンパクトです。

100,000mAh以上の容量で、運搬可能なバッテリーです。100W以上のAC出力(コンセント)があり、家電製品を駆動することが可能。

ディティール

フロント部分

フロント部分は黒い樹脂製で、液晶ディスプレイと充電用端子(INPUT)、そして出力用のインターフェースが並んでいます。

出力インターフェースは左から、

  • シガーソケット(12V)
  • USBポート×4(USB)
  • AC(コンセント)

となっています。出力端子それぞれの詳細です。

シガーソケット

120W出力対応のシガーソケット。

USB端子×4

USB端子は、USB-A端子が4口。4つ合計で30W(ワット)まで対応。

ワット数の算出は

ワット数(30W)=電圧値(5V) x 電流値

となります。

つまり、トータルで6Aの電流出力に対応します。急速充電のアンペア数は

  • ガラケー  0.5A
  • スマホ  1.0A
  • タブレット  1.5A

なので、これらモバイル端末を4台同時接続でもOK。

さらにPowerIQに対応しているため、接続した端末によって、充電時の電流値を自動的に調整してくれます。

PowerIQ・・・充電ポートに接続された機器を自動的に検知し、最適な電流を送るANKER社が開発した機能。

一般的に家庭で使う電化製品などは幅広く給電できる仕様です。

AC出力(コンセント)

最後に、120WのAC出力(コンセント)です。

こちらは434Wh(ワットアワー)の容量で、(W)と時間(h)の掛け算表記。

 

例えば400Whなら、100Wの家電製品を4時間使用可能。これは400Wの家電製品を1時間使えることでも有ります。

しかし上限ワット数が120Wに定められているので、実はそれ以上のワット数の家電は扱うことができません。

 

120Wを超えていないか注意が必要です。というか、超えていると作動しないのですが…

試しに1300Wのチェーンソーを動かそうとしたら、全く動きませんでした(汗

切り替え

それぞれ端子上にある「12V」「USB」「AC」ボタンを押すことで、出力のオンオフを切り替えできます。

ONになっている端子が、液晶部分に表示されます。また、120Wまでであれば2/3を同時に使用可能です。

背面

背面も同様に黒い樹脂製。スリットと冷却孔が付いています。

サイド部分

サイド部分の素材はアルミニウム。塗装はややザラザラとしたような梨地仕上げで、アップル製品のような高級感があります。(使い込んでいるため、やや汚いです)

取っ手

取っ手の裏地にはゴム素材が貼り付けてあり、持ちやすい。

底部

底部には大きめのゴムが4つ配置されており、置く場所を選びません。

付属品

付属品はACアダプター、DCケーブル(充電器ですね)。

Micro USBケーブルも付属していたのですが紛失しました(汗

充電方法

充電方法は、付属のACアダプターをコンセントに接続し、正面左側にあるDC入力に丸端子ケーブルを刺します。

充電中はディスプレイにバッテリー残量(%)INPUTが表示されます。

120,600mAhの超大容量

最大の利点は、120,600mAhの超大容量バッテリーである事。

Ah(アンペア)で表される数値は、「充電できる容量」だと考えて良いですね。

 

例えば10,000mAhのモバイルバッテリーは、約3,000mAhの容量があるiphone11 proを「3回」充電できます。

余談ですが

  • MacBook→約12,000mAh
  • ipad pro 12.9インチモデル→約10,000mAh
  • ipad pro 11インチモデル→8,000mAh

つまり、120,600mAhのAnker PowerHouseは、iPhone 11proを約30回MacBookやipad proも10回程度充電可能です。

あくまで計算値ですので誤差は生じるかと思いますが、いかに大容量であるかが分かるかと思います。

どうして高額なのか

と、ここまででAnker PowerHouseのメリットをご紹介してきましたが、流石に5万円近い出費となると、手痛い出費であることは間違いありません。

なぜここまで高価なのか。と言いますと、ひとえに使用しているリチウムイオン電池が高価であるからです。

鉛バッテリーとの比較

趣味でマリン用の鉛バッテリー(ボイジャーM27MF)を取り扱うことが多いので、参考までに比較してみたいと思います。

M27MF PowerHouse
サイズ 高さ:22.7  長さ:17.2 幅:32.0cm 高さ : 15.0 長さ : 16.5 幅 : 20.0 cm
重さ 23.6kg 4.2kg
容量 105,000mmAh 120,600mAh

 

マリン用鉛バッテリーは、105,000mmAhの容量となります。そのくせ重量は23.6kgと、腰が砕けそうになるぐらい重たいです。

一方で、ANKER PowerHouseは120,600mAhで、重量はたったの4.2kg。

 

いかにリチウムイオン電池が優れているか伝わりますでしょうか。これほどまでの大容量がたったの4.2kgというのはめちゃくちゃすごいことです。

デメリット

デメリットとしましては、低温での使用時に電力供給が弱くなってしまうということです。

この製品特有ではなく、リチウムイオン電池全般に言えることなのですが、極端な寒さに弱いということです。

 

具体的には、野外(キャンプサイト)で照明を照らすために使用したのですが、気温が0度ぐらいの環境で使用したら急速に電力供給が弱くなってしまったことがありました。

その時は、予備で持って行った鉛バッテリーに助けられました。気温に関係なく安定した電力供給をするのは鉛バッテリーに一日の長があります。

 

圧倒的な軽さで、夢の大容量を実現するリチウムイオンバッテリーですが、それだけ注意が必要となります。

まとめ

  • 軽量かつ超大容量である
  • 高級感のある見た目
  • 出力に様々なインターフェースがあり、使い勝手が非常に良い
  • 高価だが、鉛バッテリーと比較するとそのメリットが際立つ
  • ただし低温には注意

以上、ANKER PowerHouseのレビューでした。

maagzを最後までお読みいただきありがとうございました。

LATEST新着記事