GEAR

ペンドルトン×ブルーリッジチェア レビュー。至高のアウトドアチェア。

ペンドルトン×ブルーリッジチェア レビュー

ペンドルトン ブルーリッジチェア

ウッド系チェアの代名詞的存在、ブルーリッジチェア。アメリカ、カロライナ西部に本拠を構える木工品職人のブランドです。

古くから高品質家具を作る地方として知られています。

ペンドルトン ブルーリッジチェア  後ろから

今回レビューするのは、ブルーリッジチェアの製品群の中で、ブランド名をそのまま製品名に冠した「ブルーリッジチェア」。

そちらのペンドルトンとのコラボモデルです。

 

味わい深いタモ(天然木)製で、随所にクラフトマンシップが感じられます。キャンプサイトの主役級になり得る存在感の椅子ですね。

SPEC

製品名 PENDLETON×BLUE RIDGE CHAIR WORKS  ”ブルーリッジチェア”
素材 シート表地:毛82%/綿18%
シート裏地 ナイロン
フレーム タモ(天然木)
重量 3.2kg
対荷重 135kg
収納時 93cm×43cm×10cm
使用時 73cm×41cm×60cm
生産国 Made in USA

ディティール

2つのパーツで構成

ペンドルトン ブルーリッジチェア  パーツ

背もたれ(左)と、座面(右)の2つのパーツで構成されています。

格納時

ペンドルトン ブルーリッジチェア  格納時

収納時は背もたれの中に、座面が収納されて仕舞寸法が小さくなる仕掛け。

ペンドルトンのウールマテリアル

ペンドルトン ブルーリッジチェア  ウールマテリアル

背もたれには、ペンドルトンのウールマテリアルを使用。

ネイティブ感がたまらない仕上がりですね。かなり分厚い素材感で、耐久性も高い感覚に仕上がっています。

裏地はナイロン製

ペンドルトン ブルーリッジチェア  裏地

裏地は、ナイロン素材。こちらも厚手でタフネス。

ウール素材の端

ペンドルトン ブルーリッジチェア  ウール素材の端

背もたれのウール素材は、端が強固な布で覆われており、ほつれ難い仕様となっています。

また、屈強なボルトで左右5箇所ずつしっかりと固定されています。

味わい深いウッド素材

ペンドルトン ブルーリッジチェア  ウッド素材

タモ(天然木)製ということで、不揃いな木目が、温かみのある表情です。

エッジ部分にはヤスリがけがしてあり、それが「人の手によるモノ」という風合い。

随所にハンドメイド感が漂います。

ショルダーベルト

ペンドルトン ブルーリッジチェア  ショルダーベルト

背もたれのサイドには、運搬用のショルダーベルトが装備されています。

写真のように短くして、手で運搬することも可能です。

特殊形状のボルト

ペンドルトン ブルーリッジチェア  特殊形状のボルト

木材同士は、特殊な形状(4角)のボルトで固定されています。

ボトルオープナーが装備

ペンドルトン ブルーリッジチェア  ボトルオープナー

背もたれの裏側に、ボトルオープナーが装備されています。

遊びゴコロが効いたディティールですね。

組み立て

ペンドルトン ブルーリッジチェア  組み立て

組み立て手順をご紹介します。収納されている座面を上に引き上げます。

ペンドルトン ブルーリッジチェア  組み立て

座面が抜けるので、取り出します。

ペンドルトン ブルーリッジチェア  組み立て

背もたれを表面にし、下の2本の棒の間に差し込みます。

ペンドルトン ブルーリッジチェア  組み立て

組み上がりました。2つのパーツの重量が、お互いに斜めに作用し合うことで、安定した姿勢を作り出します。

構造が単純で、組み立て&撤収が簡単なのは嬉しいですね。

これは、ヘリノックスなどの折りたたみ系チェアには無い特徴です。

 

注意点として、しっかり奥まで座面を挿入しないと、座った時にズレて危ないことがあります。

そそるMade in U.S.A

ペンドルトン ブルーリッジチェア  MADE IN USA

中国をはじめ諸外国で生産されたプロダクツに溢れる昨今。

そんな中、ブルーリッジチェアはMade in U.S.A.に拘っています。ブランドの誇りであり、大きなセールスポイントの一つでしょう。

 

もちろん、その分販売価格は高くなると思います。

しかし、軽量コンパクトな折りたたみチェアではなく、あえて味わい深いウッドチェアを選ぶこだわりのユーザーにとって、その製品が持つストーリーは重要です。

所有欲もしっかりと満たしてくれますね(^_^)

座り心地

ペンドルトン ブルーリッジチェア  座り心地

座面、背もたれは全て平面で構成されており、一見すると、あまり座り心地は良く無いような印象も受けます。

しかし、実際に座ってみると不思議と体がフィット。長時間焚き火を囲んで座り続けても、お尻や腰が痛くなるような事はありませんでした。

チルアウト的な角度

ペンドルトン ブルーリッジチェア  座面 角度

のんびり過ごす系のチェアで、やや背もたれは寝た角度となっています。

焚き火を囲みながらチルアウトする、という使い方に最高です。

風に強い

しっかりと重量があるため、風に強いのもポイントです。

軽量な折りたたみチェアですと、強風が吹いた際に飛んで行ってしまうこともしばしばありますが、ブルーリッジチェアであれば心配ありません。

デメリット

デメリットとしては、やはりウッド製ということもあり、仕舞寸法は大きめでやや可搬性が犠牲になることです。

でも、めちゃくちゃ重たい訳では無いので、多少ラゲッジスペースの場所を取る事を考慮しておけばOK。

 

キャンプサイトでウッドチェアを使用することによって得られる心の充足感を考えれば、あばたもエクボと言ったところでしょう。

バイヤーオブメインの無垢テーブルとベストマッチ

関連記事

Byer of Maine(バイヤーオブメイン)パンジーン バレーローロールトップテーブル レビュー [itemlink post_id="1610"] 無垢のホワイトアッシュ材を使用したローテーブル、パンジーン バレーロー[…]

バイヤーオブメイン製のパンジーン バレーローロールトップテーブルと相性抜群です。

高さが揃って、非常に良い感じ。

まとめ

以上、ペンドルトン×ブルーリッジチェアのレビューでした。

美しいウッド製チェアは、キャンプサイトをカッコよく格上げしてくれるアイテムです。

maagzを最後までお読みいただきありがとうございました。

LATEST新着記事