MAAGZ オンラインストアはこちらから
COOKING

プロシェフに聞いた!キャンプで作るアヒージョのコツ[エビと春野菜のアヒージョ]

この記事を書いたシェフ

出張料理人  加藤孝一

1968年千葉県生まれ。
調理師専門学校を卒業後、洋食やフレンチのお店で修行。その後、東京都内のお店でイタリアン料理に携わる。いくつかの店舗の立ち上げやオーナーシェフとして従事。2019年から出張料理人として活動を始める。

道具

  • サービングポッド
  • 焚き火台

調理時間

20分

材料(1人前)

ブラックタイガー…約4本 50g

菜の花…適量(写真参照)

春キャベツ…適量(写真参照)

たけのこ…適量(写真参照)

にんにく…1欠片

鷹の爪…1本

ピュアオリーブオイル…約100cc

シェリー酒…適量

塩コショウ…適量

作り方

ブラックタイガー

①頭と尻尾をとって皮を剥く。

②背わたをとる(背中の3番目ぐらいの関節につまようじを入れるととれる)

③塩水でさっと洗う

今回は殻付きですが、剥き海老でも全然大丈夫。

シェリー酒、塩胡椒で下味をつける。

加藤
シェリー酒が美味しいアヒージョのコツです。余ったら「食前酒」として美味しく飲めますよ。

たけのこ

①スライスする

たけのこは水煮ではなく、生のたけのこを茹でたものが美味しい。(水煮でも代用可だが、春のシーズンは生を茹でて使うのがおすすめ)

菜の花&キャベツ

菜の花とキャベツは適切な大きさにカットする。

にんにく&鷹の爪

①にんにくはみじん切りにする。

②鷹の爪は辛くしたければ細かく輪切りにする。(今回は適度にしたいので2つ切り)

スキレット

①スキレットに100ccほどのピュアオリーブオイルと塩少々を入れる

②にんにくと鷹の爪を入れる

③エビを入れる

④野菜(菜の花、キャベツ)を入れる

焼き加減は、エビに火が通るくらいでOK。

⑤味を見て、塩で調整する

⑥仕上げにシェリー酒で香り付けをする

盛り付け例

加藤孝一オフィシャルサイト

出張料理人 加藤孝一オフィシャルサイト…

美味しいアヒージョのコツまとめ

  • シェリー酒がキモ。いつものアヒージョがワンランク、ツーランク上の味わいになる。
  • ニンニクは1人前=一欠片。つい沢山入れてしまうが、入れすぎない。
  • オリーブオイルは安いピュアオリーブオイルで問題ない。たっぷり使う。
  • 旬の食材(今回はたけのこ、菜の花)を入れると美味しさUP

今回使用したシェリー酒はゴンザレス ティオペペ (辛口タイプのシェリー) 750ML

シェフおすすめのオリーブオイルはオリテラピュアオリーブオイル。とはいえ、必ずこれでなくても良くスーパーなどで1種類ぐらいはピュアオリーブオイルが置いてあるので、お好みのものでOK。

グレープシードオイルでも代用可能。

LATEST新着記事

MAAGZ ONLINE STORE