MAAGZ オンラインストアはこちらから
GEAR

ヘリノックス コットワン コンバーチブル + コットレッグレビュー。羨望のハイエンドコット。

ヘリノックス コットワン コンバーチブル レビュー

ヘリノックス コットワン コンバーチブル

created by Rinker
ヘリノックス(Helinox)
¥10,450 (2020/10/23 05:26:52時点 Amazon調べ-詳細)

全キャンパー、フェスマニア垂涎の高級スリーピングコット、ヘリノックスのコットワン コンバーチブル コットレッグのレビューです。

別売りのコットレッグを組み合わせると、ローコット/ハイコットの2段階に高さ調整することが出来ます。

仕上げが美しく、軽量で組み立て簡単なコットです。子供でも簡単に持ち運びや組み立て可能となっています。

他メーカーのコットの3倍ほどのお値段ですが、価格に見合った質感の素晴らしい仕上がりでした。そのバリューはどこにあるのでしょうか。

詳細をチェックしていきます。

SPEC

重量: 2190g(スタッフバック込重量:2320g)
サイズ: 68×190×16cm
収納サイズ: 16×16×54cm
耐荷重(静荷重): 145kg

スタッフバッグ付き

ポール屋さん[DAC]が作ったコット

ヘリノックス DAC ジュラルミンレッグパーツ

韓国のDAC(ディーエーシー)のアウトドア用品部門であるヘリノックスがリリースしています。

DACはテント、タープ向けのポール類を専用に作っているメーカー。軽量、高剛性なジュラルミン製ポールが有名で、ヒルバーグなど有名テントメーカーのテント用ポールを生産しています。

ポールは全てMADE IN KOREA。諸外国に頼らず自国で生産していることから、品質への追求が感じられます。

関連記事

Helinox[ヘリノックス]Chair Home コンフォートチェア レビュー [itemlink post_id="922"] ヘリノックスの[Chair Home]シリーズからリリースされている、コンフォートチェアのレ[…]

関連記事

ヘリノックス チェアツー レビュー [itemlink post_id="2599"] ヘリノックスの中でも最もスタンダードな製品、チェアツーのレビューです。キャンプにフェスに連れ出したい、ハイバックチェアの決定版! 一目でソ[…]

アウトドアに最適な軽量チェア類が非常に有名です。

コットワンコンバーチブルの良いところ

レッグパーツの完成度が高い

コットレッグ有り
コットワン コンバーチブル コットレッグ有り
created by Rinker
¥11,000 (2020/10/23 13:23:03時点 楽天市場調べ-詳細)

ということで脚パーツの完成度は非常に高いですね。写真は、コットワン コンバーチブル本体に別売りのコットレッグを組み合わせています。

こうすることで、ローコット→ハイコットへと変身します。

 

本来コットはテント内で寝るときのベッドですが、ハイコット状態であれば適当にガサガサっとモノを置いてテーブルとして使用することもできます。これが地味に便利。(コップなどはあまり安定しませんが)

よくあるハイバックチェアを椅子にすると高さもちょうど良いですね。

コットワン コンバーチブル コットレッグ無し
コットレッグ無し

こちらはコットレッグ無しバージョンで、いわゆるローコットの状態。地面からの冷気をシャットアウトする、最低限の高さです。

ちょっとした椅子代わりに使用することもできます。張りが強いので長時間座っていても疲れにくいですね。

ただし端に座るとバランスを崩して少し危ないことが有りました。軽量設計が逆に仇となっている感じです。

とはいえ、こんな長椅子の端っこに座ることはあまりないですし、本来の使い方ではありません。

軽い

コットワン コンバーチブル 軽量

自重はたったの2.19kgということで、片手で楽々持てる重さです。それでいて広げた際の寸法は幅68cm,奥行き190センチとかなり大型。

イス代わりに使っても、3人ぐらいは余裕で座れる感じです。

耐久性も高い

コットワン コンバーチブル 生地

表面のマテリアルは普通にポリエステル素材。カラーによってはナイロン製のものもあります。

いわゆるリップストップ(格子状)生地の擦れに強いマテリアルで、非常に耐久性は高いです。

ビシッとした張り感

コットワンコンバーチブルで一番素晴らしい点は、とにかく張りが強くしっかりしていることですね。写真のように数人乗ってもビクともしないですし、寝心地が非常に素晴らしいです。

あまりに快適なので、自宅でもコットワン コンバーチブルで寝ている人も居るとか!?

ウチには一台しかないので、誰がコレで寝るか?という壮絶なバトルが繰り広げられます。

テント内での簡易ベッド

コットワン コンバーチブル ローコット

本来の用途である簡易的なベッドとしての利用です。標準の短い脚でローコット仕様。

組み立てが簡単なので、短時間でテント内に平らなベッドを作ることができてとても便利ですね。

コットワン コンバーチブル サーマレストZ-LITE

関連記事

サーマレスト Z-LITEソル(レギュラー) レビュー [itemlink post_id="997"] スリーピングマット界のデファクトスタンダードとも言える、サーマレストZ-LITEソル(レギュラー)のレビューです。 […]

関連記事

ナンガ オーロラライト600dx レビュー   https://www.instagram.com/p/BhGiK8vgu-k/?utm_source=ig_web_copy_link   [[…]

コットの上にサーマレストのZ-LITEソルを敷いて、ナンガのオーロラライト600DXで就寝するのがMy定番です。

コットワンコンバーチブルの注意点

防炎性は望めない

普通のポリエステル素材ですので防炎性は望めません。うっかり穴を開けてしまったらショックすぎてやばいですね。火の粉に注意です。(焚き火に近づけることはあまりないとは思いますが)

お高いので、欲を言えば防炎性能も欲しかったところです。とはいえ防炎素材は少し重さが出てしまうので可搬性を考慮しあえて採用していない可能性もあります。

家族分揃えるとパパ血涙

モノは最高にかっこいいですし作りも丁寧なのですが、とにかくお値段が張ることが最大の弱点です。

もう少しお安いと助かるのですが家族分揃えるとなると、血涙が滲み出る感じがします。

クオルツのコットと比較

created by Rinker
クオルツ
¥15,180 (2020/10/23 05:26:53時点 Amazon調べ-詳細)

アウトドアショップ、「WILD-1」のオリジナルブランドであるクオルツ製のコット、2WAYライトビームコットも持っています。

クオルツは比較的リーズナブルな価格帯で上質な製品をリリースするメーカー。これは実売15,000円ほどで、コットワンコンバーチブルの半額以下のお値段です。

この2WAYライトビームコットよりもヘリノックスが優れている点をまとめます。

  • 張り感が強い
  • 全体的な質感(ポール、生地、縫製)
  • 軽さ(クオルツ3.3kg、ヘリノックス約2.2kg)

そんなところですね。とはいえ、誤解のないようにお伝えしておくとクオルツのコットも素晴らしい良品です。

仕舞寸法は案外そこまで大きく変わらないですし、寝心地も負けていません。

しかし重さは1kg以上ヘリノックスが軽いし、ヘリノックスのほうが細かいところまで仕上げが丁寧です。

 

というわけで、コットワンコンバーチブルを選ぶべき条件としては、

  • とにかく軽いコットが良い
  • 上質な仕上がりを楽しみたい

そんな要求を満たしたい場合にチョイスすると良いかと思います。逆にそこが必要ない場合はクオルツのコットがおすすめですね。

まとめ

  • 至高のコット。作りに一切の妥協なし。
  • 軽量かつ美しい
  • コットレッグを合わせて簡易的なテーブルにもなる
  • 家族分揃えるのはかなりきつい

以上、ヘリノックスのコットワン コンバーチブル コットレッグのレビューでした。

ハイエンドモデルらしい仕上がりを楽しむことができる逸品です。

maagzを最後までお読みいただきありがとうございました。

created by Rinker
¥11,000 (2020/10/23 13:23:03時点 楽天市場調べ-詳細)

LATEST新着記事