CAMPSITE

無料で日帰りキャンプOK 厚木市相模川河川敷

厚木市相模川河川敷 あゆみ橋下

都内首都圏から近場でバーベキューやキャンプが楽しめる場所があるんです。

しかも無料で。予約も不要です。

無料というのは利用料だけではなく、駐車場も無料です。

これは、なかなかないぞということでさっそく現地調査してみました。

場所の詳細

ざっくり場所をお伝えするとこの辺です。

一級河川である相模川ですが、あゆみ橋という橋の近くです。

東名高速道路からなら海老名サービスエリア近くの厚木インター出口から近いです。

駐車場が無料で広い

駐車場が無料で広いということが最大のメリットですね。

この日は、日曜日でしたがけっこうガラガラでした。

夏のハイシーズンに行ったこともありましたが、それでも満車になるほどではなかったです。

でも注意が、夜は駐車場の出入り口が閉鎖されるということ。

  • 4月~10月:19時で閉鎖(翌9時に開きます)
  • 11月~3月:18時で閉鎖(翌9時に開きます)

なので、日帰りする場合は早めに撤収作業しないと間に合いません。

バーベキューエリアの内容

残念ながらけっこう直火した後がそこらへんにありました。

我々は、資源保護のために焚火台を使いましたが、焚火台をやはり使用するべきですね。

マナーとしての焚火台利用は不可欠

さらに、写真を見てわかるとおり、こちらもガラガラです。

区画などもなく、自由にエリアを使えます。

ファミリー、ソロ、カップル、学生・・・さまざまいますが、人が少ないので静かで過ごしやすいです。

広々しているので、ボール遊びやラジコン、凧上げ、川辺で石投げしている人もいました。

完全なるフリーダムですね。

トイレはあるのか?

結論的にはあります。

仮設トイレが3つほどあります。

キレイではないですが、、汚いというほどでもないくらいです。

ただ、手を洗う場所がないです。

水道がないので、食器なども洗えませんので水はポリタンクなどで持参したほうがいいでしょう。

キャンプで宿泊できるのか?

宿泊は可能です。

私が行った時もテント張って宿泊している(しようとしている)人はいました。

でもかなり少数派ですね。

どうせ泊まるなら、もっと都会から離れたキャンプ場がいいと思うのが正常なのでしょうか。

キャンプで宿泊するには中途半端な場所なのかもしれませんね。

その他、便利なポイント

やはり焚き火をする人は、薪を現地調達する場合が多いでしょう。

この場所の近くには、WILD-1があります。

ここでは薪も3,4種類ほど売っているので現地調達には十分です。

まとめ

  • 首都圏から近い
  • 東名高速道路インターからも近い
  • 駐車場も無料で空いてる
  • バーベキューサイトも空いてる
  • とにかく自由に楽しめる
  • WILD-1が近くにある
この日は日帰りだったので、コーヒーとアルコールゼロで楽しみました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

LATEST新着記事