MAAGZ オンラインストアはこちらから
GEAR

solo stove レンジャー レビュー。美しい二次燃焼を簡単に再現できる名作焚き火台。

solo stove レンジャー レビュー

solo stove レンジャーとは

created by Rinker
Solo Stove(ソロ ストーブ)
¥36,300 (2021/11/27 07:45:10時点 Amazon調べ-詳細)

米国のアウトドアブランド、solo stove社製の焚き火台レンジャーのレビューです。

solo stoveとは…アメリカ発、独自の2重壁構造で極めて⾼い燃焼効率を誇るネイチャーストーブです。ベテランのバックパッカーから初めてキャンプする少年まで誰でも簡単に使え、燃焼効率の高い独自の構造がアメリカでも高い評価を得ています。

製品ページ

そんな人気のレンジャーで’焚き火調理’をしたのでその使い勝手をお伝えいたします。

レンジャーのスペック

製品名 レンジャー
素材 ステンレススチール(SUS304)
サイズ 約31.75cm、直径(幅):約38.1cm
重量 約6.8kg
生産国 中国
付属品 収納ケース

※solo stove レンジャーの仕様諸元です。

レンジャーを使ってシイタケを調理

事務所の焚き火スペースで焚き火しながら、シイタケを調理しました。

先に使用感をまとめると以下。

  • 誰でも再現できる二次燃焼
  • よく燃えて高火力
  • 調理もススが付きにくくやりやすい

弱点としては以下。

  • 薪の消費量は多い
  • 仕舞寸法は大きめ。運搬はややしにくい

以下、詳細をご紹介していきます。

solo stove焚き火台ラインナップ

solo stoveの焚き火台は、大きく分けて2シリーズが存在します。1つ目は「CAMP STOVES」シリーズと呼ばれる、小型のネイチャーストーブが3種類。

ネイチャーストーブとは、 ガソリンやアルコールなどの燃料を使わずに自然界に落ちている小枝や松ぼっくりを燃やして火をおこせる道具です。

2つ目は「FIRE PIT」シリーズと呼ばれる大型の焚き火台が3種類。

それぞれサイズ感、価格、重量をまとめた表を作りましたのでご紹介していきます。

「CAMP STOVES」シリーズ

「CAMP STOVES」シリーズは焚き火台というより、ガスなどを使わず小枝などを燃料とする調理用ストーブ、といった趣が強い製品です。

バックパックなどに忍ばせて1〜2人で煮炊きするための道具で、シングルバーナーなどの代わりに使うイメージですね。

ラインナップは、小さいものからライト < タイタン < キャンプファイヤーとなります。

ソロストーブ キャンプファイヤー

created by Rinker
solo stove ソロストーブ
¥13,200 (2021/11/27 07:45:11時点 Amazon調べ-詳細)
サイズ 高さ: 約17cm(収納時)、約23.5cm(使用時)
直径(幅): 約17.8cm
重量 約998g
材質 ステンレススチール(SUS304)
ニクロムワイヤー
付属品 本体、収納袋、日本語説明書
生産国 中国

こちらは「CAMP STOVES」シリーズの中で最大サイズのソロストーブ キャンプファイヤー

ソロストーブ キャンプファイヤーは「小さめの焚き火台」ほどの大きさ。そのため、今回ご紹介している「ソロストーブ レンジャー」を購入する際に少し迷いました。

しかし焚き火台としてがっつり3人〜4人で囲めるサイズ感のものが欲しかったので、今回はレンジャーにしました。

一方で、1〜2名でのキャンプシーンでしたらキャンプファイヤーがマッチすると思います。仕舞寸法もだいぶコンパクトですので、何を優先して選ぶか?というところですね。

「FIRE PIT」シリーズ

「FIRE PIT」シリーズは、焚き火台と呼べるサイズ感のストーブがラインナップされています。

レンジャー < ボンファイヤー < ユーコンというラインナップ。

solo stoveから最初にリリースされたのは「ボンファイヤー」で、直径約50cmの焚火台です。アメリカ本国で使えば丁度良い大きさなのかもしれませんが、日本のキャンパーにとっては大きすぎるサイズ感です。

そのため、後から一回り小さな「レンジャー」がリリースされました。

ソロストーブ レンジャー

created by Rinker
Solo Stove(ソロ ストーブ)
¥36,300 (2021/11/27 07:45:10時点 Amazon調べ-詳細)
サイズ 高さ:約31.75cm
直径(幅):約38.1cm
重量 約6.8kg
材質 ステンレススチール(SUS304)
ニクロムワイヤー
付属品 本体、レンジャー専用スタンド、収納袋、日本語説明書
生産国 中国
当記事でご紹介するのは「FIRE PIT」シリーズ中、最もコンパクトなレンジャー。FIRE PITシリーズの中で最小の直径約38cmというほどよいサイズ感です。

日本のキャンプシーン、フィールドにマッチした大きさです。

縦長の筒型形状から生み出される煙突効果も合間って非常に優れた燃焼効率を発揮してくれます。

ディティール

付属品

早速付属品を見ていきます。

  • 焚き火台本体
  • ファイヤーリング
  • レンジャー専用スタンド
  • 収納袋

本体に乗っている輪っか形状のパーツは「ファイヤーリング」。使用時は横から見て凸型になるように本体に設置し、収納時は逆さまにします。

created by Rinker
ソロストーブ
¥3,850 (2021/11/26 16:48:35時点 Amazon調べ-詳細)

持ち運び用のレンジャー ハンドル。

created by Rinker
ソロストーブ
¥19,800 (2021/11/26 16:48:35時点 Amazon調べ-詳細)

鉄製のレンジャーグリル。

created by Rinker
Solo stoove
¥12,340 (2021/11/26 16:48:36時点 Amazon調べ-詳細)

地面から焚き火台を離すためのレンジャースタンド。

レンジャー リッド(蓋)…焚き火の前後のテーブルトップとして使用でき、一時的にファイヤーピットを雨や埃から防ぐカバーとしても使えます

など様々なオプションアイテムが用意されています。

レンジャー専用スタンドとのセット販売と、焚き火台単体販売の2種類あります。

スタンドは是非レンジャースタンドKITを購入して入手することをオススメします。抜群によく燃えてかなり熱を持つので、直置きですと地面への配慮が必要になってくるためです。

その他のアイテムはお好みに応じてですね。

重量

公式スペックによる重量は焚き火台本体は 6.8kg。実測でも6.8kgでした。

オールステンレス、さらに二次燃焼のための二重壁構造ということもあり、正直に言って重さはあります。しかしオートキャンプであれば特に問題はありません。

さらに設置時の盤石な安定感にも繋がるので重さ=弱点ではないでしょう。

ロゴマーク

サイド部はsolo stoveのロゴマークがエンボス加工されています。最下部には二次燃焼の空気を取り入れるための「空気穴」が設けられています。

その他は何も装飾のないシンプルな円筒状です。

サイズ感

レンジャーのサイズ感は本当に程よいというか、大きすぎず小さすぎずの絶妙な塩梅です。

関連記事

スノーピーク焚き火台M レビュー [itemlink post_id="1507"] スノーピークの定番製品、「焚き火台M」のレビューです。 購入したのはスターターセット。本体、ベースプレート、炭床、ケースのセ[…]

関連記事

UNIFLAME(ユニフレーム)のファイアグリルをレビュー 数ある焚き火台の中でも定番とされる焚き火台のひとつが、ユニフレームのファイアグリルです。スノーピークの焚き火台と並び、非常に人気のある商品です。扱いやすいので、キャンプ初心者の方[…]

有名どころで例えると、スノーピーク焚き火台Mや、ユニフレーム のファイアグリルと同等か少し大きめぐらいの感覚で使うことが出来ます。

>>>次ページ:solo stove レンジャーの実使用レビュー

LATEST新着記事

MAAGZ ONLINE STORE