MAAGZ オンラインストアはこちらから
GEAR

シルキーナタ180両刃[キャンプ]レビュー。バトニングのもう一つの選択肢。

シルキーナタ180両刃 [キャンプ] レビュー

created by Rinker
ユーエム工業(Silky)
¥5,189 (2020/08/15 14:54:56時点 Amazon調べ-詳細)

シルキーナタ180両刃のレビューです。メーカー公式の説明によると「日本刀の切れ味」を目指して開発されたナタ、とのことです。

 

ナタ、ということでキャンプ用…というよりは庭職人が剪定などに使用するためのアイテムだと思いますよね。

しかし、実は薪を叩き割る「バトニング」にもぴったりですので、ご紹介したいと思います。

SPEC

  • 刃長:180mm
  • 刃厚:5.7mm
  • 収納時サイズ:385×120×45mm
  • 使用時サイズ:365×100×25mm
  • 重量:735g
  • ゴムハンドル
  • 合金鋼
  • 用途:生木の枝打・剪定用ナタ

ディティール

全体

シルキーナタ180 両刃 全体

収納ケースと本体。実用アイテムながら、男心をくすぐるカッコよさがあります。

刃(ブレード)部分

刃(ブレード)の形状は先が尖っていない、いわゆる「角ナタ」にカテゴライズされる逸品ですね。

シルキーナタ180 両刃 刃(ブレード)部分

ブレード部分です。「シルキーナタ180両刃」のロゴが刻印されています。

シルキーナタ180 両刃 刃厚5.7mm

刃厚は5.7mmと非常に肉厚。当然ながら、折れや曲がりとは無縁ですね。

シルキーナタ180 両刃 刃(ブレード)部分 右側

刃(ブレード)の右前方部分。エッジが落とされたデザインが印象的。

シルキーナタ180 両刃 刃(ブレード)部分 左側

刃(ブレード)の左前方部分。こちら側はシンプルな仕上げです。

両刃仕様

左右方向から見たときに、どちらからも刃が切削されている「両刃仕様」です。

ナタには両刃と片刃仕様があります。

  • 斧的な使い方ができる。
  • 頑丈。
  • 薪割りが得意
  • アウトドア向け
  • 切れ味が良い。
  • 枝の剪定に向いている
  • 造園向け

と、そんな違いがあります。

つまり両刃仕様のシルキーナタ両刃180は、焚き火の薪を割るのに非常にマッチする、ということですね。

ケース収納時

シルキーナタ180 両刃 ケース収納時

ケースに収納した図。刃部分は完全に隠れて、安全に運搬することが出来ます。

シルキーナタ180 両刃 ケース

ケース単体。サイド部分には「Silky NATA」のロゴ。

ケースの両サイドはオレンジ色のアルマイト加工されたアルミパーツで構成されており、かっこいいですね。

シルキーナタ180 両刃 バックル

また、ベルトループが装着されており、腰から下げて持ち運ぶことが出来ます。

さらに、大型の差し込みバックル仕様ですぐに取り外せます。

グリップ

シルキーナタ180 両刃 グリップ

グリップはゴム仕様。持ちやすい形状に仕上がっており、手の大きさに関わらずフィットしやすいと感じます。

適度に柔軟性があり、薪を叩き割った時の衝撃を吸収してくれます。

シルキーナタ180 両刃 刃交換

created by Rinker
ユーエム工業(Silky)
¥3,966 (2020/08/15 14:54:56時点 Amazon調べ-詳細)

グリップは簡単に外れます。交換用替刃が販売されており、切れ味が悪くなったら交換できる仕組みです。

刃を研ぐのが苦手な場合、とても助かる仕様です。

 

また、グリップ内部まで全て刃が伸びた「フルタング」仕様なのも美点ですね。(フルタングはもっとも強度が高い仕様です。)

バトニング用

関連記事

モーラナイフとは モーラナイフとは、スウェーデンを代表する実用ナイフメーカーです。   創業125年の歴史を誇り、製品は全てMade In Sweden(スウェーデン)。王室御用達ブランドでもあります。 […]

created by Rinker
モーラナイフ(Morakniv)
¥2,640 (2020/08/15 02:58:17時点 Amazon調べ-詳細)

バトニングといえば、モーラナイフのコンパニオン ヘビーデューティーでやることが多いです。しかし、大きめの薪ですと、やはりパワー不足感を感じることも多かったのです。

そこで、より効率よくバトニング可能な道具を探していたところ、この「シルキーナタ」に出会いました。

ナイフには無いトルク

重量があって (735g)、ナイフには無い圧倒的なトルク感を味わうことが出来ます。

バトニングで良く使われるモーラナイフのコンパニオン ヘビーデューティーは103g。

振り下ろせる

シルキーナタ180 両刃 振り下ろせる

また、ナイフには出来ない芸当として「振り下ろす」ことが可能です。

重量を生かして薪を叩き割ることが可能ですよ。

デメリット

シルキーナタ180 両刃 デメリット

デメリットとしては、簡単に交換できるグリップなのですが、使用中にズレてしまうことがあります。

シルキーナタ180 両刃 デメリット

ただ、ズレたらすぐにグッと戻して使えばOKなのですが…

まとめ

  • バトニングの強い味方
  • お値段控えめ
  • 圧倒的なトルクで作業が楽
  • ホームセンターなどどこでも売っている

以上、シルキーナタ180両刃のレビューでした。バトニングに欠かせないアイテムの一つです。

maagzを最後までお読みいただきありがとうございました。

created by Rinker
ユーエム工業(Silky)
¥5,189 (2020/08/15 14:54:57時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ユーエム工業(Silky)
¥3,966 (2020/08/15 14:54:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

LATEST新着記事