MAAGZ オンラインストアはこちらから
GEAR

SOTO シングルバーナー レギュレーターストーブ ST-310&Gストーブ ST-320 2種比較レビュー。手軽なCB缶仕様が嬉しいやつ。

シングルバーナー レギュレーターストーブ ST-310 レビュー

created by Rinker
ソト(SOTO)
¥5,947 (2020/07/10 05:56:06時点 Amazon調べ-詳細)

気軽に入手可能なCB缶(カセットボンベ)缶を燃料源とする人気のアウトドアバーナー、SOTOのレギュレーターストーブST-310のレビューです。

 

その名の通り、「マイクロレギュレーター=ガスの圧力を調整する装置」が搭載されており、寒さに弱いというCB缶の弱点を制御で補ってくれます。

しっかりとしたゴトクや、仕舞寸法のコンパクトさも魅力のシングルバーナーです。

CB(カセットボンベ)缶とOD(アウトドア)缶

アウトドア用のガスバーナーには、カセットボンベ(CB)缶と、アウトドア(OD)缶の2種類の燃料源があります。

それぞれの特徴をさらっとご紹介します。

CB缶の特徴

created by Rinker
¥648 (2020/07/09 17:35:32時点 楽天市場調べ-詳細)
  • コンビニやドラッグストアなどどこでも入手できる
  • コストが安い
  • 一般的に、出力はOD缶に劣る
  • 低温に弱い

OD缶の特徴

created by Rinker
¥495 (2020/07/10 17:30:44時点 楽天市場調べ-詳細)
  • アウトドアショップなど限られた販売店でしか売っていない
  • CB缶より高価
  • 一般的に、出力が強い
  • 低温にも強い

今回ご紹介するSOTO社のバーナーは、より手軽なCB缶を利用したバーナーとなります。

SPEC

サイズ(mm) 幅170×奥行150×高さ110(使用時、本体のみ)
幅140×奥行70×高さ110(収納時、本体のみ)
重量 350g(本体のみ)
発熱量 2.9kw(2500kcal、ST-760使用時)
使用時間 約1.5時間(ST-760使用時)
使用燃料 SOTO専用容器(ST-760、700)
点火方式 圧電点火方式
付属品 専用収納ケース

ディティール

単体での姿

単体での立ち姿です。機能美というか、非常にシンプルで美しい佇まいですよね。

ヒートガード

大判のヒートガードが装着されています。

バーナーの上に乗せたものから発生する、いわゆる「輻射熱」(下向きに反射する熱)が直接CB缶に当たることを防いでくれます。

ガス調整ツマミ&点火スイッチ

ガス調整ツマミと、点火スイッチは、CB缶の向かい側に配置。

調整つまみは非常に使いやすいです。

SOTO シングルバーナー レギュレーターストーブ ST-310

しかし正直言って、点火スイッチはやや押しにくい位置かもしれません。反対側を抑える必要があります。

また、使用中に火が消えてしまった場合で、ゴトクが熱くなっている時などやや難儀します。

 

SOTO社でもこのデメリットは認識しているようで、垂直方向にスイッチが押せるようになる「アシストスイッチ」が別売りで販売されています。

しかし、こちらはぜひ標準装備して欲しいところです。

重量

重量は単体で344g。カタログ値の350gをやや下回りました。

メリット

気温0度程度までならすこぶるパワフル

気温0度程度までであれば、全く問題なく使用できるパワフルさが魅力です。いわゆるドロップダウンも起こらず、快適な使用感でした。

ドロップダウンとは

低温時に気化熱によって缶の温度が下がる事で、缶内のガスが気化できず、燃焼できなくなる現象のこと。

火がつかなくなったり、火力が極端に弱くなってしまう。

ランニングコストが安い

SOTO パワーガス ST-760

メーカー公式の説明ですと、CB(カセットボンベ)缶は専用のモノ(ST-760)を使用してくださいと明記があります。

しかし、一般的に販売されているCB缶はJIS規格適合品で統一されているため、ホームセンターやドラッグストア、コンビニ等で購入した格安のCB缶でも全く問題なく使用可能です。(周知の事実ではありますが、念の為。)

 

ランニングコストが非常に安く、ガンガン遠慮なく炊けるのが強みですね。

 

ただし安価なCB缶はガスボンベ内のガス種類の混合比率が違っており、低温に強い高価なガス(イソブタンやプロパン)がケチってあります。

そのため、極端な低温時はハイパワータイプのやや高価なCB缶がおすすめです。

ゴトクの安定感が高い

公式の説明ですと、直径19cmまでの大なべ使用が可能、となっているゴトク。両端サイズ(ゴトクの下の部分)は約20cm。

OD缶を燃料とするシングルバーナーに比べると大きめで使いやすいです。

直径約12cmのナベを置いてみましたが、非常に安定感は高いです。

ただし、さすがにダッチオーブンなどは厳しい感覚です。(小型軽量のシングルバーナーでやろうとすることが間違っている、という感じですよね)

コンパクトである

仕舞寸法はかなり小さいですね。(iphoneXとの比較。画面割れ失礼します 笑)

専用の収納袋も付属し、どこへでも気軽に持ち運びすることが可能です。

ただし後述するST-320と比べると形状的には凹凸があります。

分離型シングルバーナーST-301と迷った場合

シングルバーナーST-301という、分離型タイプのシングルバーナーもリリースされています。

分離型はゴトクがガス缶と分離しているため、輻射熱を心配せずに長時間に渡る調理が可能です。

分離型のST-301ではなく、ST-310を選んだ理由は、
  • 携行性
  • レギュレーター付きである事

ですね。

デメリット

脚が熱くなる

デメリットとしては脚部分がかなり熱をもち、触ると火傷してしまう事です。

案外、油断して腕がちょいと触れてしまう、なんてことが割とあると思うので注意が必要です。

対策品として、レギュレーターストーブ専用 アシストグリップが販売されています。

もちろん、ホームセンターで汎用の耐熱シリコンチューブを購入し、装着してもOKです。

風防なしで風に弱い

風防がないため、強風が吹くとなかなか温まらないことがあります。

とろ火は苦手

いわゆる「とろ火」はやや苦手。

火力を弱めておくとフッと吹いた風によっていつの間にか火が消えていた、なんて事が良くあります。

Gストーブ ST-320 レビュー

続いては、Gストーブ ST-320のレビューです。こちらも、CB缶(カセットボンベ)缶を使用するアウトドアバーナー。

最大の違いはコンパクトに収納できるノート型であること。めちゃくちゃスマートです。

左)ST-310 右)ST-320

仕舞寸法自体はST-310とさほど変わらないのですが、荷物をきっちりとテトリスしたい方はこちらが良いですね。

SPEC

サイズ(mm) 幅15.3×奥行19.5×高さ7.7cm
幅14.2×奥行7.8×高さ22.5cm(収納時サイズ)
重量 380g
発熱量 2.1kw(1800kcal/h)(ST-760使用時)、1.7kw(1500kcal/h)(ST-700使用時) 
使用時間 約2.1時間(ST-760 1本使用時)、約2.6時間(ST-700 1本使用時) 
材質 本体=アルミニウム・ステンレス、火口=アルミダイカスト、バルブ=真鍮
原産国 日本

ディティール

各パーツ

左から、ゴトク、スタンド、バーナーです。

スタンドとバーナーのはめ方

スタンドとバーナーのはめ方です。バーナーにある隙間を、スタンドのエッジにはめ込みます。

ハマるとこんな感じです。

スタンド側に板バネがあって、ちゃんとハマると板バネの下にバーナーがうまいこと収めるイメージです。

(絶対動画の方が分かりやすいやつですね…)

コツとしては、スタンドを目一杯開いてからハメる事です。中途半端に開いた状態ですと、しっかりとハマりません。

 

こんな感じで組み合わせて使います。

遮熱板

遮熱板。CB缶に輻射熱は伝わりにくいです。

ガス調整つまみ

ガスの噴出量を調整するツマミはサイドに配置。

点火スイッチ

反対側に、点火スイッチが配置されています。オレンジ色の配色で分かりやすいですね。場所も押しやすいです。

重量

重量は、カタログ値(380g)よりも少し重たい394g。

メリット

ランニングコスト安

ST-320と同様に、CB缶を燃料とするため非常に燃料代が安く済みます。

ギミックが楽しい

SOTO Gストーブ ST-320

コンパクトなアルミ製のケースから、格納されているバーナーを取り出して組み立てる方式です。

カチャカチャと組み立てるのがめっちゃ楽しいですね👍

風に強い

左)ST-320 右)ST-310

アルミ製のケースが、使用時にゴトクと風防を兼ねる非常に合理的な作りとなっています。

ST-310と比べると分かるのですが、火元が十分に低い位置にあり、なおかつ風防が両サイドを囲っているため風に強いですね。

ハードケースで安心

ソロキャンプやオートバイでのキャンプツーリングなどで荷物に制限がある場合に、ノート型のハードケース収納という長所が活きてきます。

荷物をパンパンに詰めてそのどっか隙間にポイっと入れ込むことができますし、その際に上から他の荷物で押されても破損の心配がありません

一方で、ST-310の方は仕舞寸法は小さいものの、各パーツは基本的にはむき出しでの収納となりますので、ここは大きなメリットになるでしょう。

デメリット

火力はST-310より弱い

左)Gストーブ ST-320 右) ST-310

ST-310より火力は劣ります。また、ST-310と比べるとバーナー部分の面積が狭いため、熱がやや局所的になる傾向がありました。

レギュレーター機能なし

レギュレーター機能はなく、低温時の火力低下が起こります。

特に、安く売っているCB缶(低温に強いガスの配合をケチっている)ですと注意が必要ですね。

SOTO パワーガス ST-760

ややお高いですが、SOTO純正のハイパワーガスST-760を使用するとかなり改善します。

ガス缶との接続がやや難しい

CB缶との接続オペレーションが、やや難解で分かりにくいです。上写真の状態だと、うまくハマりません。

このように、黒い樹脂部品を下にずらしてから装着します。

SETと書いてある部分をガス管の切掛け部分にして装着します。

バーナー本体をグッとガス缶の方向へ押し込みます。

そしてバーナーをグッと奥に回しこんでロックします。

やや直感的ではなく、初見ですとかなり迷う作りでした。

まとめ

  • 火力はレギュレーター搭載のST-310
  • 可搬性&防風性はブック型のST-320

以上、SOTOのST-310ST-320のレビューでした。

maagzを最後までお読みいただきありがとうございました。

created by Rinker
¥6,300 (2020/07/10 08:38:24時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥7,480 (2020/07/10 01:55:22時点 楽天市場調べ-詳細)

LATEST新着記事