MAAGZ オンラインストアはこちらから
GEAR

ワークマン コットンキャンパー レビュー。春の焚き火ウェア決定版。[作業着感少なめ]

ワークマン コットンキャンパー  レビュー

ママキャンププランナー&ワークマンアンバサダー、サリーさん監修のワークマン コットンキャンパーのレビューです。

身長170cm、体重68kgで3Lサイズを着用。ガバッと肩が落ちるぐらい大きめに着たかったので、あえてオーバーサイズをチョイスしました。

カラーはオリーブ、マスタード、ブラウンの3色展開で、オリーブにしてみました。

ディティール

厚手のコットン生地

厚手のコットン生地です。コットンは比較的火に強い素材で、まさにキャンプ仕様。

焚き火で火の粉が飛んできても、神経質にならなくて済みます。

重量

割としっかりとしたコットン生地で、重量を測ってみたら、3Lサイズで約900gでした。

当然ながら、100g〜200g台のハイテク系の化繊ウェアには劣りますが、十分にさらっとした軽い着用感を得られます。

胸ポケット

胸ポケットは現代的なスマホサイズ。マジックテープ付き。

巨大なポケット

後ろ身頃まで回り込んでいる巨大なポケット。キャンプギアをガシガシ格納出来るぜ!ペグが入ります。

スノーピーク ソリッドステークを入れてみました。

 

小さめの内ポケットもあり、大変使い勝手が良いです。

ハンマーループ

さらに外側には、ペグ打ち用ハンマーを吊り下げられるハンマーループまであります。

ちなみに、重ためのツールをぶら下げることを想定し、ループの縫製を強固にしてあるそうです。

カラビナループ

右前身頃のポケット上部にカラビナループつきで、こちらにもツールなどをぶら下げることができます。

ウィンドフラップ

ウィンドフラップが大きいですね。

早春のキャンプでちょっと肌寒いなあ、なんて時に助かります。

フロントジップ&ボタン

ジップは、THC製(中国のメーカー)の大判のものが採用されています。YKK製でないのが逆に珍しいですね。

例えば、焚き火で厚手のグローブをしていても操作しやすいです。

ボタンも直径2cmぐらいの大きめサイズで、ウッド調のシックなものです。さらに難燃素材を採用しているとのこと。

フード

大きめなフードは、帽子を被っていてもガバッと覆ってくれて、紐で絞れる仕様。

細かいところですが、紐のデザインもなかなかに凝ってます。

ブタ鼻はレザー調で、先端のホツレ防止金具は真鍮のような風合いです。

袖口

袖口は、前面と同様にボタン留め仕様。

Aラインのシルエット

ガバッとポンチョ的なイメージで羽織れるAラインのゆったりとしたシルエットです。

気負わず着れるユルさが良いですね。

ワーク感少なめ

ワーク感少なめで、極めてカジュアルテイストなデザインです。

 

個人的にワークマンがめっちゃ大好きで、この冬はかなりいろんな防寒アイテムを試しました。

ikahime

ワークマン ダイヤフリース裏アルミベスト  ワークマンのダイヤフリース裏アルミベストを試しました。(ベストにしたのは、ジ…

ikahime

ついに、電熱ベストを導入いたしました。ワークマンのWindCoreヒーターベストです。その使用感をまとめました。ワークマ…

ikahime

ワークマンの防寒ブーツ、ケベックNEO(ネオ)を試しました。ノースフェースのヌプシブーティと比べてどうだったのか、まとめ…

ただ正直言って、あともうちょいデザインが垢抜けて欲しい...と思うアイテムが多くあるのも事実です。

 

でも、このコットンキャンパーについては胸張ってタウンユース出来るデザインだと感じました。

もちろんデザインは好き嫌いありますから、あくまでも主観ですが…

さりげないロゴ

あと、FieldCoreのロゴがめっちゃさりげないのも良いっす。

 

これは結構共感してもらえる意見だと思うのですが、個人的に、デカデカとしたロゴは要らないです。

(防寒ウェアもこういうさりげないテイストにして欲しい。)

 

また、ロゴの色も妙な蛍光色などではなく、ジャケットのテイストに合ったシックなカラーリングです。

焚き火で汚れてもOK

お値段は税込2,900円ということで、焚き火でガンガン匂いや汚れがついても気を使うことがありません。

キャンパーが焚き火をする際に重宝するディティールをあれこれ盛り込み、このお値段はほぼ反則に近いのでは..?

デメリット

デメリットは、先述したように決して軽くはない、というところでしょうか。

しかしコットン生地の特性ですし、難燃性とのトレードオフ、というところである程度は仕方ない部分ではあります。

まとめ

  • ママキャンププランナー&ワークマンアンバサダーのサリーさん考案の焚き火ジャケット=コットンキャンパー
  • ワーク感少なめ、タウンユースでもイケるカジュアルテイスト
  • 焚き火ウェアとしての機能性を追求
  • コスパ良すぎ

以上、ワークマン コットンキャンパーについてでした。

 

今月発売ということで、順次店頭に並んでいるようです。神奈川県西部の店舗で購入しましたが、全カラー、全サイズ揃っていました。

しかし、すぐに売り切れ必須だと思いますので、欲しい場合はお早めに手に入れる方が良さそうです。

 

 

maagzを最後までお読みいただきありがとうございました。

サリーさんのコットンキャンパーの記事です!

ちょっとキャンプ行ってくる。

こんにちは。毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナー&ワークマンアンバサダーのサリー(@chottocamp)…


ワークマンオンラインストアはこちらから
 


LATEST新着記事