MAAGZ オンラインストアはこちらから
CAMPSITE

焚き火しようぜ!やり方&おすすめアイテム。[キャンプ初心者向け]

[焚き火]をしてみよう!

焚き火

キャンプといえば、焚き火!(ですよね??)

気の知れた仲間と焚き火を囲んで、ぼーっと火をみているだけでめっちゃ癒されます。

 

しかし、普段生活しているだけでは、焚き火をする機会ってほとんど無いですよね。

ですので、キャンプを始めていざ焚き火をやろうと思ってみても、以外と何から揃えたらいいのか分からないぞ。

 

少なくとも私は、そんなふうになりました(汗

[焚き火]のやり方&おすすめアイテム!(初心者向け)

焚き火のやり方

そこで焚き火初心者の方に向けて、焚き火に必要なアイテムと、焚き火のやり方をまとめました。

この記事に沿って必要なアイテムを揃えれば、すぐに焚き火をスタートすることが出来ます!

焚き火に必要なアイテム

焚き火に必要なアイテム

まずは、焚き火に必要なアイテムをご紹介します。

最低限これだけあればOK、というモノを厳選しました。

焚き火台

焚き火台

直火NGのキャンプ場も多いため、まずは焚き火台ですね。

created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥7,500 (2021/11/26 12:16:21時点 Amazon調べ-詳細)

代表的なところですとUNIFLAMEのファイアグリル

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥21,780 (2021/11/26 12:16:22時点 Amazon調べ-詳細)

そして、スノーピークの焚き火台Mあたりが使いやすいです。

レビューはこちら。

関連記事

スノーピーク焚き火台M レビュー [itemlink post_id="1507"] スノーピークの定番製品、「焚き火台M」のレビューです。 購入したのはスターターセット。本体、ベースプレート、炭床、ケースのセ[…]

 

焚き火台 RAPCA

 

そして手前味噌ですが…弊社製RAPCAもおすすめです!

MAAGZ オンラインストア

MAAGZ(マーグズ)ブランドの公式オンラインストア。焚き火台RAPCA(ラプカ)をはじめ、キャンプ用品や釣り具等のアウ…

MAAGZオンラインストアはこちらから。

薪用トング

野良ばさみ

「野良ばさみ」オリジナル伸縮式火バサミ 極厚2.3mm黒皮鉄使用 キャンプ・BBQ・アウトドアに 薪ばさみ 日本製

長めの薪用トングが必要です。火がついた薪を移動したりするのに使用します。

 

関連記事

野良道具製作所「野良ばさみ」レビュー [itemlink post_id="2936"] 焚き火用の火ばさみ(トング)として、野良道具製作所の「野良ばさみ」を愛用しています。 こいつほどタフな火ばさみは、なかなかありま[…]

私は野良道具製作所の「野良ばさみ」を使用しています。伸縮式で仕舞寸法が小さい!そして2.3mmの黒皮鉄板製で剛性感がハンパないっす。

焚き火は趣味でやるもの…どうせなら、周辺アイテムも良いモノを、という思いがあり使っています。

 

もちろん、ホームセンターなどに売っているトングでも、機能的には問題ありません。

革グローブ

スノーピーク キャンパーズミトン

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥4,180 (2021/11/26 12:16:23時点 Amazon調べ-詳細)

厚手のレザーグローブを、焚き火台や薪を移動するときに使います。おすすめは、スノーピークのキャンパーズミトン

焚き火グローブとしても使えますし、ミトンとしてダッチオーブンなどを持つ際にも使うことができるマルチなやつ。

スノーピーク キャンパーズミトン

また、薪を切る際、手の保護に使えますね。素手ですとトゲが刺さったりします。

 

熱いモノを扱うことの多いキャンプでは、焚き火だけでなくいろんなシチュエーションで出番があります。

チャッカマン・トーチ

ソト(SOTO) スライドガストーチ

created by Rinker
ソト(SOTO)
¥6,480 (2021/11/26 12:16:23時点 Amazon調べ-詳細)
関連記事

ソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480 レビュー [itemlink post_id="2996"] ソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480のレビューです。焚き火の着火役として定番の製品ですよね。 […]

種火へ着火するのに、チャッカマンやトーチが必要です。ライターでも良いですが、出来れば肢が長いモノがおすすめ。

 

ソト(SOTO) スライドガストーチであればカセットガスから充填出来るため、使い捨てタイプに比べて経済的です。

しかも火力がいわゆるチャッカマンと比べて桁違いに強いので、着火が容易になります。

着火剤(焚きつけ)

ファットウッド

created by Rinker
Bush Craft ブッシュクラフト
¥825 (2021/11/26 12:16:24時点 Amazon調べ-詳細)

着火剤があるとスムーズです。私は※ファットウッドをよく利用しています。

ファットウッドとは

枯れた松の木の松脂(松ヤニ)を多く含んでいる部分のこと。枯れた松の木は、松ヤニが重力で下に落ちて溜まり、ファットウッドとなります。

松脂の油分でよく燃えます。

ブッシュクラフトインクから販売されているティンダー(火口)ウッドが安価でよく燃えておすすめです。

 

燃焼時間が長く、天然素材ですので環境負荷的にもいい感じ。

松ヤニがたっぷり染み込んでいますので、水濡れに強いという特徴もあります。

 

※そこらへんで拾ってきた松ぼっくりでも代用できます。

薪(まき)

焚き火には薪(まき)が必要ですね!

一般的に「焚き火」をする際には「炭」ではなく「薪」を使います。

  • 「薪」は暖をとるための焚き火で使う(火の立ち上がりが早いため)
  • 「炭」は調理の際に使う

持っていっても良いですが、キャンプ場にも売っていることが多いので、現地調達でもOK。

 

薪には2種類あります。

  • 針葉樹・・・柔らかく、燃えやすい。すぐに燃え尽きる。
  • 広葉樹・・・硬くて、燃えにくい。長時間燃え続ける。

それぞれの特徴を説明していきますね。

針葉樹

針葉樹

針葉樹は柔らかく非常に燃えやすいのが特徴で、主に着火時に使用します。

ただし燃焼時間が短く、すぐに燃え尽きてしまいます。

 

今回はヒノキとスギを混合で用意しました。

広葉樹

広葉樹

広葉樹は硬くて燃えにくい代わりに長時間燃え続けてくれます。写真の束で、だいたい2〜3時間ぐらいは持ちます。

針葉樹で火付けしたのち、広葉樹に火を移すというやり方がおすすめですね。

 

今回は、ナラの木を用意しました。

あったら良いな、なモノ

ここからは、あればより焚き火ライフが充実するアイテムです。

最初は必須ではないですが、徐々に揃えていきたいです!

ナイフ

バドニング

柔らかい針葉樹の薪は、バトニングと呼ばれる、ナイフを使った手法で割ることが可能です。

バトニングとは

写真のように、ナイフを使って木材を叩き割る手法のこと。刃厚の太いナイフで実施する。

 

LATEST新着記事

MAAGZ ONLINE STORE