MAAGZ オンラインストアはこちらから
GEAR

テンマクデザイン パンダライト使用感レビュー。[真冬のキャンプツーリング]

テンマクデザイン パンダライト レビュー

軽さと設営の速さに特化したパンダライト

テンマクデザイン パンダライト レビュー

created by Rinker
テンマクデザイン
¥37,800 (2021/03/03 10:49:54時点 Amazon調べ-詳細)

今回ご紹介するテントはテンマクデザインのパンダライト。※メーカー様からお借りしています。

主にソロキャンプ向けのティピー(ワンポール)テントです。今回は使い勝手と共に、真冬のキャンプでの使用感もお伝えします。

アウトドアライフストア、WILD-1のオリジナルブランド。tent-Mark DESIGNS

取り扱いは、主にテント、タープ、シュラフ、焚き火用品、調理器具など。

リーズナブルな価格帯ながら、高品質でデザイン製に優れたキャンプ用品を多数リリース。

多くのキャンパー達から支持を受ける人気ブランドです。

こいしゆうかさんが監修したパンダ

KOISHIYUKA.COM

パンダライトはイラストレーターであり、キャンプコーディネーターである「こいしゆうかさん」が監修したテントでもあります。

2009年から女性が自立してキャンプをする「女子キャンプ」を提唱し、女性目線のキャンプスタイルの提案、オリジナルテント「PANDA」のデザインなどを手がけるすごい人です。

ラジオ、テレビ、雑誌など他メディア出演多数。

パンダのラインナップ

テンマクデザイン パンダ
テンマクデザイン パンダ

テンマクデザインのパンダシリーズは他にも、

  • パンダ
  • パンダTC +
  • パンダVC +

など、素材や機能が異なる幅広いラインナップを揃えています。

⇨テンマクデザイン パンダ公式ページ

その中でもパンダライトはもっとも軽いモデルになります。

  • パンダと同一寸法
  • マテリアルを全て20Dにして軽量化
  • 耐水圧は犠牲になっていない
  • シリーズ中最軽量かつ、仕舞寸法も最小

それぞれのテント・インナーサイズはパンダ&パンダライトが同じ寸法(小さめ)。その他モデル(VC、TC)が同一寸法(大きめ)になっています。

さらに他のシリーズと比較した際に大きく違う点はスカートがなく、インナーテントもメッシュタイプのみという点。

パンダ パンダライト パンダTC + パンダVC+
素材
  • フライシート40Dリップストップナイロン
    (PUシリコンコーティング)
    ※ベンチレーターを除く
  • インナーボトム68Dポリエステルタフタ
    (PUコーティング)
  • フライシートリップストップナイロン20D
    (PUシリコンコーティング)
  • インナーウォールメッシュ
  • インナーボトムリップストップナイロン20D
    (PUシリコンコーティング)
  • フライシートコットン混紡生地(TC)
    ポリエステル65%
    コットン35%(撥水加工)
  • インナーウォールポリエステルメッシュ
  • インナーボトムポリエステルタフタ68D
    (PUコーティング)
  • フライシートコットン混紡生地(VC)、
    コットン60% ポリエステル40%(表面撥水加工)
  • インナーテントポリエステルメッシュ
  • インナーボトムポリエステルタフタ68D
    (PUコーティング)
耐水圧 1,500mm 1,500mm 1,500mm 1,500mm
収納サイズ (約)430×240×130(高)mm (約)430×140(高)mm (約)530×270×190(高)mm (約)530×250×180(高)mm
組立サイズ (約)2,400×2,400×1,500(高)mm (約)2,400×2,400×1,500(高)mm (約)2,700×2,700×1,700(高)mm (約)2,700×2,700×1,700(高)mm
インナーテント
サイズ
(約)2,200×1,000×1,350(高)mm (約)2,200×1,000×1,350(高)mm (約)2,500×1,150×1,550(高)mm (約)2,500×1,150×1,550(高)mm
重量 (約)2.26kg (約)1.94kg (約)6.28kg (約)6.29kg
付属品 ポール×1、ペグ×14、張り綱×4、収納ケース ポール×1、ペグ×12、張り綱×4、収納ケース ポール×1、ペグ×14、張り綱×4、収納ケース ポール×1、ペグ×14、張り綱×4、収納ケース

※パンダシリーズの仕様諸元を一応載せておきます。右スクロールで参照可能。

 

真冬[気温0度]でメッシュインナーのパンダライト

テンマクデザイン パンダライト メッシュインナー

関連記事

相模原市の青野原オートキャンプ場の訪問レポートブログです。 清流道志川の恩恵を気軽に受けれる、初心者向けのオートキャンプ場になります。 青野原オートキャンプ場訪問レポート 相模原市、道志みち沿いに位置する青野原オートキャンプ場[…]

今回は青野原オートキャンプ場で、一泊してきました。天気予報では明け方に0度まで気温が低下するとのこと。

テンマクデザイン パンダライト メッシュインナー

パンダライトは先述の通りインナーがメッシュ仕様で尚且つスカートがついていないため、防寒性も気になるところです。

設営と撤収は簡単&スピーディー

テンマクデザイン パンダライト 設営

まずは設営方法から。フライシートがきれいな四角形を描くように四隅をペグダウンします。

テンマクデザイン パンダライト 設営(ポール)

その後ポールを中から立て、インナーを取り付け。

最後に張り綱をペグダウンすれば完成です。え?これだけ??はい、これだけなんです。驚くほどスピーディーに設営できます。

パンダライトのいいところをもうひとつ付け加えると、フライにインナーテントをつけた状態で畳むことができる点。つまり、撤収も設営もこれ以上に素早く行うことができます。

全体図

正面からのビュー。シンプルで美しいシルエットです。前後左右対称形状となっており、設営の際に前後を気にする必要がなくて楽ですね。

テンマクデザイン パンダライト インナーテント

ちなみにインナーテントは前後左右、4方向に設置することが可能です。隣のサイトとの位置関係を考慮して配置すれば、プライバシーも守りやすい仕様です。

 

テンマクデザイン パンダライトのディティールをご紹介

付属品

テンマクデザイン パンダライト 付属品

まずは付属品から。

左からフライシート、インナーテント(フルメッシュ)、ポール(1本)、ペグ(12本)、取り扱い説明書。(張り綱はフライに取り付け済み)

シンプルなティピータイプのテントなので、ポールも1本だけです。

テンマクデザイン パンダライト 取り扱い説明書

写真入りのわかりやすい説明書が付属。WEBでも見ることができるので、万が一無くした場合も安心です。

純正ペグ

テンマクデザイン パンダライト 純正ペグ

純正ペグは十分な強度があり、社外品の必要性を感じさせない仕上がりです。

マテリアル

テンマクデザイン パンダライト マテリアル

フライマテリアルはパキっとした質感の20D(デニール)のリップストップナイロン素材。非常に薄手で軽さに貢献しています。

ドアパネル

テンマクデザイン パンダライト ドアパネル

フロントのドア(フラップ)を開けた図です。今回は向かって右側をドアとしましたが、左側をドアにしたりフルオープン状態にすることも可能です。

テンマクデザイン パンダライト フロントジップ

ダブルジップ仕様で使い勝手もよいです。欲を言えば止水ジップが欲しいところ。ですがフラップがついているので防風、防水性も考慮されています。

テンマクデザイン パンダライト フロントドア 固定部分

ドアの固定部分。くるくるとロールして格納する仕組みです。

ベンチレーター

テンマクデザイン パンダライト ベンチレーター

大きめのベンチレーターが装備されており、非常に通気性が高いです。

テンマクデザイン パンダライト ベンチレーター(前後2箇所)

ベンチレーターは前後2箇所に装備されています。

張り網

テンマクデザイン パンダライト 張り網

張り網は前後4箇所。アルミ製の自在金具は赤色のアルマイトが施されていて、ちょっとしたアクセントになっています。締め込みもしやすいサイズ感です。

インナーテントのサイズ感

大人ひとり寝るのには十分な広さ。ヘルメットや小さめのバッグは中に置けますが、大柄なシートバッグなどは広い前室に置くのがベターです。

小物を入れるのに便利なインナーポケット

テンマクデザイン パンダライト インナーテントポケット

インナーテント内にはスマートフォンなどを格納できるポケットが装備されています。

天井部分にもLEDランタンなどを入れられるポケットが設置されています。

天井

テンマクデザイン パンダライト 天井

インナーテントは吊り下げ式。ポールを立てるセンター部分には当て布が施されており、耐久性を上げています。

バイクへの積載

UT806 - Givi Ultima-T Range防水トップバッグ65Lブラック

UT806 - Givi Ultima-T Range防水トップバッグ65Lブラック

41,910円(03/03 06:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

今回はGIVIのシートバッグ「UT806」を使って積載しました。バッグが大きいこともあって他のギアと一緒に余裕で収まるサイズ感です。

パンダライトは2kg弱の重さなので、バッグの上部に固定するのもありですね。

テンマクデザイン パンダライト バイクへ積載

単体で積載したイメージ。非常にコンパクトで、積載性の低いオートバイでも積みやすいサイズ感です。

テンマクデザイン パンダライトのメリット

広い前室

テンマクデザイン パンダライト 前室

前室は広く、横幅が70cm近い大型のシートバックを置いても余裕の広さです。

UT806のサイズは420×680×340(mm)

結局パンダライトは冬でも使えるの?

テンマクデザイン パンダライト 通気性(スカートレス)

スカート無しパンダライトは真冬でも使えるのか?という点について。結論から言えば、最低気温が0度になったこの日でも使えました

テンマクデザイン パンダライト 冬の寝具

この日持っていった寝具は下記の通り。

シュラフ:アルパインバロウバッグ#1/mont-bell モンベル

インフレーターマット:U.L.コンフォートシステムパッド 120/mont-bell モンベル


靴下も履かずに寝たのですが、寒さで目を覚ますこともなく快適に就寝。
もちろん寒さへの耐性だったり、シュラフなどのスペックにも左右されるので一概には言えないところですが…。

テンマクデザイン パンダライト 結露しない
スカートがなくインナーもメッシュのみのため通気性に優れますが、ある程度気温を選ぶ仕様と言えるでしょう。風の強い日は下から冷気が入ってくるはずなので、それなりの寒さを感じる可能性があります。基本的に真冬用の防寒対策はしっかりとしておいた方がよいですね。

モンベル クロノスドームと比較

テンマクデザイン パンダライト モンベル クロノスドーム2型と比較

created by Rinker
モンベル(mont-bell)
¥29,795 (2021/03/03 10:49:55時点 Amazon調べ-詳細)

少し余談ですが、筆者が普段使っているモンベルのクロノスドーム2と比較してみます。

(クロノスドームはコールマンのツーリングテントやOGAWAのステイシーSTなどと並ぶ、キャンプツーリングでは定番のテント。筆者は7年ほど使っています。)

インナーのサイズ比較は下記の通り。クロノスドームの方が若干大きい設計です。

パンダライト 2,200×1,000mm

クロノスドーム 2,300×1,300mm

どちらのテントも1人で使う分には十分な広さ。一方で、大人2人で使うには少々手狭なサイズ感です。

重量&収納サイズ

テンマクデザイン パンダライト 重量

パンダライトの重量を計測。フライ、インナー、ポール、収納袋で2kgを切る重量。キャンプツーリングでも持って行きやすい重さです。

モンベル クロノスドーム2型 重量

クロノスドームが2,226g200gほどパンダライトの方が軽量です。

単体で見ればわずか200gですが、持っていくギアを軽いものに替えていくとトータルではキロ単位で軽量化できますね。

テンマクデザイン パンダライト モンベル クロノスドーム2型と大きさ比較

収納サイズはほぼ互角です。

まとめ

というわけで、テンマクデザインのパンダライトのレビューでした。改めてまとめると下記のとおり。

  • キャンプツーリングに適したサイズ感と重量
  • 設営、撤収が簡単
  • スカートなし&メッシュインナーだが装備次第では真冬でもOK

スカートレス+オールメッシュのインナーということで厳冬期の使用に不安を感じていましたが、防寒対策を施すことで普通に使うことができました。軽量・小型な設計のため、キャンツー用のテントとしてかなりありだと思えるテントでした。

MAAGZを最後までお読みいただきありがとうございました。

created by Rinker
テンマクデザイン
¥37,800 (2021/03/03 10:49:54時点 Amazon調べ-詳細)
関連記事

テンマクデザイン 青空タープTC レビュー [itemlink post_id="4833"] テンマクデザイン・青空タープTCのレビューです。サイズは約5m×5m、大人がかがむ必要のない高さの大型タープになります。 […]

関連記事

テンマクデザイン サーカスTC DX レビュー サーカスTC DXとは [itemlink post_id="8003"] テンマクデザインのテント、サーカスTC DX (サンド)について1年ほど使用しましたので所感をまと[…]

関連記事

Kawasaki W650で行くキャンプツーリング こんにちは。MAAGZキャンプツーリング部、営業部の橋本です。 MAAGZキャンプツーリング部発足ということで、私の愛車であるKawasaki W650(2004年式)につ[…]

LATEST新着記事

MAAGZ ONLINE STORE