MAAGZ オンラインストアはこちらから
COOKING

燕三条製 TSBBQ ホットサンドメーカーでBBQチキンサンドをメイク![レビュー]

燕三条製 TSBBQ ホットサンドメーカー レビュー

燕三条製 TSBBQ ホットサンドメーカーのレビューです。

「燕三条」(つばめさんじょう)とは

新潟県の燕市と三条市を合わせた地域のことで、刃物・金物や洋食器の生産が盛んなエリアです。ここで作られた金物は高い品質を誇り、「ものづくりのまち」として知られています。

メディアなどで「燕三条ブランド」的なカタチで紹介されることが多い。

TSBBQは、そんな燕三条から発信されている金物メーカーになります。

生産地のストーリーだけで非常にそそるアイテムですよね!というわけで、「MADE IN 燕三条」の実力をチェックしてみましょう♬

SPEC

材質 アルミニウム合金(フッ素樹脂加工)
ハンドル ステンレス/フェノール樹脂
重量 777g
サイズ 16×37.4cm
製造 新潟県燕市

ディティール

セパレートタイプ

ツガイ部分は、相互にもたれ合って閉じるタイプで、ネジなどでの接合はなくセパレート式です。

片方だけで小型フライパンとして使用できる汎用性があります。

また、ホットサンドが焼けた時に、ほいっ!とお皿に載せる時も便利ですね。

アルミニウム合金製

鉄板部分は、フッ素樹脂加工がなされたアルミニウム合金製。

汚れがつきにくく、お手入れに気を遣うことが少ないです。

十分に長い取っ手

取っ手部分は十分に長く(7.5cm)、調理の際に熱を感じることはありません。

非常に使いやすいですね。

777gの重量が程よい

777gという重量は、正直軽くないのですが、どっしりと構えてくれて安定が生まれます。

しっかりと火が通りますし、調理しやすい重さですね。

ロック部分

リングでロックされるシンプルな形式。

迷いがないですし、しっかりとロックできる感じでした。

鉄板同士がかなり圧着されます。

13.4cm×14.3cmの絶妙なサイズ感

13.4cm×14.3cmというサイズは、食パンよりほんの少し大きいぐらいのサイズです。(食パンは8枚切りを使用しました。)

使う前は「そんなに大きくないぞ。コレで挟めるのか?」と思っていました。

しかし実際には、具をもりもり盛っても、しっかりと挟み込んでくれる絶妙なサイズ感でした。写真のように、かなり盛っても問題ナシ。

上側のパンをほんのちょっと奥に置くことで全く問題なく挟み込むことが出来ます。

欲張りさんでもOKです。

TSBBQのロゴマークがつく

ロゴ両面orロゴ片面orロゴ無しの3タイプがあります。

そのうち、片面にロゴが入ったタイプにしました。TSBBQのロゴがパンに焼印され、食欲をそそります!

ロゴマークもおしゃれで素敵ですよね👍子供も喜んでくれるのがポイント高いです。

BBQチキンサンドをメイク!

LODGE(ロッジ)製のスキレットでBBQチキンをメイクして、挟んでみました。

もういいかな…??パカっ!とオープンする瞬間が最高です…めっちゃうまそうですやん。

BBQチキンサンドの完成です!激ウマに仕上がりました。いやあ、久々にいい買い物したなコレ。

もちろん、ウマイだけではなく、パンのミミが全周に渡ってしっかりと圧着されていることにも注目してください。

とても食べやすく仕上がりました。

いまいちシズル感が少ない写真ですいません(笑)

デメリット

うーむ、デメリットらしいデメリットはあまりないですが、強いて言えば取っ手に続く金属部分が、あまり高級感がないということでしょうか。

とは言え、実用的な道具として考えた時、全く気にならない点ではあります。しかし、道具マニアとしてはやや物足りない感覚が少ししました。

それから、実用的な部分で言えばIH非対応という点です。

バウルー ホットサンドメーカー ダブルとの比較

関連記事

バウルー ホットサンドメーカー (ダブル) レビュー [itemlink post_id="4965"] バウルーのホットサンドメーカー(ダブル)のレビューです。70年代に発売され、ホットサンドメーカーの代名詞的な存在である[…]

バウルーのホットサンドメーカー(ダブル)との比較記事です。

五徳の上での安定感は燕三条製 TSBBQ ホットサンドメーカー

焼き上がり時間やカリカリ感はバウルー ホットサンドメーカー(ダブル)に軍配が上がります。

まとめ

  • ホットサンドメーカーならコレ
  • 燕三条市製で高品質
  • よくばりOK!な超絶妙なサイズ感

以上、燕三条製 TSBBQ ホットサンドメーカーのレビューでした。

今回は事務所でのレビューでしたが、キャンプに連れて行って写真を追記したいと思います。

maagzを最後までお読みいただきありがとうございました。

LATEST新着記事