MAAGZ オンラインストアはこちらから
GEAR

ソロキャンプに適した食器の選び方とおすすめの食器をご紹介!

著者はソロキャンプに出かける場合、出かける手段や場所に合わせて、持っていく食器を選びます。キャンプのスタイルによって、食器に求められる用途が微妙に異なるためです。

そこで、今回は3パターンのソロキャンプスタイルに適した食器の選び方と、著者おすすめの食器を合わせてご紹介したいと思います。

3パターンのキャンプスタイルに適した食器の選び方

まずは、オートキャンプ、バックパッキング、焚き火中心のキャンプそれぞれのスタイル別に、最適な食器の選び方をご紹介いたします。

オートキャンプにおすすめの食器

荷物の積載を気にせずに、好きな道具を持っていくことができるオートキャンプには、雰囲気重視の食器がおすすめです。

雰囲気重視の食器とは

  • 琺瑯(ほうろう)の食器
  • 木製の食器

などの、自宅の食卓でも違和感なく使用できるような食器のことです。

琺瑯の食器はキャンプの食卓を盛り上げてくれる雰囲気があります。耐久性が高く、保温性があるので、見た目だけでなく、機能的にもキャンプに適した素材です。

木製の食器はどんなキャンプ道具ともなじみます。テーブルに並んでいるだけで、温かみのあるキャンプサイトになります。

ニトリや無印、近所のホームセンターなど、アウトドアショップ以外の様々な場所で、木製のプレートやボウルを手にいれることができます。

バックパッキングにおすすめの食器

バックパッキングで出かけるキャンプの場合は、バックパックのスペースに限りがあります。

できるだけ荷物を軽量にしたいので、コンパクトになる食器がおすすめです。

具体的には

  • 持ち手や全体が折り畳みできる食器
  • チタンやアルミなどの軽量な金属製の食器
  • メラミンやポリプロピレンなどの軽量なプラスチック製の食器

などです。

関連記事

ソロキャンプにはコンパクトなクッカーセットがあると便利です。私が愛用しているのはEVERNEWのクッカーセット。といっても、もともとセットで販売されているわけではなく、単品で販売されている製品を組み合わせたクッカーセットです。 EVE[…]

著者が個人的に注目しているのが、EVERNEWのチタン製品です。

EVERNEWのクッカーにもなる食器は、軽量かつ高品質で、バックパッキングでは非常に使い勝手がいいです。

焚き火中心のキャンプにおすすめの食器

焚き火を中心にしたキャンプをする方には、直接焚き火の上に乗せて、クッカーとしても使用できるような食器がおすすめです。

具体的には金属製のボウルやシェラカップなどがおすすめです。食器を焚き火調理に使用すると、すすで真っ黒になるので、黒くなっても気にならない、無骨なデザインの食器を選びましょう。

 

ボウルやシェラカップなどに温かい飲み物を入れて、焚火の火の脇に置いておけば、温かい温度をキープできます。

 

関連記事

焚き火での調理に使用するクッカー。皆様はどのような素材のものをお使いですか? 私はもっぱらアルミ製のクッカーを好んで使っています。 nomadou 今までに様々な素材のクッカー使ってきましたが、焚き火用はアルミ製に落ち[…]

熱伝導率の良い、アルミやステンレス製のシェラカップならば、1人分の炊飯も可能です!

ソロキャンプにおすすめの食器

ソロキャンプ用の食器といっても様々なものがありますが、著者が主にソロキャンプに持っていくものは

  • ランチプレート
  • ボウル
  • カップ

の3種類です。それぞれの食器の説明と、おすすめする理由、おすすめの製品を合わせてご紹介いたしますね。

ランチプレート

ソロキャンプにおすすめしたいのがランチプレートです。ランチプレートとは仕切りがあるプレートのことです。

 

個人的にソロキャンプでは料理を何品も沢山は作りません。著者の場合は、せいぜい作っても、ごはんやパンなどの主食に、肉などの主菜、サラダなどの副菜を1品作る程度です。

3品ほどの食事ならば、ランチプレート1枚で用が足ります。他に食器を使用しないので、食器洗いの手間が省けるというメリットがあります。

 

また、ランチプレートは、バーベキューや、料理を持ち寄ったグループキャンプでの使用も便利。

仕切られた部分に、焼き肉のたれを入れたり、頂いた料理を取り分けたりできます。

軍物のランチプレート

著者がよく使用するのは、アルミ製のランチプレートです。メーカー品ではなく、軍物の払い下げ品です。

無骨なデザインなので、傷や凹みを気にせずにガンガン使えるところが気に入っています。

ステンレス製ですが、ニトリでも似たデザインのランチプレートが手に入ります。価格も499円とコスパが高いのでおすすめです。

ボウル

ボウルとは600ml〜800mlの深型の皿のことです。シチューやスープなどを食べるのにぴったりのサイズ感です。

そばやラーメン、丼など、一品料理のどんぶり容器としても重宝するので、ソロキャンプにはなくてはならない食器です。

MSR ネスティングボウル

MSR ネスティングボウルは、ステンレス製のボウルです。

ハンドルが無いので、スタッキングしやすく、クッカーセットなどの隙間に収納ができます。

created by Rinker
エムエスアール(MSR)
¥1,430 (2022/05/19 14:10:18時点 Amazon調べ-詳細)

KUPILKA(クピルカ)のクピルカ55

KUPILKAのクピルカ55は、550mlの容量があるボウルです。

一見すると木製品に見えますが、木のチップとポリプロピレン樹脂を混合した独自の素材でできています。

 

表面の質感はツルツルとしており、プラスチックのようですが、全体に木目のような模様があり、プラスチック製品にはない暖かみがあります。

耐久性が高く、テーブルから落としたぐらいでは破損しません。金属のボウルのように、火に直接かけて調理に使うことはできませんが、耐熱温度は-30度〜100度なので、熱い食べ物を気にせずにサーブできます。

 

クピルカの製品は、国内正規販売代理店がmont-bellになります。mont-bellは全国各地に実店舗があります。

実際に手に取って、クピルカの独特の質感を確認してみてくださいね。

created by Rinker
KUPILKA(クピルカ)
¥2,800 (2022/05/19 14:10:18時点 Amazon調べ-詳細)

Mountain Research(マウンテンリサーチ)のアナルコソロ

Mountain Research(マウンテンリサーチ)のアナルコソロは、ヘラ絞りでひとつひとつ職人の手によって作られたソロ用のボウルです。

表面の仕上げをあえてマットにしており、厚みのあるずっしりとした質感があります。道具としての機能美を感じることができます。

お値段はそこそこしますが、一生付き合うことができる道具のひとつです。焚き火の上に乗せて、煮物や焼き物などのソロ料理にも使用できるので、食器だけだなく小鍋にもなる汎用性の高いボウルです。

カップ

カップとは本来、取っ手のついた西洋風の器のことを指しますが、ここでは500ml以下の、コーヒーや飲み物をのむのにちょうどいいサイズの食器としてご紹介いたします。

このサイズの食器は、飲み物を飲むだけでなく、小皿として非常に便利なサイズ感です。

醤油を入れて刺身皿にしたり、おやつを入れておつまみ用の皿に、とりわけ用の皿として使ったりと、多様な用途があります。

特にシェラカップやロッキーカップなどは何枚も重ねてスタッキングができるので人気が高いですね。

EVERNEWのTi 220 FH Demitasse(通称デミタスカップ)

EVERNEWのTi 220 FH Demitasseは、容量220mlのありそうでなかった小型のチタンカップです。

非常に軽く、持ち手が折りたたみできるので、小型のクッカーの中にスタッキングができます。

created by Rinker
エバニュー(EVERNEW)
¥4,490 (2022/05/19 14:10:19時点 Amazon調べ-詳細)

wildo(ウィルドゥ)のfola-a-cup(フォールダーカップ)

wildo(ウィルドゥ)のfola-a-cup(フォールダーカップ)

こちらはちょっと変わり種のカップ。なんとこのカップ。折り畳みが可能なんです!

折り畳むと厚さが約3cmほどになります。コンパクトになり、25gと軽量なのでバックパッキングにも最適です。

容量は250ml。耐熱温度は125度までなので、温かい飲み物を入れるのに十分な耐熱性があります。

カラーが豊富なので、キャンプサイトのアクセントとしてもおすすめです。

もうワンサイズ大きい、フォールダーカップビッグも販売されています。こちらは容量が600mlなので、ボウルサイズですね。

Mountain Research(マウンテンリサーチ)のアナルコカップ

関連記事

マウンテンリサーチ アナルコカップとは 「 アナルコカップ」は、アパレルブランド「マウンテンリサーチ」からリリースされているへら絞りのシェラカップです。 結論を先にまとめると以下。 抜群にタフなシェラカップ […]

Mountain Research(マウンテンリサーチ)のアナルコカップです。先ほどご紹介したアナルコソロと同じように、へら絞りで作られています。

非常に質感が良く、他のシェラカップやロッキーカップとは別物と呼べるほど頑丈で、長く使用できる逸品です。

容量はロッキーカップと同じ473mlです。

ホーロー製のカップ

個人的に気に入っているのが琺瑯(ほうろう)のカップです。こちらは海外の蚤の市で手に入れました。

レトロな雰囲気なので、使っているだけでキャンプ感が盛り上がります。

KUPILKA(クピルカ)のクピルカ21

カップサイズのクピルカが、このクピルカ21です。容量は210ml。軽量かつ頑丈で扱いやすく、見栄えがいいカップです。

同じサイズ感のカップに、白樺のこぶを削って作られたククサがあります。ククサは木製なので、油で定期的にメンテナンスが必要です。メンテナンスを怠るとひびが入ってしまうことがあります。

その点、クピルカは木とポリプロピレンの混合素材なので、使い終わった後は洗剤を使って洗うことができます。ククサと比べてメンテナンスが非常に楽です。

created by Rinker
KUPILKA(クピルカ)
¥2,860 (2022/05/19 14:10:21時点 Amazon調べ-詳細)

MAAGZのモクシェラ(木製シェラカップ)

モクシェラをMAAGZ公式ストアで見る

MAAGZから、野生種の山桜(やまざくら)を素材に使った木製シェラカップ「モクシェラ」を販売しています。

「轆轤(ろくろ)挽き」と呼ばれる、日本古来の伝統技法によって一つずつ丁寧につくられています。

和食洋食問わず様々な使い方ができる、ちょうどいいかたちと大きさで、ソロキャンプやファミリーキャンプで活躍してくれます。

形は2種類。写真左からシェラ型とお椀型となっています。

重ねて収納する際や器を洗う時のことを考え、持ち手は取り外すことができます。

「線材」と呼ばれる細い金属素材を精密に曲げて作られたこの部分は、カチオン塗装と呼ばれる表面処理を施すことで、優れた耐食性と防錆性を持ちます。

木製の蓋と小皿も製作中です。モクシェラの「シェラ型」と重なる設計になっています。

モクシェラをMAAGZ公式ストアで見る

お気に入りの食器で楽しいキャンプライフを!

オートキャンプ、バックパッキング、焚き火中心のキャンプに適した食器の選び方と、著者おすすめの食器をご紹介いたしました。

屋外で食べるキャンプ飯は何を食べても美味しく感じますが、食器にこだわると、食事がより楽しくなりますよ!ぜひ参考にして、お気に入りの食器を見つけてくださいね。

 

LATEST新着記事

MAAGZ 2022 NEW PRODUCTS