GEAR

ヘリノックス Helinox タクティカルテーブル ブラック M レビュー。美しすぎるアウトドアテーブル。

ヘリノックス Helinox タクティカルテーブル ブラック M レビュー

created by Rinker
ヘリノックス(Helinox)
¥19,250 (2020/05/25 01:19:13時点 Amazon調べ-詳細)

ヘリノックスのタクティカルテーブル ブラックMのレビューです。

created by Rinker
ヘリノックス(Helinox)
¥4,400 (2020/05/24 16:38:09時点 Amazon調べ-詳細)

サイド部分には別売りのストレージを付けてみました。さらにカッコいい感じに仕上がります👍

…しかし何を入れたらイイのかちょっと迷います(笑)

SPEC

耐荷重 約50kg
使用時サイズ (約)幅57×奥行40×高さ38cm
収納時サイズ (約)幅43×奥行11×高さ13cm  天板高:(約)38cm
重さ 使用時:約800g  収納時:約935g
素材 フレーム:金属(アルミニウム合金)、樹脂
ヒンジ先端部:ナイロン
表面加工(フレーム):アルマイト

ディティール

天板のマテリアル

天板のマテリアルは、ポリエステル素材。ハリがあってテーブルに適した素材感です。

Helinoxのロゴマークが輝いています。ブラック×ゴールドの配色がいい感じですね。

天板

パン!と張った天板は、しっかりとモノが置けます。

天板裏には、DACのロゴマークがあります。もともとヘリノックスはアルミニウムポールを製造するメーカーであるDAC(ディーエーシー)から始まっています。

(Helinoxはブランド名、DACはメーカー名といったところ)

「精密で最高の強度を持つアルミポールのリーディングカンパニー」ということで、実際にブラックアルマイトのポールは質感の高い仕上がりです。

ポールにもDACのロゴが入っており、「道具キャンパー」の心をくすぐります。

脚部

脚部パーツの立ち姿が非常に美しいですね。

まあ、天板を乗せてしまえばあまり見えなくなる部分ではあるのですが、どうせならかっこいい道具を使いたい!という要求を満たしてくれます。

脚の付け根部分

また、脚の付け根部分はプラスティック製のカバーがついており、それが斜めに着地するような塩梅です。

それにより、ちょっとゴロゴロとした砂地などでも安定して設置することが出来ます。

収納時

収納時はこんな感じで、脚パーツを折りたためます。iphoneXと比べてみました。

ソロキャンプ、バイクツーリングなどでも邪魔にならないサイズ感にまとまります。

重量は940gと、ほぼ公称値(約935g)通り。

また、収納袋もちょっとしたカバンと言えるぐらい質感の高いものです。

お高いだけありますな。

使用時には、このように脚パーツにぶら下げて、紛失を防ぐようにしています。(正しいかどうかは不明ですが…)

かっこいい

ヘリノックス製品全般に言えることですが、とにかくかっこいいです。(語彙力…)

かっこよくてテンション上がるテーブル、って意外とありそうでないですよね。

キャンプサイトをおしゃれで高級感のあるものにグレードUPしてくれるのは間違いのないところです。

ユニフレーム 焚き火テーブルとの比較

関連記事

ユニフレーム 焚き火テーブル レビュー [itemlink post_id="1673"] 国産ブランドのユニフレームが製造している焚き火テーブルのレビューです。超定番の焚き火サイドテーブルであり、ユニフレームの代表的製品で[…]

UNIFRAMEの焚き火テーブルとの比較です。Helinoxの方が、やや天板が高く、また大きさがありますが、ほぼ焚き火テーブルと同じ使用感で使えます。

それから、焚き火テーブルの1/3の重さでめっちゃ軽い。ただしお値段は倍以上ですが…

高い拡張性

別売りのワークトップ天板を導入することで、天板のハードトップ化が可能となっています。

出典:Helinox

さらに複数のテーブルフレームを連結するテーブルブリッジもあります。

ワークトップ天板3枚と組み合わせると、3つ分の大きなテーブルになります。

すげえ…しかしこの状態にするのに数万円の投資が必要となります。

とにかく軽い

関連記事

ヘリノックス チェアツー レビュー [itemlink post_id="2599"] ヘリノックスの中でも最もスタンダードな製品、チェアツーのレビューです。キャンプにフェスに連れ出したい、ハイバックチェアの決定版! 一目でソ[…]

収納時で900gちょいという重量は、同社のイス、チェアツー一脚よりも軽量です。

イスより軽いテーブル、ということで可搬性についてはこのサイズ感のテーブルとしては最強クラスといっても良いでしょう。

とは言え、あまりに軽いため、何も乗せていない状態ですと風に弱いという弱点もあったりします。

熱や汚れにはやや弱い

素材の特性上、致し方ない部分ではあるのですが、金属マテリアルの天板をもつテーブル(例:ユニフレーム 焚き火テーブル)などと比較すれば、やはり熱や汚れへの耐性についてはやや弱いです。

しかし一方で、圧倒的に軽量かつコンパクトという最大のメリットがあります。

また、先述したようにオプションのワークトップテーブルでハードトップ化すれば、汚れへの耐性は高くなりますね。

 

テーブルに何を求めるのか??というところで、それぞれのベストチョイスが決まってくると思います。

まとめ

  • とにかくかっこよくてテンションの上がるテーブル
  • 軽量かつコンパクトで、邪魔にならない
  • ユニフレームの焚き火テーブルとほぼ同じ感覚で使えるサイズ感

以上、ヘリノックスのタクティカルテーブル ブラック Mについてのレビューでした。

maagzを最後までお読みいただきありがとうございました。

LATEST新着記事