MAAGZ オンラインストアはこちらから
GEAR

Anker社「Anker PowerHouse」ポータブル電源レビュー。車中泊・キャンプ必須バッテリー。

Anker社「Anker PowerHouse」ポータブル電源 レビュー

大型ポータブル電源 Anker PowerHouse レビュー

高品質なモバイルバッテリーを多数リリースするAnker社。

同社の大型ポータブル電源、「Anker PowerHouse」のレビューです。軽量なリチウムイオン電池を使用した超大容量のバッテリーになります。

 

サイズは20.0 x 16.5 x 15.0 cm。ポータブル電源としては小型な部類で、重量は約4.2kg。

軽量なリチウムイオン電池を使用しているため、バッテリー容量を考えるとコンパクトです。

100,000mAh以上の容量で、運搬可能なバッテリーです。100W以上のAC出力(コンセント)があり、家電製品を駆動することが可能。

ディティール

フロント部分

フロント部分は黒い樹脂製で、液晶ディスプレイと充電用端子(INPUT)、そして出力用のインターフェースが並んでいます。

出力インターフェースは左から、

  • シガーソケット(12V)
  • USBポート×4(USB)
  • AC(コンセント)

となっています。出力端子それぞれの詳細です。

シガーソケット

120W出力対応のシガーソケット。

USB端子×4

USB端子は、USB-A端子が4口。4つ合計で30W(ワット)まで対応。

ワット数の算出は

ワット数(30W)=電圧値(5V) x 電流値

となります。

つまり、トータルで6Aの電流出力に対応します。急速充電のアンペア数は

  • ガラケー  0.5A
  • スマホ  1.0A
  • タブレット  1.5A

なので、これらモバイル端末を4台同時接続でもOK。

さらにPowerIQに対応しているため、接続した端末によって、充電時の電流値を自動的に調整してくれます。

PowerIQ・・・充電ポートに接続された機器を自動的に検知し、最適な電流を送るANKER社が開発した機能。

一般的に家庭で使う電化製品などは幅広く給電できる仕様です。

AC出力(コンセント)

最後に、120WのAC出力(コンセント)です。

こちらは434Wh(ワットアワー)の容量で、(W)と時間(h)の掛け算表記。

 

例えば400Whなら、100Wの家電製品を4時間使用可能。これは400Wの家電製品を1時間使えることでも有ります。

しかし上限ワット数が120Wに定められているので、実はそれ以上のワット数の家電は扱うことができません。

 

120Wを超えていないか注意が必要です。というか、超えていると作動しないのですが…

試しに1300Wのチェーンソーを動かそうとしたら、全く動きませんでした(汗

切り替え

それぞれ端子上にある「12V」「USB」「AC」ボタンを押すことで、出力のオンオフを切り替えできます。

ONになっている端子が、液晶部分に表示されます。また、120Wまでであれば2/3を同時に使用可能です。

背面

背面も同様に黒い樹脂製。スリットと冷却孔が付いています。

サイド部分

サイド部分の素材はアルミニウム。塗装はややザラザラとしたような梨地仕上げで、アップル製品のような高級感があります。(使い込んでいるため、やや汚いです)

取っ手

取っ手の裏地にはゴム素材が貼り付けてあり、持ちやすい。

底部

LATEST新着記事

MAAGZ ONLINE STORE