MAAGZ オンラインストアはこちらから
GEAR

ANKER パワーポートソーラー(21W) レビュー。災害時やアウトドアに最適なソーラーパネル式発電機。

ANKER パワーポートソーラー(21W) レビュー

ANKER パワーポートソーラー(21W) レビュー

ANKERからリリースされている、パワーポートソーラー(21W)のレビューです。

 

ソーラーパネルで発電し、内蔵されているUSBポート×2から電子機器を充電することが可能な製品になります。

約7,000円というリーズナブルなプライスながら、表記上では21Wという高出力を誇ります。

これさえあれば、電源が取れない状況でも、日照さえあれば充電が出来ますね。

 

アウトドアや災害時の非常電源として活躍してくれる事を期待して購入。果たしてちゃんと充電出来るのか、その実力を検証してみたいと思います。

SPEC

重量 約420g
素材 ポリエステル布地、高耐久PETポリマー(ソーラーパネル)
サイズ 折り畳み時28×16cm,展開時67×28cm
厚さ 折畳時2.8cm、展開時0.5cm
出力電流 合計最大3A(各ポート最大2.4A)
エネルギー利用効率 21.5%-23.5%

その他、公式の説明では「どんな天候でも耐えられるような頑丈設計」ということですが、水濡れや折れは避けたほうが無難だと思われます。

 

スペックに記載がない値として、出力電圧は、USB充電器の定格出力電圧(ボルト)は普通5V程度です。

 

出力電流は、2つのUSBポートのうち片側だけ使用した場合、最大で2.4A。(公式の製品説明より)

2つのポートを同時使用で、合計で3Aの出力となっています。

ディティール

大判のソーラーパネル×3枚

ANKER パワーポートソーラー(21W) ソーラーパネル

折りたたみ式で、大判のソーラーパネル×3枚の仕様。開いた状態です。

折りたたみ時

ANKER パワーポートソーラー(21W) 折りたたみ時

折りたたむとセカンドバッグぐらいの大きさとなり、運搬に手間取りません。

非常にコンパクトな印象です。

重量

重量は実測で約500g。カタログスペック(420g)より重たいですが、ストレスのない重さです。

ポケット部分

ANKER パワーポートソーラー(21W) ポケット部分

右端のANKERロゴの面は、ポケットになっています。充電中のスマートフォンが格納できるサイズ。

ただし充電中に直射日光が当たっていると、iphoneが高温モードになってしまいました。あまり長時間入れっぱなしにする事はオススメしません。

ANKER パワーポートソーラー(21W) ポケット部分

晴れ、曇り、雨とお天気マーク、その下にそれぞれニコちゃんマークが書いてありますね。

天候によるオススメ度合い、という認識で良いでしょう。

USBポート

ANKER パワーポートソーラー(21W) USBポート

ポケット内のUSBポート×2です。ANKER独自の充電回路である、「PowerIQ」となっています。

PowerIQ・・・充電ポートに接続された機器を自動的に検知し、最適な電流を送るANKER社が開発した機能。
USBポートの中央に見えるLED球が赤く光っており、「発電しているよ」という意味です。ただしココが光っているからと言って、必ずしも充電が可能である状態では有りません。

鉄製の穴(ハトメ)

ANKER パワーポートソーラー(21W) ハトメ
端部分に鉄製の穴(ハトメ)が施されており、いろんなところに括り付けて使用することが可能となっています。
ANKER パワーポートソーラー(21W) ハトメ
ただし、USBポート側のハトメに関しては最端部ではなく、やや中途半端な位置となっているのが残念。
出典:ANKER
メーカー推奨の使用方法として、バッグに括り付けて発電出来るよ、というアナウンスがあります。
しかし、やはり平置きで使用しないとなかなか電力が安定せず、移動しながらだと安定した電力供給は厳しいように感じました。

スマートフォン(iphoneXを充電)

ANKER パワーポートソーラー(21W) iphoneX

ひとまず実力を拝見、という事でiphoneXを充電してみました。天気は晴れ。ソーラーパネルを触ると、熱を帯びる程度の日照です。

(カンカン照りではない)

iphoneXの充電に必要なアンペア数は、1A(アンペア)程度。参考までに急速充電に必要なアンペア数です。

  • ガラケー  0.5A
  • スマホ  1.0A
  • タブレット  1.5A

iphoneXのバッテリー容量は2716mAh。3時間程度で、問題なく満充電することが出来ました。

充電のコツとしては、パネルを直角に太陽光に向けるとより効率が良くなります。

モバイルバッテリー(ANKER )を充電

ANKER パワーポートソーラー(21W) モバイルバッテリー

続きましてテストしたのは、ANKER社のモバイルバッテリー、パワーコアⅡ スリム10000mAh。iphoneXを2.5回程度充電できる容量です。

空の状態から充電。

日照は先ほどと同様に、天気は晴れ。ソーラーパネルを触ると、熱を帯びる程度の日照です。

ANKER パワーコアスリムⅡ 10000mAh

パワーコアⅡ スリムの充電に必要な入力は5V・2A。

午前10時から午後4時頃まで6時間程度充電して、充電容量を表すインジケーター2つ点灯分まで充電できました。(MAX4つ)

 

その後iphoneXを充電してみると1回は満充電出来ましたが、2回目は途中で力尽きましたので、半分の5000mAには満たないものの、3000〜4000mAh程度の充電容量は充電できたことになります。

(正確な検証用に電流チェッカーを購入しましたので後日、数値を追記いたします)

2つの機器を同時接続

ANKER パワーポートソーラー(21W) 同時接続

さらに、今度はiphoneXと、パワーコアⅡ スリム10000mAhを同時充電してみました。

それぞれ充電に必要な電流値は、1Aと2A。

 

カタログスペックでは「2つのポートを同時使用で、合計で3Aの出力」となっていたため、理論上は同時充電が可能なはずです。

この状態で3時間程度放っておいたのですが、それぞれ単体で充電した際に比べると明らかに厳しくなり、iphoneXに関しては充電前の残容量と変わらず、パワーコアⅡ スリム10000mAhに関してはほぼ充電できていない印象すらありました。

 

もちろん、カンカン照りの日照MAXではない、という状況ではありますが、実際には3Aの電流が流れているとは考えにくく、もう少し出力は低いものとなっている可能性が高いですね。

21Wという表記について

というわけで、そもそも製品の表記である21Wという出力の表記は少し怪しい?かもしれません。(ただし、盛夏の日照ですと印象が変わる可能性は大いに有ります)

ちなみに、ワット(W)=ボルト(V)×アンペア(A)で計算することが出来ます。

 

そもそも先述したように、USB機器の電圧は5V、カタログ値の最大電流値3Aで計算すると5V×3A=15Wということになります。

しかも、実際には1Aと2Aの機器を同時接続すると、期待値通りの充電結果にはなりません。

 

ただ2A必要なモバイルバッテリー単体では充電可能でしたので、実際の出力はおおよそ10W〜15W程度ではないでしょうか。

冬場の日照、曇りだと電流不足

1月2月の日照ですと、晴れ渡る冬晴れの日であったとしても、スマートフォンでさえ充電するのが困難な電流しか確保することが出来ませんでした。

そのためやや季節を選ぶような印象です。

 

また、当たり前ではありますが、少しでも日が陰ってしまうと途端に出力低下します。

そのため、充電時の電流値にシビアな機器は、一度モバイルバッテリーに充電してから、安定した電流で充電したほうが良いでしょう。

まとめ

  • iphoneXなどのモバイルデバイスの充電に最適
  • 1A程度の電流を必要とする電子機器の充電もOK
  • 平置きで使用することを推奨
  • 冬場は電流が不足し、やや厳しい
  • 21Wは出ない

以上、ANKER パワーポートソーラーのレビューでした。

正直カタログ値ほどの出力特性は期待できませんが、電源の取れない野外でスマートフォンを充電できるというのは強みです。

アウトドアアクティビティを多くこなす方にとっては、非常にありがたい製品であることは間違いのないところ。

maagzを最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

Anker社「Anker PowerHouse」ポータブル電源 レビュー [itemlink post_id="895"] 高品質なモバイルバッテリーを多数リリースするAnker社。 同社の大型ポータブル電源、「Ank[…]

LATEST新着記事