MAAGZ オンラインストアはこちらから
GEAR

スノーピーク リビングシートで実現する「お座敷スタイル」。真冬の西湖で実践。

スノーピーク リビングシート TM-380でお座敷スタイル

スノーピーク リビングシート TM-380

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥11,880 (2021/03/03 13:23:52時点 Amazon調べ-詳細)

先日の訪れたPICA富士西湖では、新たな試みとしてスノーピーク(snow peak) リビングシート TM-380を敷いてお座敷スタイルを実践してきました。

その際にレイヤードしたアイテムや、その快適性などをチェックしていきます。

スノーピーク リビングシートTM-380のSPEC

スノーピーク リビングシートTM-380のSPEC

サイズ

160×300×10hcm

重量

1.1kg

収納サイズ

24×44cm

セット内容

本体、ジュラルミンペグ(17cm×4)、収納ケース、ペグケース

特徴

足を伸ばして座ったり、横になったり、ゆったりと寛ぐことができます。リビングシートの生地は汚れや水にも強いスペック。
ふちが10cm立ち上がっており、泥はねや土、水の侵入を防ぎます。子どもの遊びスペースやお昼寝スペースにもぴったり。レジャーシート代わりに多様なシーンで活躍します。

材質

210Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム

リビングシート フロアマット

スノーピーク リビングシート フロアマット(TM-385)

スノーピーク(snow peak) リビングシートフロアマット TM-385

スノーピーク(snow peak) リビングシートフロアマット TM-385

13,750円(03/03 23:19時点)
Amazonの情報を掲載しています

リビングシート フロアマット(TM-385)とセットで購入しました。写真のグレーのマットです。茶色いシートが、リビングシート本体です。

フロアマットはクッション性のあるマットですが、これだけだと冬場は冷気を遮断しきれません。そのため他のアイテムを重ねることで運用しました。

エッジ(ふち)が立っている

スノーピーク リビングシート フチ

リビングシートの最大の特徴はエッジが立っている、つまり「フチ」があるのが特徴です。

フチの高さは10cm。泥や水、虫の侵入を防ぐ機能的な意匠なのですが、これが囲まれ感や、安心感も生み出してくれます。

マテリアルは210D(デニール)のポリエステルということで、かなりがっしりした素材感。フロアとして使用するのに過不足ない印象です。

サイズ感

サイズ感は、奥行き160 × 幅300 × 高さ10hcm。

参考までにogawa アポロンの前室(奥行き225 × 幅300)で使用すると少し奥行きがあまる程度でした。

幅がぴったりなので非常に使いやすいですね。

余った奥行き部分に隙間が出来てしまうのですが、リビングシートの下にビニールシートを敷くことで土足のままインナーテントにアクセスできるようにしています。

高価なリビングシートを保護する意味合いもあります。

お座敷スタイルに使用したキャンプ用品

テント:ogawa アポロン

関連記事

ogawa アポロン レビュー ogawa アポロンとは [itemlink post_id="7575"] ogawaのテント、アポロンを購入し数回使用しましたので所感をブログにまとめておきます。 [sitecar[…]

今回「お座敷スタイル」を導入したテントはogawaのアポロンです。インナーテントを貼った状態で、前室をお座敷として機能させました。

レイヤーしたアイテム

先述したとおり、リビングシート フロアマット(TM-385)だけですと冷気を遮断しきれません。

created by Rinker
グラバー (Grabber)
¥3,498 (2021/03/03 23:19:38時点 Amazon調べ-詳細)

そのため、フロアマットの上に断熱を目的としてGrabber(グラバー) 社製のオールウェザーブランケットをまず敷いています。

オールウェザーブランケットは、NASAが開発した4層構造からなる超断熱素材を利用した全天候型ブランケットで、軽量・コンパクト・防水・保温性に大変すぐれています。

人体から発散する熱の80%を反射して保持し、体を暖かく保護します。

全米ボーイスカウト連盟、アメリカ陸軍、救助隊など多くの主要機関で公式備品として認定されているそうです。

(すごい強力なセールスレターですね)

…まあ早い話が銀マットのようなものです。

 

created by Rinker
椙山紡織
¥3,355 (2021/03/03 23:19:38時点 Amazon調べ-詳細)

そして秘密兵器?である、sugiyamaの電気毛布。(灰色)今回は電源付きのテントサイトでしたので使い放題です。

さらにその上に保温を目的として軍モノのラグを敷きました。(緑色)

 

せっかくのお座敷スタイルですが、寒かったらどうしようもありませんよね。ですので冷気遮断は入念に。

このレイヤーで標高900m、最低気温-4度、師走のPICA富士西湖でもぬくぬくと過ごすことが出来ました。

関連記事

テントの底冷え対策 寒い真冬のキャンプ。でも焚き火を囲むのには最適ですし、冬場の澄んだ空気から眺める星空は最高ですよね。 キャンプ場が夏場より空いているのもよかったりします。   しかし冬のキャンプで寒[…]

暖房器具

関連記事

トヨトミ レインボーストーブ RL-250-G レビュー トヨトミ レインボーストーブ RL-250-Gとは [itemlink post_id="1045"] 今回レビューするのは、トヨトミのレインボーストーブ(石油スト[…]

電気毛布以外の暖房器具は、トヨトミのレインボーストーブ。(就寝時は一酸化炭素中毒防止のため消火)

お座敷スタイルのメリット

スペース効率が高い

リビングシートの大きさ分は全て居住空間として使用可能となるため、非常にスペース効率が高いのが魅力です。

さらに

  • お座敷で寝ることができる
  • コットが不要

というメリットもあります。この日はパパ達がお座敷で就寝し、妻子がインナーテント内で就寝しました。(2世帯。大人4人 + 子供3人)

☝︎このように、ロースタイルで椅子とテーブルを置いただけに比べると、利用可能なスペースが大きく違いますよね。

そもそも椅子が要らなくなるので広く使えます。

暖かい

底冷え対策さえしっかり施せば、着座位置が低いので暖房が良く効いて暖かく過ごすことが出来ますね。

靴を脱いでまるで自宅のようにくつろげます。

(さらに「こたつ」があれば最強ですね。)

スノーピーク リビングシートで冬キャンプを快適に

以上、スノーピーク(snow peak) リビングシート TM-380によるお座敷スタイルについてでした。冬場は特に快適に過ごすことが可能です。

靴を脱いで地べたに座り込むと、いつもと違った新鮮な気持ちでキャンプ出来ますね。

maagzを最後までお読みいただきありがとうございました。

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥11,880 (2021/03/03 13:23:52時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥13,750 (2021/03/03 23:19:39時点 Amazon調べ-詳細)

LATEST新着記事

MAAGZ ONLINE STORE