MAAGZ オンラインストアはこちらから
GEAR

トランギア アルコールバーナー レビュー。青空ラーメンキットとして使ってみた。

トランギア アルコールバーナー レビュー

トランギア アルコールバーナー TR-B25

今回ご紹介するのは、1925年創立のスウェーデンの老舗ブランド、トランギア社のアルコールバーナー

 

1951年から生産されている歴史あるバーナーで、クラシカルな見た目と、まろやかで暖かみのある熱源として重宝する逸品です。

化学実験をしているかのような面白さもあり、幻想的な感じもあり、奥深い世界です。

 

出力カロリーが高く、コーヒーサイフォンやアウトドアでの野外料理に適しています。

その上、必要な分の燃料のみ持ち歩けばOKなので、コンパクトにまとまるのも嬉しいですね。

 

安定した火力をキープすることができるのも強みで、炊飯(ごはん)にもOK。

あらかじめ燃焼時間に合わせた燃料量とすることで、焚きすぎを防ぐことも可能です。

SPEC

製品名 トランギア アルコールバーナーTRB25
使用燃料 エチルアルコール/メチルアルコール
重量 110g
収納サイズ 径7.5×4.5cm

ディティール

味わい深い見た目

真鍮素材ならではの、味わい深い見た目。

また長期使用による経年劣化を楽しめるのもポイントです。

故障しない

とても原始的な構造です。

  1. アルコールを入れたトランギアアルコールバーナーに火をつける
  2. バーナー全体の温度が上昇
  3. ストーブ側面の穴から気化したアルコールが噴出し、炎が安定する

機械的なギミックが一切ないため、ほぼ故障せず長く使える事でしょう。

唯一劣化しそうなのはフタのゴム部分ですが、リフィルパーツが販売されているため問題ありません。

燃料

アルコールランプ、と言う事で当然ながら燃料はアルコールになります。ホームセンターやドラッグストアなどで入手可能。

燃焼時間は、アルコールタンクの2/3の注入量で約25分燃焼となっています。

別売りのフューエルボトル 0.5Lに入れて携行しています。

重量

重さはたったの110g。ツーリングやバックパッカースタイルなど積載量が限定されるケースでも邪魔になりません。

ただし、最近ではアウトドアガス缶(OD缶)やカセットボンベガス缶(CB缶)を使ったシングルストーブ(シングルバーナー)も軽いモノが市場に溢れています。

 

LATEST新着記事

MAAGZ ONLINE STORE