GEAR

ユニフレーム 焚き火テーブルについての愛を語るぞ![レビュー][名品]

ユニフレーム 焚き火テーブル レビュー

国産ブランドのユニフレームが製造している焚き火テーブルのレビューです。超定番の焚き火サイドテーブルであり、ユニフレームの代表的製品ですよね。

「焚き火」と名前についていますが、アウトドア全般に使えるテーブルです。

 

実際にキャンプ場で見かけることがめっちゃ多く、人気のほどが伺えます。

実にシンプルなザ・テーブルですが、名作はいたってシンプルであることが多いですよね。これを生み出したユニフレームはスゴイ。

 

華美さはなく、どんなキャンプサイトにもしっくり馴染む感覚が素敵です。

SPEC

使用時サイズ 55×35×37(H)cm
収納時サイズ 55×35×2.5(厚さ)cm
重量 2.8kg
耐荷重 50kg
材質 テーブルトップ:18-8ステンレス0.8mm厚、特殊エンボス加工
サイド:天然木
スタンド:18-8ステンレス(径19mm)

ディティール

サイズ感

55cm(幅)×35cm(奥行き)×37cm(高さ)と、比較的小ぶりなサイズ感でいわゆる「ローテーブル」に属します。

超絶妙なサイズ感で取り回しがよく、どこに設置しても邪魔になりません。例えば、テント内で使用してもいい感じ。

それでいて、しっかりといろんなモノを置くことが可能です。

天板

天板は、0.8mm厚のエンボス加工されたステンレス製。

出典:UNIFLAME

なにより傷が目立たないですし、汚れてもサッと拭き取れて、洗剤でガシガシ洗えます。

傷や汚れをいちいち気にしていられないアウトドアアクティビティに適した表面処理です。

 

また、耐熱性もあってアツアツのダッジオーブンをポンと無造作においても大丈夫で、調理時の補助テーブルとして使えます。

机の上でバーナーを使うときも、いわゆる「反射熱」を気にせずガンガン炊くことが可能。

(鍋などから反射した熱が下に伝わります。)

 

さらにこれは副産物的な効果かもしれませんが、太陽光の反射が抑えられて、眩しく無いのも良いですね。

 

焚き火用サイドテーブルらしい機能ですよね。

サイド部分

両サイド部分は天然木があしらわれており、UNIFLAMEのロゴが焼印されています。

ステンレスの鋭利な部分が隠れており、子供が角に頭をぶつけても安心です。

 

デザイン上のアクセントにもなっており、焚き火テーブルらしさをさりげなく主張。

脚(スタンド)部

脚(スタンド)部分は、19mm径のステンレスで、まるでパイプ椅子のようなシンプルな意匠。

黒子に徹する感じですね。がっしりとしており、頼りになります。

可動部分は2箇所のみなので、壊れる心配もほぼ無いのが嬉しいところ。

収納時

収納時は、天板とスタンドを分離します。

天板の裏にすっぽりとスタンドが収まる仕掛け。

両サイドの金具を畳むことで、スタンドを固定することができます。

金具が、使用時と収納時の両方でスタンドを固定する役割を果たし、合理的な構造です。

金具の動作感覚は結構固めで、運搬最中にスタンドが落ちたりしたことはありません。

 

設置、収納共に数秒で完了する手軽さも人気の秘密でしょう。

軽量かつコンパクト

重量は2.8kgと軽量で、誰でも運搬することが出来ます。

また、収納時の厚みは2.5cmなのでラゲッジの隙間にスルッと入ってれます。

焚き火のサイドテーブルに

そのまんまなのですが、焚き火のサイドテーブルとして使用すると非常に良い塩梅。

 

焚き火をするとアレコレ周辺アイテムが増えていく訳ですが、一括して置いておけるスペースが生まれます。

飲み物とかも置きたいですしね。

 

素材の特性上、火の粉が飛んできてもへっちゃら。煙の方向が気になったら速やかに移動も出来るぜ。

 

また、ソロキャンプであればメインのテーブルとして十分使用できる大きさです。

対荷重がすごい

ダッチオーブンも余裕でOKの対荷重50kg

かなりタフネスで、ガンガン重たいモノを乗せて使うことができます。

鍋敷きとしても使える

あえてスタンドを使わずに、大判の鍋敷きとして使用することも可能です。

関連記事

Byer of Maine(バイヤーオブメイン)パンジーン バレーローロールトップテーブル レビュー [itemlink post_id="1610"] 無垢のホワイトアッシュ材を使用したローテーブル、パンジーン バレーロー[…]

例えば、熱に弱い無垢のウッド製テーブルの上にダッジオーブンを置きたい、なんて時に、テーブルの上に焚き火テーブルを置くことで保護することが可能です。

37cmの高さが絶妙

37cmの高さが絶妙で非常に使いやすく、流行りのロースタイルにベストマッチ。

関連記事

ヘリノックス チェアツー レビュー [itemlink post_id="2599"] ヘリノックスの中でも最もスタンダードな製品、チェアツーのレビューです。キャンプにフェスに連れ出したい、ハイバックチェアの決定版! 一目でソ[…]

関連記事

ペンドルトン×ブルーリッジチェア レビュー [itemlink post_id="582"] ウッド系チェアの代名詞的存在、ブルーリッジチェア。アメリカ、カロライナ西部に本拠を構える木工品職人のブランドです。 古くから[…]

ヘリノックスやブルーリッジチェアなどのローチェアと組み合わせるといい感じです。

デメリット

裏面のコーションラベルにも記載してありますが、スタンドが天板よりもやや内側に入り込んでいるため、端っこに重たいものを置くとやや安定感に欠ける印象です。

また、傾斜地などで使用するとそのバランスの悪さが際立つ印象で、やや注意が必要となります。

 

そして、これはほとんど言いがかりに近い内容ですが、人とよくカブるので名前を書いておいた方がいいですね(笑)

または自分らしいカスタマイズなどを施しておくと、見分けがつくようになると思います。

焚き火テーブルトートもあるよ

別売りですが、運搬用の焚き火テーブルトートもあります。

焚き火テーブルが2枚まで入るおしゃれなカーキ色の専用トートバッグで、かなりいい感じ。

まとめ

  • 名作・超定番焚き火テーブル
  • 主張しすぎないシンプルデザイン
  • 37cmという絶妙な高さ
  • 対荷重50kgでダッジオーブンOK

以上、ユニフレームの焚き火テーブルについてでした。

maagzを最後までお読みいただきありがとうございました。

LATEST新着記事